食の取材歴20年 フードライター浅野陽子の東京美食手帖

フードライター、食限定の取材歴20年。フードサステナブルが得意。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]icloud.comへ

[ホテルダイニング]まさにここだけ!の夜景と美食体験@「スカイツリービュー®︎レストラン簾(れん)」(東武ホテルレバント東京)

東武ホテルレバント東京の画像

(c)asanoyoko.com

スカイツリーと同じ目線”で美食を楽しめるホテルダイニング

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

アップが遅くなりましたが2月末に、こんなスカイツリーの夜景と一緒にリッチなフレンチを楽しんできました。

錦糸町駅すぐの東武ホテルレバント東京の24階、メインレストラン「簾(れん)」です。

www.tobuhotel.co.jp

コンセプトは、

素材を生かした日本料理・炭火窯焼フレンチを最上階から望む絶景と上質な空間で堪能できる(公式サイトより)

とのことで、客席に座っていると食事をしている間中、スカイツリーがほぼ同じ目線(高さ)で常時見ていられるのは、なかなか贅沢です。

「日本料理と炭火焼きフレンチ」が併記されている意味は、今回じっくりいただいてよくわかりました。

では、この日食べたものを順番に。

田酒の画像

(c)asanoyoko.com

乾杯は、ごく少量の「田酒(でんしゅ)」で、おお!と。

田酒(特別純米酒)2021年製造 西田酒造店

田酒の画像

(c)asanoyoko.com

青森産の高級酒。
最近鮨や焼鳥店でもよく見かけます。

適度な酸があり、私のような「日本酒よりワイン好き」にも飲みやすいです。

ヴィシソワーズ アイスクリーム キャビア添え

東武ホテルレバント東京の料理の画像

(c)asanoyoko.com

ヴィシソワーズ(じゃがいもの冷製スープ)を凍らせてアイスクリーム状にしたもの。

東武ホテルレバント東京の料理の画像

(c)asanoyoko.com

アイスクリームと言っても甘くない前菜、そしてキャビアのせ。
夢心地の舌ざわりー。

シャンパーニュの画像

(c)asanoyoko.com

ここから、飲み物はシャンパーニュ
テタンジェ プレリュード グラン クリュ。

万能です。

TATTINGER Prelude Grands Crus

赤ピーマンのムース

東武ホテルレバント東京の料理の画像

(c)asanoyoko.com

フレンチの王道の前菜。

高糖度のアメーラトマトをムースとソース、両方に使ってあるとのこと。

なめらかで美味♡

フォアグラとトリュフのマーブル仕立て

東武ホテルレバント東京の料理の画像

(c)asanoyoko.com

フォアグラをちりめんキャベツとコンソメジュレで巻いたもの。
上の黒いトッピングがトリュフです。まあ贅沢。


フランス産の根セロリを使ったソースで。
日本産のセロリより香りが合うそう。

オマール海老のラビオリ仕立て トリュフと洋ネギのクリーム

東武ホテルレバント東京の料理の画像

(c)asanoyoko.com

ひと口で食べられるラビオリ。

東武ホテルレバント東京の料理の画像

(c)asanoyoko.com

パスタに包まれたオマールエビ

揚げたポワロー(洋ねぎ)がアクセントにきいてます。

そら豆と生ハムのパスタ

東武ホテルレバント東京の料理の画像

(c)asanoyoko.com

具材は鹿児島産そら豆とイタリア産生ハム、セモリナ粉9:強力粉1で作ったという自家製の手打ちパスタ。

東武ホテルレバント東京の料理の画像

(c)asanoyoko.com

パスタ好きとしては、パスタ2つ連続で嬉しい。
そしてもちっと力強い食感だけど、もたれない適度なボリューム、上品に仕上げてあるのはさすが。

本日の魚のポアレ トリュフのヴィネグレット

東武ホテルレバント東京の料理の画像

(c)asanoyoko.com

あああメインの魚は長崎県五島列島の「アラ」。

ハタ科の白身魚を軽めのソテーで。

たけのこが添えられ、トリュフ入りの軽いヴィネグレットソースで。

東武ホテルレバント東京の料理の画像

(c)asanoyoko.com

次はメインの肉。

なのだけどサーブする前に焼かれたものがプレゼンされました。

(手前右から)ヒレ、熟成したロース、ランプの3種。

黒毛和牛A5ランプ A4ロース A3フィレ肉の炭火焼き

東武ホテルレバント東京の料理の画像

(c)asanoyoko.com

カットしてサーブされた状態(右からランプ、熟成ロース、ヒレ)。

やまわさびとしょうゆ、唐辛子の漬物が添えられています。

肉の旨みが強く、食感もよくてランプが一番好きでした。

ワインの画像

(c)asanoyoko.com

合わせるのはララン・ド・ポムロール。

メルローの完熟系ベリーのボリューミーな感じ、シンプルな肉との王道ペアリングです。

Chateau Fleur de Jean Gue Reserve Lalande de Pomerol 2015

締めの一口カレー

東武ホテルレバント東京の料理の画像

(c)asanoyoko.com

そしてこのタイミングで最高の、締めのカレー。

東武ホテルレバント東京の料理の画像

(c)asanoyoko.com

前にもここで一度書きました。

厨房で取ったフォン(だし)を使った贅沢なカレー。

本当に美味。

デザート

東武ホテルレバント東京の料理の画像

(c)asanoyoko.com
  • デコポンシャーベット
  • はちみつロールケーキ
  • パンナコッタ
  • ピスタチオケーキ
  • 磨宝卵GOLD(栃木産ブランド卵)のプリン

東武ホテルレバント東京の料理の画像

(c)asanoyoko.com

さすがに全部完食できず、一部お持ち帰りにさせてもらいました。

しかし以前、プレス発表会の取材で一部試食させてもらったときも思ったのですが、「ホテルの王道」に少し現代的なエッセンスを足して、「本当に食べることが好きな人」向けに考え尽くされている、という構成でした。

海外からのインバウンドがゼロの今、厳しい戦いを迫られていらっしゃるけれど、海外のグルメ客に立地ともにかなりウケそうです。

夜景とグルメを楽しめる、とても穴場な美食スポットでした。

「炭火窯焼きフレンチコース」税サ込13,000円〜

 

それでは、今日も最高においしい1日を!

東武ホテルレバント東京 スカイツリー®ビューレストラン簾(れん)」

<こちらもどうぞ(過去記事)>

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com