フードライター浅野陽子の美食の便利帖

食の取材歴20年のフードライターです

[メディア掲載]『Time Out TOKYO』で食のサステナブル(海の資源編)についての特集記事を書きました

英ロンドン発、東京に住む外国人や、来日する海外観光客向けの情報を集めたメディア『TimeOut TOKYO(タイムアウト東京)』に特集記事を書きました。

2021年2月26日公開の「サステナブル特集:魚大国ニッポンは海の資源を守れるのか」です。

国際NPOからマクドナルド、ミシュランシェフまで取材

当初は1記事にまとめる予定でしたが、内容が多すぎて書き切れず、前後編2本に分けました。

 

特集記事1本目は

タイムアウト東京 漁業資源から考えるSDGs

www.timeout.jp

MSCジャパンのトップにインタビュー。

「海のエコラベル」などについて伺いました。

MSCは魚の獲りすぎを防止し、海の資源を守る国際認証のエコラベルを管理する国際NPOです。

 

2本目は

タイムアウト東京 東京の飲食業界とSDGs

www.timeout.jp

ミシュラン獲得店のセカンドラインのフレンチシェフや、日本マクドナルド、明治創業の品川の寿司店に取材した話をまとめました。

サステナブルと環境を考えるのは令和を生きる大人の使命

MSC「海のエコラベル」

「エコ」や「リユース」など、環境配慮のキーワードは20年以上前からずっと言われてきていて、企業もそれを順守するのが当たり前になっています。

そして令和の今は、個人がそれぞれ気をつけて、未来を考えて行動するのが当たり前の時代。

  • 買い物にエコバッグを持参する
  • タピオカやコーヒーを飲んだ空カップを、自動販売機横のゴミ箱に捨てない
  • まだ食べられるものを残さない(最初から多く買ったり注文したりしない)

など、自分だけしか知りえないシーンでも、大人みんなが守らなくてはいけないですよね。

 

ただ、今ある魚を獲りすぎないで未来も食べられるようにつなげる、というのはなかなか見えづらい、アクションを起こしづらい行動ですが、この記事を読んでいただければなと思います。

 タイムアウト東京

第1回:漁業資源からSDGsを考える
第2回:東京の飲食業界とSDGs

[メディア掲載]新宿高島屋のレストラン紹介サイト「だから行きたい!この店の美味しい理由」書いてます

だから行きたい!この店の美味しい理由 新宿タカシマヤ レストラン

新宿高島屋さんのレストランフロア「タカシマヤ タイムズスクエア」全店を紹介するサイト「特集|だから行きたい!この店の美味しい理由(わけ)- 新宿高島屋タイムズスクエア|」が、昨年2020年末に公開となりました。

その取材と執筆を一部担当させていただいています。

一番最初にお話をいただいたのは2年前。

それからコロナが起きていろいろ状況が変わり。

なかなかスムーズに行きませんでしたが……

取り急ぎ、私が担当した2店、天ぷら店の「新宿 つな八編」と、そば屋さんの「総本家 小松庵編」は公開されたのでここでお知らせします。

「新宿 つな八」編

新宿タカシマヤ レストラン だから行きたい!この店の美味しい理由

www.restaurants-park.jp

羽のように軽い、サクサクの天ぷらおいしかった……

カウンターでコースをいただくと、時間も優雅すぎて。

百貨店の中にいることを忘れます。

「総本家 小松庵」編

新宿タカシマヤ レストラン だから行きたい!この店の美味しい理由

www.restaurants-park.jp

小松庵の特徴は、十割そば(つなぎを使わず、100%そば粉で打ったそば)を手打ちで提供していること。

これってすごく貴重なことなのです。

そして十割なのにボソボソせず、ツルツルでなめらかな口当たり。

シックなフレンチレストランのような、洋風の内観も素敵でした。

新宿を訪れた際は、ぜひ上のレストランフロアまで足を伸ばしてみてください。

 

 

[2021年2月最新版]フードライターがかっぱ橋道具街で買った調理道具、5選

かっぱ橋道具街で買ったキッチングッズ

前回「フードライターがおすすめ、初心者がかっぱ橋道具街でまず行くべき店4選」という記事を書きました。

「でもどんなものを買えばいいのか、見当がつかない」という人もいるのではないでしょうか。

基本的には、普段料理をしていて「これがあれば便利なのに!」と思うものをスマホのメモアプリにでも残し、かっぱ橋で探せば良いと思います。

この記事では、私が今月かっぱ橋を訪れて、買ったものを紹介します。

かっぱ橋に行けないけれど、これだけ買いたい!という方向けに、Amazon楽天のリンクものせておきます)

アルコロックのガラスボウル(直径14センチ)×2個

アルコロック ガラスボウル

キッチンワールドTDIで買いました(今回、魚のウロコ取り以外は全部同店で購入)。

アルコロックのガラスボウルをサイズ別にいろいろ作っていて、私もいくつか持っています。

が、この「14センチ」は特におすすめ!

