フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]gmail.comへ

[レストラン]開店直後から人気急上昇!予約が取れない日本料理店「礒田」(人形町)に行ってきました

松茸の画像

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。 

今年2021年4月にオープン、直後からグルメ通の間で話題で、すでに超予約困難店となっている人形町の日本料理店「礒田(いそだ)」に行ってきました。

今回はその訪問レポートです。

名店「新ばし星野」の元一番弟子が開業

日本料理店「磯田」の外観

礒田は人形町駅から徒歩1〜2分、ビルの2階にあります。

ごく普通の雑居ビルなので、見落とし注意です。

日本料理店「磯田」の外観

新橋の名店「新ばし星野」の一番弟子、礒田岳人さんが独立し、今年2021年4月に開業。

8席のみのカウンター席で、あっという間に予約困難店となりました。

7月の時点でやっと入れたのが今回(10月)。

そしてこの日も「予約は2月までいっぱいで入っていて」とおっしゃっていました。

シャンパーニュの画像

私が訪れた日、グルメガイドを何冊も出している某有名人もグループで来店されていてました。

美食好き同士の情報ルートは早い……。

奇をてらわず、しみじみ満たされる秋の料理

シャンパーニュの画像

そして、今回いただいたものです。

飲み物はシャンパーニュ

ディディエ・ショパン ウィリアム  ド モンテ ブリュット NV

Didier Chopin William de Montez Brut

最初に開けたもので通しました。

北海道産毛ガニと塩もみきゅうり 梨酢を入れた土佐酢あんで

磯田の料理の画像

果物のナシがほんのり香る先付け。

秋の始まりを感じます。

イクラの飯蒸し

磯田の料理の画像

プチプチのイクラと錦糸卵、もちっと炊き立てのもち米を一緒に(シャレじゃないよ)。

合わないわけがない(笑)

スッポンのたれ焼き

磯田の料理の画像焼き鳥のような、串に刺さって香ばしく焼けたかたまりが厨房から現れて、串からさーっと抜かれ、こうした盛り付けに。

食べるとスッポンではなく、あっさりした鶏もも肉のよう。

すごく面白い。

原木まいたけと菊

磯田の料理の画像

岩手産の原木まいたけを、優しい味のお浸しで。これも秋の香り。

食感も結構強いです。

グジのうろこ揚げ

磯田の料理の画像

本当にさっぱりした揚げ物。

磯田の料理の画像

きのこは「香茸(こうたけ)」も添えられています。

しめじとマイタケの中間のような見た目ですが、香りが独特で濃厚でした。

松茸の画像

ここで今日の主役、信州産松茸がプレゼンされました。

一気に場が秋の雰囲気に!

松茸の天ぷら

松茸の天ぷらの画像

生を見た後なので、なかなかテンションが上がります!

炊き合わせや、この一つ前のきのこもそれぞれおいしかったのだけど、松茸は別格。

香りが素晴らしくて、食べ応えも十分。

お造り

磯田の料理の画像

朝締めで空輸で届いた明石のタイと、剣先イカ

椀もの

磯田の料理の画像

長崎産の高級魚・クエと焼きなすの白味噌仕立て。

この温かいお椀がまろやかで、じわっとして、とろけるように美味でした〜。

焼き物

磯田の料理の画像

千葉産のカマスと、再びまつたけを「焼きたけ」で。

自家製ポン酢とかぼすで。

カマスって自分で焼き魚にしてもそんなに感動しないのだけど、やっぱりきちんと目利きされたものを出してもらうと、全然違いますねー。

炊き合わせ

磯田の料理の画像

磯田の料理の画像

なめこ、淡路産ハモ、れんこん餅をだしとしょうがで。

これもとろりと美味。

酢の物

磯田の料理の画像

磯田の料理の画像

いちじくの胡麻酢がけ、能登岩もずくと。

しめのご飯の前の、冷たくて甘酸っぱい箸休めです。

甘いいちじくと酸っぱいもずくが、なぜかぴーったりで。

ご飯

磯田の料理の画像

磯田の料理の画像

ご飯は二種類。

松茸ごはんと、

磯田の料理の画像

白いごはん。

磯田の料理の画像

ごはんに添えられた三種は白菜の漬物、牛しぐれ煮、じゃこです。

松茸ご飯は香り高く、白いご飯もどちらも粒立った食感が最高、そしてこの香の物たちも最高においしい。

おかわりしたい……のだけど、胃のスペースが残ってない(涙)

水菓子

磯田の料理の画像

シャインマスカットのゼリー

磯田の料理長の画像

まだ20代の実力派料理人、磯田岳人さん(視線が横向きになっちゃってすみません!)

以上13品、たっぷりいただきました。

この日、シャンパーニュ込みでお支払いは1人39,000円。

しみじみ秋を感じ、体に染み入るコースでした。

派手さはないけれど何を食べたのか、どんな味わいだったのかそれぞれ鮮明に思い出せる料理ばかり。

人気が出るのも納得でした。

和食好きの方は、(かなり先になるかもしれませんが)ぜひ予約を入れて食べに行ってみてください(支払いは現金のみなので注意を)。

「磯田」の外観の画像

「礒田(いそだ)」

 

<こちらもどうぞ(過去記事)>

asanoyoko.com

 

asanoyoko.com

 

asanoyoko.com