食の取材歴20年 フードライター浅野陽子の東京美食手帖

フードライター、食限定の取材歴20年。フードサステナブルが得意。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]icloud.comへ

フォアグラ、オマールエビ、牛煮込み…本格ホテルフレンチを家で食べられる時代到来!@東武ホテルレバント東京

牛ほほ肉の煮込みの画像

(c)asanoyoko.com

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

正月明けから重い仕事にかかりきりで、なかなかブログが更新できずすみません。

参加したイベントの報告もできず、たまりまくっているのですが……

今回は年末に取材したホテルダイニングのレポートです。

東武ホテルレバント東京の大人気テークアウト商品

東武ホテルレバントの画像

(c)asanoyoko.com

JR、東京メトロ錦糸町駅から徒歩3分の場所にある、東武ホテルレバント東京に行ってきました。

東武ホテルレバント東京の画像

(c)asanoyoko.com

このホテルで販売する人気のテークアウト商品、『シェフズキッチン』を取材するためです。

シェフの画像

(c)asanoyoko.com

コロナ禍で、東京のレストランは大変な状況ですが、さらに苦労しているのは大手ホテルです。

インバウンドがゼロ、しかもこんな長い期間って、どれほどの売り上げ減なのか……涙

東武ホテルレバント東京の画像

テークアウト発売のきっかけを話す野口育男代表取締役社長 (c)asanoyoko.com

ということで、打ち出した対策の一つがこの「ホテルシェフの味を自宅で食べられるテークアウト」だそうで。

シェフズキッチン」シリーズを2020年6月から販売開始。

フレンチの店の外観

(c)asanoyoko.com

テークアウト商品は、ホテル最上階にある、日本料理と炭火窯焼フレンチ「スカイツリービュー®︎レストラン簾(れん)」のシェフが調理しています。

できたてを真空パックし、冷凍保存したもの。

大好評で2021年11月にはさらに新メニューが加わったとのことで、そのメディア向け試食会でした。

ホテルの「できたての味」と、冷凍テークアウトを食べ比べ

今回とてもユニークだったのは、「通常のホテルダイニングで出している料理と、冷凍のテークアウトがいかに遜色ないか」を2品同時に食べ比べする取材だったのです。

以下、試食したメニューです。

赤ピーマンのムース、トマトのクーリー

赤ピーマンのムース

(c)asanoyoko.com

赤ピーマンのムース

(c)asanoyoko.com

まず一品目なのですが、これは今回の試食会用の前菜。

テークアウト商品ではありませんが、パプリカの苦味とトマトの酸味が絶妙で、なめらかでした。

テークアウト商品1:フォアグラとウナギのスモーク テリーヌ仕立て

フォアグラのテリーヌの画像

(c)asanoyoko.com

そしてテークアウトの一品目です。

フォアグラのテリーヌの画像

(c)asanoyoko.com

これは「シェフズキッチン」のテリーヌを、ホテル内での作りたての状態で提供されたもの

フォアグラのテリーヌの画像

左が作りたて、右が冷凍のテークアウトを解凍したもの (c)asanoyoko.com

続けて、テークアウトで実際に販売しているテリーヌも運ばれてきました。

左が先に出たホテル内の作りたて、右が冷凍品を解凍したもの。

見た目は同じ!で、味は……?

フォアグラのテリーヌの画像

(c)asanoyoko.com

いや、これがね、まったく同じなのです!

言われないと本当にどっちが解凍品かわかりません。

まったり濃厚で、口の中に入れるとスッと溶けるフォアグラテリーヌの味です。

ワインの画像

(c)asanoyoko.com

ワインは、 フォアグラと定番のボルドー白。

MOUTON CADET RESERVE BORDEAUX BLANC  ムートン・カデ・レゼルヴ ボルドー 2017

テークアウト商品2 オマール海老とアワビのブイヤベース

オマールエビのブイヤベースの画像

(c)asanoyoko.com

テークアウト2品め、スープのブイヤベースです。

オマールエビのブイヤベースの画像

(c)asanoyoko.com

これも左:作りたて、右:テークアウト(冷凍を解凍)、なのですが、まったく違いを感じません。

ブイヤベースも濃厚で、貝や高級エビのうま味たっぷり。

味は普通にとても美味〜ですが、特にすごいのは、ムール貝やエビの食感に“カチカチ感”がないこと!