  • オムレツや卵焼き用の卵を溶きほぐす
  • 肉や、魚の切り身に下味をもみこむ
  • ゆでた野菜をざるにあげておく
  • ゆで卵を水につけながら殻をむく
  • 炒め物用の合わせ調味料を混ぜ合わせておく
  • 揚げ物の衣の粉、卵液、パン粉をまぶす
  • 玉ねぎを炒める前に軽くレンチンする(より早く「アメ色玉ねぎ」ができる)

 

などなど……「ちょこっと何かサブ作業をしたい」ときに、本当に便利です!

耐熱なので電子レンジにもかけられるし、ガラスだから臭いもつきません。

しかも丈夫。床に落としても(ほぼ)割れません。

14センチは「ちょっと大きいかな?」と思いますが、卵や液体を溶く際もあふれず、このサイズがぴったりなのです。

最初は1個だけ持ってずっと使っていたのですが、料理を同時に2〜3品作りたい時には1つだととても足りず、今回買い足しました!

「調理道具 ガラスボウル」で検索すると、HARIO(ハリオ) iwaki(イワキ) が出てきますが、ひと通り使ってみて、このアルコロックが最も薄手で使いやすかったです。

 

アルコロック アンピラブル ボウル 14cm G5200075
 

 

 

野田琺瑯「ホワイト・シリーズ」のレクタングル深型L(琺瑯蓋付き)

野田琺瑯 レクタングル  深型

シンプルなデザインで臭いがつきにくく、大人気の野田琺瑯(ほうろう)シリーズ。

初めて、長方形で少し大きめ(W23×D16×H7)の深型Lを買ってみました。

このシリーズは、ふたがぴったり閉まる「シール蓋」(液体がこぼれない)と「密閉蓋」タイプも出ているのですが、今回あえて、ふたがゆるっとした「琺瑯蓋」を購入。

保存というより、「一時調理用」に使いたかったからで、

  • あさりの砂抜き(ふたをして冷蔵庫で2〜3時間おく)
  • 肉の下味(オリーブオイルやスパイスに漬け込んで一晩冷蔵庫に)
  • キャベツ千切りの残りを保管(キッチンペーパーをしいて葉物野菜をのせ、ふたをすると翌日も案外生き生きしている)

などに大変重宝しております。

野田琺瑯 レクタングル 深型

ふたをすると重ねられるので、同じものか、サイズ違い(レクタングルのSかM)を、また買い足すかもしれません。

ラバーゼのステンレス角バット&プレートとほぼ同じ使い方ができるけれど、断然お安い。

ラバーゼも愛用していて3個くらい持っていますが、大ききてやや食洗機に入れにくいのですよね。

それを改善してくれるのが、野田琺瑯のこのタイプなのだなとわかりました。

野田琺瑯 ホワイトシリーズ 保存容器 レクタングル深型L 琺瑯蓋付 日本製 WFH-L


 

  

マックマー カフェメタル(1-2カップ

マックマーカフェ メタル

紙のフィルターが不要なタイプのコーヒードリッパーです。

これまで普通の、紙フィルターを使うドリッパーをずっと使っていました。

でも生ゴミを気軽に捨てられるようになったので(「戸建て在住者は知らなきゃ損!生ごみ処理機があると自炊はぐっと楽になる!」参照)、コーヒードリッパーもフィルター不要のものにしよう!と購入。

フィルターのゴミも出ず、お湯を注いで飲めるようになるまでも早くなり、なかなか快適です。

マックマー カフェメタル


 

食パンカットガイド(小久保工業所)

食パンカットガイド(小久保工業所)

ずーっとほしいと思っていた道具!やっと買いました。

最近食パンブームですが、食パン専門店やうちの近所のおいしいパン屋さん含め、食パンって意外と「今は焼き立てで切れないので、お客さんが家で切ってください」というお店が多いのですよね!

