食の取材歴20年 フードライター浅野陽子の東京美食手帖

フードライター、食限定の取材歴20年。フードサステナブルが得意。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]icloud.comへ

[コラム連載]『NIKKEI STYLE』(日経電子版)で記事「老舗菓子店が大変身 食べられる容器や美容サロン併設」を書きました

日経新聞ウェブ版の記事のスクリーンショット

(c)asanoyoko.com

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

日本経済新聞ウェブ版『NIKKEI STYLE』で、毎月1本コラムを連載中です。

グルメクラブ 話題のこの店 この味」というコーナーで、いまホットな食のトレンドや人気店について紹介しています。

2月5日公開の「老舗菓子店が大変身 食べられる容器や美容サロン併設」を書きました。

テーマは「日本の老舗銘菓の新しい挑戦」

みずくずもちの画像

(c)asanoyoko.com

今回のテーマは、「日本人の誰もが(だいたい)知っている、老舗銘菓の新しい挑戦」です。

取り上げたのは、

どこも創業50〜100年を超える老舗の企業です。

お土産でも食べることが多いので、それぞれの地元だけでなく、全国的に知られているお菓子です。

しかし、どれほど魅力がある商品でも、人はすぐ飽きてしまいます。

今あるものを超える、魅力的な新商品も次々と世に出てきます。

そんななかでこれらの老舗企業がずーっと評価され続けているのはなぜなのか。

時代にあった、いろいろな挑戦を続けているのからなのですが、そういった内容を取材してまとめました。

 

NIKKEI STYLE「話題のこの店この味」2022年2月5日公開記事

老舗菓子店が大変身 食べられる容器や美容サロン併設

読んでいただけたら嬉しいです!

今日も最高においしい1日を!

 

<こちらもどうぞ(過去記事)>

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com