「素材そのものの品質がよいこと」を大前提に、厨房で秘密の下処理をすることで、冷凍品を解凍してもこの柔らかい食感を楽しめるそうです。

テークアウト商品3 国産牛ほほ肉の赤ワイン煮込み

牛ほほ肉の赤ワイン煮込みの画像

(c)asanoyoko.com

テークアウト3品め、とろーんと赤ワインで煮込まれた、濃いぃいくてまったりな牛肉です。

牛ほほ肉の赤ワイン煮込みの画像

(c)asanoyoko.com

これもできたてと冷凍品の差はなし。

これ本当においしかった。

ドミグラスのこの味、おいしいのはわかるけど強すぎてちょっと、と遠慮しがちな人がいたら、ぜひ食べて欲しい味。

野菜のだしも結構きいていて、「くどさを感じる少し手前」で濃厚さが終焉する、そんな絶妙な仕上げでした。

肉はもちろん、やわらかくてホロホロ。

令和の若者風に表現するなら「飲める牛肉煮込み」笑

テークアウト商品3 一口カレー(「国産牛ほほ肉のカレー)

カレーの画像

(c)asanoyoko.com

ちょっと実際に出た順番と前後しますが、テークアウト商品3つ目のカレー。

これはテークアウト品のみを試食しました。

マッシュルームなど野菜のだしをたっぷり使ったカレーだそうで、これも本当においしかったです。

「『家で絶対作れないホテルカレー』を家で食べられる」って、それこそが本当の、究極の贅沢なのかも。

最高の栃木和牛 「匠」と仙台牛ランプ肉の炭火釜焼き

ステーキ焼く前

(c)asanoyoko.com

そしてメインです。

これはテークアウトでなく、今回の試食会だけの料理。

牛肉の炭火焼きの画像

(c)asanoyoko.com

左が栃木和牛の匠、右が仙台牛ランプ肉。

牛ステーキ肉の画像

(c)asanoyoko.com

安定の、最高の肉の味わいです。

サシと赤身の割合が絶妙。

赤ワインの画像

(c)asanoyoko.com

ワインはチリ赤です。

白と同じ、ボルドーのバロン・フィリップ・ロスチャイルドが手がけたチリのワイン。

エスクード ロホ グランド レゼルヴ 2018 Escudo Rojo Grande Reserve Baron Philippe de Rothschild Maipo Chile

晴天のスカイツリービューと、お茶タイム

スカイツリーの画像

(c)asanoyoko.com

試食会の最後は、最上階の「スカイツリービュー®︎レストラン簾(れん)」で、お茶タイム。

お菓子の画像

(c)asanoyoko.com

この日は晴天。目の前の絶景を見ながら、最後にお茶菓子をいただきました。

ガレットデロワの画像

(c)asanoyoko.com

店内には、ホテルで販売中のクリスマス限定のガレットロワなどのほか、

バレンタインスイーツの展示もあり♡

目でも楽しんでしまいました。

東武ホテルレバント東京25周年記念商品『ulala-麗-』

チョコレートのハイヒールの画像

(c)asanoyoko.com

ヴァローナでもハイクラスのチョコを使用しているそう。

ハイヒールのチョコレートが乗ったガトーショコラ。

テリーヌ・ド・ショコラ  『kiwami-極-』

チョコレートのテリーヌの画像

(c)asanoyoko.com

ヴァローナのカカオと竹鶴21年のコラボのチョコレートだそう。食べたい。

 

ということで、いろいろ新しいことを知った取材でした。

コロナ禍でたくさんのニューノーマルが生まれ、一流ホテルやミシュランのテークアウト商品もたくさん開発されました。

しかし「冷凍」はめずらしい、しかも「ホテルのできたて」とほぼ遜色ない、こんな本格フレンチが家で食べられる時代なのだと……

そしてこうやって、「そのホテルに宿泊しなくても楽しめる商品」をホテルが開発していくことで、ファンができて、「あの味、ホテルに泊まって食べてみたい!」という気持ちになり、結局そのホテルにゲストが集まってくるようになるのだなと。

 

テークアウトは誰でも注文できるようなので、興味ある方はこちらのリンクまたは下からどうぞ。

今日も最高においしい1日を!

 

東武ホテルレバント東京」(ホテルの公式ウェブサイト

「シェフズキッチン」(シェフズキッチンの紹介ページ

 

<こちらもどうぞ(過去記事)>

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com