しかも自分で切ると絶対曲がってまっすぐ切れない(笑)

凝り症なので、プラスチックの水洗いできる定規(キッチンに常備)を当て、毎回切っていたのですが、それでも曲がる。

これを買って、すっきり解消しました。

早く買えばよかったです。

小久保工業所 食パンカットガイド ( 約285×195×50mm ) ホームベーカリー スライス ( 食パンスライサー / 4種の厚さに 調整可能 ) 食パン 1斤 KK-093


 

魚のウロコ取り

魚のウロコ取り(釜浅商店)

今回、上の4つはすべてTDIで購入しましたが、これだけは釜浅商店で買いました。

私は魚をよく料理します。

タイはウロコがあるのでやっぱりこれが必要。

包丁をひっくり返し、包丁の背でウロコをこそぎ落とすこともできますが、ウロコ取りの方が断然ラクで早い。

「一つの用途しかない調理道具は不要」論を熱弁する料理好きの人もいますが、魚の小骨抜きとか、肉たたきとか、じゃがいもをつぶすマッシャーとか、やっぱりあると格段にラクになる道具はあります。

釜浅商店のオンラインショップもありますが、これはオンラインでは扱いがないらしい。お店に足を運んでみてください。

 

いかがでしたか?

[2021年2月最新版]として、「フードライターがかっぱ橋道具街で買った調理道具」5つを紹介しました。

料理初心者でも、いきなり買っても便利なものばかりなので、参考にしてみてください。

前回書いたこちらの記事もどうぞ↓↓

asanoyoko.com

フードライターがおすすめ、初心者がかっぱ橋道具街でまず行くべき店4選

かっぱ橋道具街

料理にハマると、いろいろ本格的な道具が欲しくなってきますよね。

東京で料理道具をそろえるなら、ぜひかっぱ橋道具街へ行ってほしい!

しかし、お店が多すぎてどこをどう見ればいいのかわからない、という方。

まずはこの4店を回ってみてください(田原町駅からなら、この順で回るのがスムーズです)。

食品サンプルや和食器の専門店、食料品店もありますが、今回は「料理道具を探しに初めてかっぱ橋道具街に行く」人のためのガイドとしてお使いください。

「歩きやすい靴」&「リュックなど両手が空くカバン」+「丈夫で大きいエコバッグ(鍋など重いものを狙っている人は小さなスーツケースでも)」が最強スタイルです!

 

 

1.キッチンワールド TDI

キッチンワールド TDI

(お店の許可をいただいて撮影しています)

http://www.kwtdi.com/jp_pro3.html

鍋、フライパン、お玉やトングのような細かい調理器具、ワインやいろんなお酒のグラス、お菓子作りの道具、ミキサーやフードプロセッサーなどのキッチン家電など、料理道具のほぼすべてのジャンルの商品が買える専門店。

田原町駅からかっぱ橋道具街に入り、2〜3分歩くとすぐ左手にあります。

「料理に本腰を入れたいから、かっぱ橋で道具をそろえるぞ!」と思い立ったら、まずここに行ってほしいです。

正直、かっぱ橋道具街というより、ここ1店で買いたいものが全部そろっちゃうかも?

20代で料理を始めたばかりのとき、まあ通いました……。

日曜は休業してしまうお店が多いかっぱ橋で、9:30〜18:00まで年中無休で営業しているのも貴重です。

2.釜浅商店

釜浅商店

www.kama-asa.co.jp

鉄鍋や鉄フライパンなど、鉄製品と包丁を中心に料理道具全般をそろえている店。

明治創業の老舗店ながら、スタイリッシュにリニューアルされて、とても今っぽい、商品が見やすいお店。

道を挟んで左右両方とも釜浅さんの店舗です。

右側の新店舗は洗練されてアップルストアのよう。

パリにもお店があります。

商品がぎっしりあるけれど間口がせまい、いわゆる「昔ながらの道具店」って初心者はハードルが高いですが、ここは本当に工夫しているなと思う。

「こういう道具がほしい」という一般の買い物客の質問にも、とても親切に対応してくださいます。

3.つば屋包丁店

tsubaya.co.jp

店構えはそれほど大きくないけれど、包丁がめちゃくちゃ充実してます。世の中にいい包丁ってこんなにいっぱいあるんだー、とびっくりする品揃えです。

初心者でもプロでも、とても親切に包丁の選び方をアドバイスしてくれます。

さらに包丁が全て、お店のケースに入らずそのまま展示されているので気軽に触れるのもこのお店ならではの特徴。

ただし、ケガにはくれぐれも注意してくださいね!←昔、海外の包丁店で夢中で選んでいたら、シュパッとやってしまった経験あり(涙)


CUTLERY TSUBAYA IN ASAKUSA -JAPANKURU-

お店の場所が、かっぱ橋道具街のいわゆるメインストリートから一本入った場所にあるので、ご注意を。

お店のYouTubeがわかりやすいです。

 

4.ドクターグッズ

ドクターグッズ

(画像は同店のFacebookからお借りしました)

お店のFacebookこちら

田原町駅からかっぱ橋道具街に入ってすぐ右手にあるお店。

駅から最も近いので、最後にちらっと寄ってみては。

ル・クルーゼやシャスールの鍋、OXO(オクソー)のツール、キッチンクロスなど、海外のおしゃれな調理道具が、独特のおしゃれなセレクトでそろっています。

小さなお店ですが2階にもぜひ上がって見てほしいです。

今でこそ、釜浅商店のようなスタイリッシュなお店はかっぱ橋にどんどんできていますが……

20年くらい前は「おしゃれな道具がいろいろありそうな今風の店」はこのドクターグッズしかなかったのです!

