食の取材歴20年 フードライター浅野陽子の東京美食手帖

フードライター、食限定の取材歴20年。フードサステナブルが得意。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社グループ正社員を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]icloud.comへ

[すし]ネタと空間とお皿、すべてがプレミアムな「鮨 東京 よし田」(幡ヶ谷)

よし田の内観画像

(c)asanoyoko.com

幡ヶ谷の商店街にある極上プレミアムなすし店

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

ここのところ、本の執筆(夏に原稿アップ目安)に、ほぼ全エネルギーを投じ中です。

なかなかブログが更新できず、すみませんでした。

 

今日は極上プレミアムなすし店「鮨 東京 よし田」@幡ヶ谷の話。

長年お付き合いのある編集者のNさんにお誘いいただき「女2人寿司」してきました。

(大変お恥ずかしいのですが、今年3月に訪問した記録です)

店内に入るとそこはラグジュアリー全開の世界

鮨 よしだの外観

(c)asanoyoko.com

都営新宿線「幡ヶ谷」駅から歩いて7、8分。
にぎやかな商店街の中にある「鮨 東京 よし田」さん。

鮨 よしだの内観

(c)asanoyoko.com

2021年6月に開業、「至高の味わい、至福のひととき」がコンセプト。

まぐろ専門の仲卸し「やま幸(ゆき)」の代表、⼭⼝幸隆さん厳選のネタを職人が握り、伝統工芸品の器にのせて極上の空間で味わう、というとにかくプレミア尽くしのお店です。

やま幸の山口さんは、魚の取材をしていると必ず名前を聞く超有名人です。

鮨 よしだの内観

(c)asanoyoko.com

 

客席は2フロアあります。

お客さんがまだいない時間だったので、食べる前に店内を見せていただきました。

鮨 よしだの内観

(c)asanoyoko.com

こんな伝統工芸品の数々が並ぶゴージャスな空間。

鮨 よしだの内観

(c)asanoyoko.com

グラスも調度品ばかり。

鮨 よしだの内観(横山大観の作品)

(c)asanoyoko.com

横山大観の作品……!!

鮨 よしだの内観

(c)asanoyoko.com

そしてこちら、天井の「はり」の部分をよく見てください。

何かいませんか?

拡大すると……

鮨 よしだの内観(猫の作品)

(c)asanoyoko.com

こんな工芸がほどこされていました。

美に細かい……

鮨 よしだの内観(ワインセラー)

(c)asanoyoko.com

ちなみにおすしと一緒に極上のお酒(ワイン)も楽しめるのも特徴で、ワインセラーには高級銘柄がぎっしり(DRCもあるとな)。

極上「おまかせ」コース、スタート

鮨 よしだの料理長

(c)asanoyoko.com

店内の美に圧倒されたところで、一階の席に降りてきて、料理スタートです。

料理長の藤本大輝さんが握ってくださいます(撮影のために一瞬マスクをはずしていただきました)。

料理は「おまかせ」コース (税サ込み39,930円)一本のみ。

ではいきます!

イタリアのスパークリングワインの画像

(c)asanoyoko.com

乾杯はイタリアのスパークリングです。

gigi RAVARINI Franciacorta DOCG

うにの手巻き

すしの画像

(c)asanoyoko.com

1品目はぽんっとこの手巻きを渡され、面くらいましたがこれがおいしっ!

