フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]gmail.comへ

[レシピ]牛切り落とし肉を活用!ホットクックで超簡単「つゆだく牛丼の素」

ホットクックで牛丼の素を作る画像

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

スーパーでよくタイムセールになっている、「牛切り落とし肉」ってよく買いますか?

今回は、この牛切り落とし肉を使ってホットクックで作る、超簡単「牛丼の素」の作り方を紹介します。

子どもも大人も好きな甘辛味の牛肉。

作り置きができて便利ですよー。

コロナ以降、牛切り落とし肉のコスパがハンパない

ホットクックで牛丼の素を作る画像

コロナ以降、飲食店不振で食材が余っているからか、この「牛切り落とし肉」、めちゃくちゃコスパが上がっています。

A4やA5ランクの牛肉がものすごくお得な値段で出てたりして、買うことが増えました。

でも何度も買っていると、何を作ろうか迷いますよね。

一番お手軽なのは肉じゃが。

それに飽きたらハヤシライス、炒め物など。

次はこの、「牛丼の素」はどうでしょう?

ホットクックにおまかせなので超簡単、冷蔵庫で4〜5日は持つので便利。

初日はこれと卵かけご飯で贅沢牛丼、余ったら、魚の塩焼きがメインの日の副菜などにどうぞ。

温かいうどんにかけてもおいしいです!

 

*我が家のホットクックはこれ↓KN-HW16F-W

シャープ 水なし自動調理鍋 1.6L ホワイト系SHARP ヘルシオホットクック KN-HW16F-W

 

(上の画像はAmazonへのリンクです)

楽天市場ならこちらを(「ビックカメラ楽天ビック)」のリンクです)。

[レシピ]牛切り落とし肉を活用!ホットクックで超簡単「牛丼の素」 

[材料]作りやすい分量(牛丼なら2.5食分くらい)

  • 牛切り落とし肉 150〜200g
  • にんにく 1片(薄切り)
  • しょうが 1/2片(皮をむいて極千切り)
  • 玉ねぎ 小1個(皮をむいて繊維に沿って薄切り)
  • 酒、しょうゆ、砂糖

[作り方]

  1. 材料をカッコの通り準備し、牛肉以外をホットクックにセット。

    ホットクックで牛丼の素を作る画像

    材料をカッコの通り下準備し、ホットクックの内がまに牛肉以外の具材と、水1/2カップ、酒大2、砂糖大1、しょうゆ大1と1/2を入れる。
    手動→煮物を作る→まぜる→3分→スタート

  2. 牛肉を入れて再び加熱

    ホットクックで牛丼の素を作る画像

    加熱が終わったら一度ふたをあけ、牛肉を入れて時間を5分に設定し再び加熱。
    最後に味を見て、足りなければしょうゆ大1/2を足してください。

ホットクックで牛丼の素を作る画像

保存容器に入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫へ。
4〜5日は持ちます。

市販の紅しょうがも冷蔵庫にストックして、冷凍ご飯を温めたらいつでも牛丼が食べられます!

生卵も添えてどうぞ〜!

 
いかがでしたか?

今回は「[レシピ]牛切り落とし肉を活用!ホットクックで超簡単「つゆだく牛丼の素」」についてご紹介しました。

牛切り落とし肉でなかなかいいレシピが探せなかった方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

今日も最高においしい1日を!

 

<こちらもどうぞ(関連記事)>

我が家のホットクックはKN-HW16F-Wですが、これを選んだ理由をまとめました。サイズ、機種選びで迷っている方はご参考に。

asanoyoko.com

パナソニック電気圧力鍋とホットクック、どちらを買おうか迷っている方はこちらもどうぞ。

asanoyoko.com

 <ホットクックで作ったものです(反応が多かったレシピを抜粋)>
そのほか、ホットクックのレシピ一覧はこちらから(私のオリジナルです)。

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com