食の取材歴20年 フードライター浅野陽子の東京美食手帖

フードライター、食限定の取材歴20年。フードサステナブルが得意。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]icloud.comへ

[レストラン]昨年秋に日本上陸で話題!NY発老舗ステーキハウス「ピーター・ルーガー・ステーキハウス 東京」@恵比寿に行ってきました

Tボーンステーキの画像

(c)asanoyoko.com

2021年10月に日本初上陸で話題、創業130年の老舗ステーキ店

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

今回は肉を食べた話。

少し前ですが、NY発・創業130年の老舗ステーキハウス「ピーター・ルーガー・ステーキハウス 東京」をランチ訪問したレポートです。

半年前の2021年10月に日本初上陸。

メディア関係者の間では「ピータールーガーもう行った?」といろんな人が話題にしてました。

実は、アメリカ発のステーキハウスは東京にすでに結構あります。

同じ恵比寿の「ロウリーズ」はじめ、「ウルフギャング」や霞ヶ関の「ルースクリス」など……

しかし日本人ってやっぱり肉が好きなんですよねー。

どの店も、オープンのたびに、毎回ちょっとした話題になります。

今回もそんなブームな店の予約を取ってくれた、グルメな女性の友人Tちゃんに感謝〜!

では行きます!

恵比寿駅を降りたら、そこはオールドニューヨーク(風)だった

ステーキハウスピータールーガーの外観

(c)asanoyoko.com

ピーター・ルーガー・ステーキハウス 東京」は、恵比寿駅東口(ガーデンプレイスの方)を出て、5分ほど進むとあります。

おお……外観から「グッドオールドニューヨーク」な感じ(ってどんな?笑)

しかし、ここはレストランの入口ではありません。

ステーキハウスピータールーガーの外観

(c)asanoyoko.com

恵比寿駅を背にしてその手前を左折。この小庭みたいところに入りましょう。

ステーキハウスピータールーガーの外観

(c)asanoyoko.com

ここがレストランの入り口です。

ステーキハウスピータールーガーの内観

(c)asanoyoko.com

客席は入って2階。

写真は人が引けた瞬間を狙って取りましたが、私たちが入店した時間では8割くらい埋まっていました。

天井が高い開放的な空間、昼間だけど照明を落とした雰囲気、外国人のサービスマンもいて。

お客さんは全員日本人だけど、なかなかに「海外感たっぷり」の素敵なムードです!

Tボーンステーキはオーダー必須(ボリュームとても多めです)

ステーキハウスピータールーガーのメニューブック

(c)asanoyoko.com

オーダーします。

ステーキハウスピータールーガーのメニューブック

(c)asanoyoko.com

ピーター・ルーガーの名物は熟成肉のTボーンステーキです(メニューの真ん中『USDA PRIME BEEF』)。

女性二人で訪問したので『STEAK FOR TWO( 29,000円/パン付き)』をメインに、サラダと、サイドメニューのブロッコリーソテーにしました。

ステーキの焼き加減は「レアよりのミディアムレア」でお願いしました。

グラスシャンパンの画像

(c)asanoyoko.com

乾杯はシャンパーニュペリエ・ジュエ。贅沢!

Grand Brut Perrier-Jouet

でもワインの小売価格に対しては、この店で飲むならお得なのかも。2000円くらいでした。

パンの画像

(c)asanoyoko.com

そしてパンが到着し(なんのパンだったか、どこにメモしたのか忘れた、、、)

サラダの画像

(c)asanoyoko.com

そしてサラダが来ました。

アイスバーグレタスのウェッジサラダ』

ブルーチーズと角切りベーコンがもりもりなのでかなり濃厚です。おいしい。

Tボーンステーキの画像

(c)asanoyoko.com

メインのTボーンステーキが、ジュージュー音を立てて登場。

サービスの方が目の前で切り分けてくれました。

Tの字の骨は牛の背骨で、牛の腰の辺りを断面に切って焼くとこうなります。

Tの片方がサーロイン(霜降りで筋が少なくやわらかい背中の部位)、もう片方がヒレ(脂肪が少ないが最もやわらかい部位)。

2つの部位(しかも最高級部位)を両方食べられる贅沢なステーキです。

バターもとろけてます!