まあ通いましたねー。

番外編:キャニオン(なんと2020年5月に閉店)

www.canion.jp

コロナ禍で昨年閉店してしまったそうで、なんとも残念ですが……

大好きなお店だったのでメモだけ残しておきます。

「シンプルで白いお皿(しかも1枚300円とか激安だった)」の専門店で、ここも結婚しすぐから何度も通って、いろんなお皿をそろえました。

割れちゃってもまたシリーズでそろえられる、と重宝していたので、いつか復活してほしい!

 

初心者の方のためのかっぱ橋ガイド、いかがでしたか?

最初に料理道具を探しに行くなら、まずはこの4店を回りつつ、途中で気になったお店もぶらぶら立ち寄ってみてください。

 

 

WordPressからはてなブログProに引っ越しました

はてなブログロゴ

今日もご訪問ありがとうございます。

見ていただいている分にはほぼ変化がないと思いますが、当サイト、WordPressからはてなブログに引っ越しました。

今日2021年2月22日より、リニューアルオープンです!

数字の2は私のラッキーナンバーなので、この日を選びました。

思えばこの15年間、いろいろ試行錯誤してきました

2005年からブログを書き始め、2011年にココログに移転。

2014年頃から急にブログ経由でお仕事をいただくことが増え、「これからは無料ブログではなくオウンコンテンツの時代だ!」と息まいて2016年にWordPressに移転。

 

勉強してドメインを取ってサーバーを借り、初心者向けWP講座を受けたり、良心的なエンジニアさんを紹介していただいて構築をお願いしたり、いろいろやってみたのですがやっぱり無料ブログに戻ります。

 

ただしはてなブログの有料版、はてなPro(月額600円)なので完全な無料ではないですが……それでもWPよりは月額コストが安く、機能はフルサポートなので快適。

 

WPから移転した理由はまた書きますが、ひとまずこちらの新サイト、よろしくお願いします!

 

[メディア掲載]『Time Out TOKYO』で「残りの人生を賭けてチョコレート業界の謎を解き明かす-ショコラティエパレドオール 」を書きました

英ロンドン発、東京に住む外国人や、来日する海外観光客向けの情報を集めたメディア「TimeOut TOKYO(タイムアウト東京)」 にバレンタイン特集記事を書きました。2021年2月10日に公開された「残りの人生を賭けてチョコレート業界の謎を解き明かす-ショコラティエパレドオール、三枝俊介の挑戦-」 です。

 

新丸ビル1階にある高級チョコレートショップ、パレ ド オール東京のオーナーシェフ、三枝俊介さんにこれまでのチョコレート職人としてのキャリアと、今後のビジョンについてインタビューさせていただき、まとめました。

パレドオール のチョコレートは本当に秀逸!記事を読んで、お店にも足を運んでいただけたら嬉しいです。

 

タイムアウト東京「残りの人生を賭けてチョコレート業界の謎を解き明かす-ショコラティエパレドオール、三枝俊介の挑戦-」 

 

 

[メディア出演]今日2月3日、文化放送のラジオ番組に生出演します

文化放送SAKIDORI!今日2月3日(水)15:35頃から約10分間、ラジオ文化放送の『斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!』に生出演します。

私が話すテーマは「フードライターが現場で見た、緊急事態宣言下の飲食店のリアル」。

先月日経の記事を取材した時に、ちょうど今年の緊急事態宣言発令の直前だったので、飲食店さんの嘆きを直接耳にしてつらかった話を書きました。 (この記事→[コラム連載]『NIKKEI STYLE』(日経電子版)で「丸の内テラスで世界周遊」の記事を書きました

「通常営業が無理ならテイクアウトで補うしかないじゃん」とか、いろいろ外から言う人はいます。そんな簡単に行かないから、飲食店はみんな試行錯誤しながら1年近く苦しんでいるわけで……そういう話をしてきます。

文化放送は9年前の2012年、企画編集した妊婦さん向けレシピ本『妊婦食堂』のことを取り上げていただいて以来で、感慨深いです。radikoアプリなどでいただけたら嬉しいです。