フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]gmail.comへ

自家製ところてん入りクリームあんみつ

先日、実家に行ったときに

「これ、食べてみてよ!案外うまく行ったのよ!」と母が作ってくれました。

 

ところてんから自家製(!)で作った、クリームあんみつ

(携帯で撮影したので、写真がいまいちですがあしからず)

浅野陽子 WINE & COOKING 日々 ノート-kannten

 

ご近所さんから「てんぐさ」を大量におすそわけされたそうで、

それをグツグツ鍋で煮込み、液をこして冷やして固めて、自家製のところてんを作ってました。

 

普通の家のキッチンで、こんなの作れるんだ!とちょっとびっくり。

 

そして自家製のところてんは、たしかに食感が通常のものとまったく違う。

なんというか「アロエヨーグルト」に入ってるあのアロエと、ゼラチンで作るゼリーの中間といえばよいのか、

不思議な「やわらか硬い」弾力。

あんまり臭みもないですね。

 

これを角切りにして、フルーツの缶詰と一緒に盛り、粒あんをのせ、アイスクリームをたっぷり。

家で具材のバランスを好き放題にのせるあんみつ。たまらないです。