アメリカンビーフのステーキの画像

(c)asanoyoko.com

まずはヒレから。

さっぱりしているけど肉のうま味が濃厚。

アメリカン・ビーフのステーキの画像

(c)asanoyoko.com

サーロインはジューシーでリッチ。

アメリカン・ビーフは、霜降りでも和牛より脂身がさっぱりしていて、食べやすいです。

「輸入牛」というだけで、とたんに目の色を変えて「国産がいい!」と拒否反応を示す人がいますが、この「きちんと肉の味と脂身は味わえるけどくどくない、もたれない」アメリカン・ビーフ、私は好きです。

肉好きは、一度は食べてほしいなと思います。

赤ワインの画像

(c)asanoyoko.com

ワインはソノマ産のピノ・ノワール

RODNEY STRONG Pinot Noir Russian River Valley Estate 2018

エレガントな酸や熟成感がこのステーキとぴったり。

ブロッコリーソテーの画像

(c)asanoyoko.com

牛肉と一緒にサイドメニューで頼んだブロッコリーのソテーも来ました。
豪快な大ぶりのブロッコリー
これもすごくおいしかった。

ステーキと野菜のグリルの画像

(c)asanoyoko.com

自家製のソースをつけて、堪能しました。
でも女性二人で頑張って食べてもかなりお腹いっぱいになり、サラダ、野菜、パン、Tボーンの骨とステーキの残りは持ち帰りました。

グラスワイン2杯を飲んで食べて、税・サ込み一人20,000円弱でした。
お安くはありませんがピーター・ルーガー、かなり堪能しました。

ステーキハウスピータールーガーの外観

(c)asanoyoko.com

海外に行けない今、ここではニューヨーク気分を味わえるので、ちょっとした気分転換にかなりおすすめです。

旅行よりも出費は少ないし。

明日は持ち帰った残りの食材をリメイクして1品作ったので、レシピごと紹介します。

それでは、今日も最高においしい1日を!

 

最後に、余談を2つ。

余談:「ドギーバッグ」を日本で通す違和感

ちなみに英語圏の海外では、レストランでもホームパーティーでも
「余った料理をお持ち帰りされますか?=Would you like a doggy bag?」
と普通に言います(元は「もったいないから捨てずに愛犬のエサにされますか?」の意味)。

そのまま「ドギーバッグされますか?」とサービスマンが言われていたのですが、これは使わないほうがいいような気がしました。

こんな高級店でテークアウトと犬を結びつけるのは、日本人としては違和感があるし、日本でペットブームまっさかりの今、「ニンニクやネギも入っているものを犬に与えるのってどうなの」と思う人もいそうな……

余談その2:

ちなみにピータールーガーのステーキは「USDA PRIME BEEF」を使用、とうたっていますが、PRIME(プライム)というのは、USDA(米国農務省)が認める最も高いランクのアメリカ産牛肉のことです。

和牛は「 A5」や「A4」と付いていて5等級ですが、アメリカ産は8等級。
プライムは8番中の1位です。

スーパーの肉売り場で「牛肉(米国産)/CHOICE(チョイス)」というのがたまに売っています。チョイスは2番目。

6〜7年前くらいにアメリカン・ビーフの定期媒体を2年ほどシェフやスーパーの肉の担当バイヤーさんに取材して書いていたことがあり、そのときに結構詳しくなりました。

そのときに聞いたのは「プライムはもちろん最高だけど、チョイスでも十分おいしい、アメリカ人は普段そんな高級な牛肉は食べていない」ということ。

なのでこのピーター・ルーガーの「プライム」ランクのTボーンステーキが、いかに上質なものか、わかっていただけると思います(その値段がしっかり反映されています汗)

 

<こちらもどうぞ(過去記事)>

asanoyoko.com

asanoyoko.com

 

かなり昔ですがウルフギャングもオープン直後に行ってました↓

asanoyoko.com