のれそれ(あなごの稚魚)と穂じそ、口直しのガリ

のれそれの画像

(c)asanoyoko.com

見た目はくず切りのような冷たい前菜。
でも、あなごの稚魚なのです。

のれそれの画像

(c)asanoyoko.com

これがまた絶品。
食感も形状もくず切りのようですが、ちゃんと目があります。

ワインの画像

(c)asanoyoko.com

次はオーストリアシャルドネ主体のエレガントな白。

Naked White Heinrich

真だいと生のとり貝

鮨 よしだの前菜の画像

(c)asanoyoko.com

旬のお造り。

左からぽん酢、煮切りじょうゆ、すだちと藻塩で。

三陸わかめとアイスプラント

鮨 よしだの前菜の画像

(c)asanoyoko.com

本当に珍味尽くし。アイスプラント??と頭がはてなになりましたが、

鮨 よし田の前菜の画像

(c)asanoyoko.com

これがコリコリしておいし!味もついています。

わかめも食感しっかり。

子持ちやりいか

さっぱりわかめと一緒に供されたのは、こっくり甘辛く炊いた濃厚ないか。

鮨よし田の前菜の画像

(c)asanoyoko.com

甘辛いいかは、こっくりした辛口ワインでいただきました。

ワインの画像

(c)asanoyoko.com

マルサラワインの原型と言われている、シチリアの酒精強化ワイン。

でも甘味はないです。

Vecchio Samperi perpetuo Marco De Bartoli

白魚、ほたるいかの西京焼き、最中

鮨 よし田の前菜の画像

(c)asanoyoko.com

よし田の定番3点セットだそう。

最中の中にはあん肝、奈良漬、カシューナッツを合わせた濃厚なペーストが詰まっていて、美味でございました。

たけのこ、赤身、大とろ

鮨 よし田の前菜の画像

(c)asanoyoko.com

たけのこ(熊本産)をだして炊いたものをまぐろと合わせて。

ワインの画像

(c)asanoyoko.com

ワインはカリフォルニアのオレンジワイン。

STONE CRUSHER ROUSSANNE / DONKEY&GOAT 2017

からすみと餅

鮨 よし田の前菜の画像

(c)asanoyoko.com

次もまた面白い前菜が。

「手で持って召し上がってください」と言われ。

鮨 よし田の前菜の画像

(c)asanoyoko.com

薄い、和菓子のような餅生地の中に、からすみが入っていました。

からすみはホワイトリカーで漬け込んだそうで、もっちり×もっちりの食感が重なりました。

蒸しあわびと煮だこ

鮨 よし田の前菜の画像

(c)asanoyoko.com

あわびの下に敷いてあるのは肝ソース。肝と酒、みりん、しょうゆを煮詰めたものだそう

ワインの画像

(c)asanoyoko.com

ワインはイタリア・フリウーリ地方の白。

赤に見えるけれどぶどうが完熟するとこんな色になるそうです。

Damijan Podversic Pinot Grigio

めぬけのみぞれ煮

鮨 よし田の前菜の画像

(c)asanoyoko.com

「めぬけ」とはメバル科の白身魚

上品な口当たりでした。

にぎり いか

鮨 よし田の握りの画像

(c)asanoyoko.com

そしてここからにぎりに入ります。

銚子の活いか。

鮨 よし田の前菜の画像

(c)asanoyoko.com

口直しの香の物が入ります。

赤ワインの画像

(c)asanoyoko.com

フランスのローヌ赤、シャトー・ヌフ・ドパプです。

合わせるのはもちろん……

鮨 よし田の内観 やま幸のボード

(c)asanoyoko.com

この店のメイン、やま幸のまぐろです!

にぎり 赤身

鮨 よし田のにぎりの画像

(c)asanoyoko.com

赤酢仕立て。

にぎり 中とろ

鮨 よし田のにぎりの画像

(c)asanoyoko.com

個人的には中とろが一番好き。

にぎり 大とろ

鮨 よし田のにぎりの画像

(c)asanoyoko.com

最後は王様、大とろにぎり。

じわっと口の中でとろけます。

白ワインの画像

(c)asanoyoko.com

そしてワインはヌフ・ド・パプの白に戻ります。

にぎり こはだ

鮨 よし田のにぎりの画像

(c)asanoyoko.com

こはだ、やっぱりうまし。

にぎり えび

鮨 よし田のにぎりの画像

(c)asanoyoko.com
箸休め 能登産もずく、伊豆産のわさび

鮨 よし田の前菜の画像

(c)asanoyoko.com

ここで一度休憩をはさみ、またにぎりに戻ります。

にぎり 赤貝

鮨 よし田のにぎりの画像

(c)asanoyoko.com

コリコリの食感が美味。

赤ワインの画像

(c)asanoyoko.com

マルサラワインに。

Marsala Oro Superiore Riserva Marco De Bartoli 2004

そしてこれに合わせるのは……

ウニの箱の画像

(c)asanoyoko.com

ムラサキうにです。

にぎり むらさきうに

鮨 よし田のにぎりの画像

(c)asanoyoko.com
白子とキャビア(下にごはん)

鮨 よし田の前菜の画像

(c)asanoyoko.com
のどぐろ(炭で焼いたものを巻いて)

鮨 よし田の巻物の画像

(c)asanoyoko.com

ワインの画像

(c)asanoyoko.com

最後のワインはイタリアのオーガニックのオレンジワイン。

Primosic s.r.l. Ribolla di Oslavia 2017

にぎり あなご

鮨 よし田のにぎりの画像

(c)asanoyoko.com
巻物と玉子 

鮨 よし田のにぎりの画像

(c)asanoyoko.com

とろたくと玉子です。

鮨 よし田のにぎりの画像

(c)asanoyoko.com

当たり前ですが最高です笑

しじみの味噌汁

鮨 よし田の椀ものの画像

(c)asanoyoko.com

ありえない量に思えるものの、楽しく会話しながらするっと収まってしまい。

温かいしじみの味噌汁が染み入ります。

水菓子 メロン、いちご2種

鮨 よし田の水菓子の画像

(c)asanoyoko.com

静岡産のクラウンメロン、宮城産のミガキイチゴ(右)、奈良産のコットンベリー(左)。

 

というわけですし13カン(巻物含む)、料理12品、ワイン9種類とたーっぷり、いただきました。

しかもこの贅沢な空間で。

でもぴったり胃に収まった感覚で素晴らしい。どれだけ食べても(よい意味で)お腹いっぱいにならない。美食のすごさです。

鮨 よしだの内観の画像

(c)asanoyoko.com

大事な場面、デート、接待にぴったり。外国人ゲストも喜びそうです。

コロナ明けのお食事会キックオフにいかがでしょうか?

 

それでは、今日も最高においしい1日を!

「鮨 東京 よし田」

鮨 よしだの外観

(c)asanoyoko.com

<こちらもどうぞ(過去記事)>

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com