食の取材歴19年のフードライター。レストランとレシピ研究に人生賭けてます。イタリアンと魚が特に好き。

人生初のB’zのライブ@東京ドーム「B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR” 」に行ってきた話

B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR” タオル

食とはまったく関係ない話なんですが…おととい1月8日、いろいろ幸運が重なり…東京ドームのB’zのライブに行ってきたのです!1988年デビューのB’z、ヒット曲は私の青春時代と重なる歌も多く、もう感無量。今日はそのレポートです。

お恥ずかしながら、そこそこ長くなってきた人生ですが、ライブ自体に行ったこともあまりなく、オロオロしっぱなしで…。

いつも、仕事やブログのため「これはという場面は、写真でもらさず記録しておく」ことは自信があったのですが、ライブでは圧倒されてまったく撮れず…唯一撮れたのが、やっとこさ手に入れて、家に帰ってから撮ったタオル(会場で振りまくったのでシワシワになっている)

記憶とフリー画像で書きます!

昔から知ってる曲をライブ会場で聴くとシビれる

DINOSAUR (初回限定盤)(Blu-ray付)
B’z
バーミリオンレコード (2017-11-29)
売り上げランキング: 75

今回の東京ドームでのライブは、去年の12月から今年の2月まで行われている全国ツアー「B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”」の、東京公演です。

歌った曲の大半はこの最新アルバム「DINOSAUR」からの選曲。なんですが、1990年〜2000年代のヒット曲もところどころ入ってきて…

昔からよく知ってる曲で、松本さんのギターと、稲葉さんの胸をかきむしられるような高音が響き渡ると、10代当時の自分の姿までよみがえってきて、胸がいっぱいというか興奮というか、なんとも言えない気持ちになりました。

5万5000人が参加するディスコ

東京ドーム

私のようなライブ初心者は、「ライブ」や「コンサート」と聞くとイメージがおぼろげで「座って聴くのかな」と思いますが、みんな開演後すぐ立ち上がって2時間ちょっと、終わるまでまったく座りません。

一緒に歌い、手やタオルを振り、体も揺らして踊ってまるでディスコです。

東京ドームは収容人数5万5000人なので、屋根付きの空間の中、5万人が一緒に昔から知ってる歌を歌い、体を揺らす姿は圧巻でした。ゆっくりとした手拍子のときでも、底から響くような地鳴り状態。ああ、この一体感がやめられない快感になるんだなと。

【外付け特典あり】 DINOSAUR ( 初回限定盤 )( DVD 付)( B3クリアポスター付)

ちなみに稲葉さんは1964年生まれで、私よりひと世代上ですが、ステージ全体を走り回る動き方、開演直後から最後まで出し惜しみしない叫ぶような歌い方、そんなに歌っているのに20曲以上2時間あまり、あの伸びる太い声量で歌い抜き…すごかったです。元気でました。

ひと世代下の私が「仕事が続いてしんどい」「もう昔みたいに若くないし」「最近体力おとろえてだるい」とか言ってる場合じゃないなと。

スターは、才能とともにあのパワーとスタミナも神様からもらっているのでしょう。そしてみんな、そのパワーをちょこっとだけ分けてもらいに行くんだろうと。

ライブ初心者の掟(東京ドームの場合)

以下、ライブ慣れしている方、特にB’zのファンの方は「そんなん当たり前だろ!」と思われることばかりかもしれませんが、あくまで「ライブ初心者向け」にまとめた情報ということでご理解ください。

①「ライブ開始2時間前から開場」をなめてはいけない

今回の「LIVE DINO SAUR」は、東京や名古屋、大阪、福岡など大都市開催のときは「14:45開場、17:00開演」とありました。初心者は「なんで始まる2時間以上も前から開くんだろ?中で何するの?」と不思議に思います。

東京ドームの入り口

これは…なめると痛いことになります。平常時はガラガラで広ーい東京ドームの、外の入り口付近は2時間前くらいから朝の満員電車のような大混雑状態。ドームに入れても、中もものすごい人で…自分の席にたどり着くまでもめっちゃくちゃ時間がかかります。

最悪なケースだと「ドームにはついてるのに席にたどり着けずライブが始まっちゃう」ということもあるわけです。ギリギリで入って、音楽が鳴ってからもあわてふためいて走っている人もいました。お客さんはみんな踊りだしてるし、あの中で自分の座席が探せるのだろうか…到着時間は要注意です。

②トイレは東京ドーム到着の「二歩手前」で済ませておく

このトイレ問題が特に怖ろしいと思いました(*>_<) 東京ドームは1988年にできたので、1983年開業の東京ディズニーランドとあまり変わらず、大混雑時のトイレ事情があまりよくない。

会場内に数箇所あるようですが(調べても正確な個数が出てこない)、トイレの個室が4つしかないところなどもあり、収容人数に対して極端に少ないのです。

最近の、動線がよく考えられた百貨店の女子トイレのような簡便さもないのか、行列自体も全然動いていませんでした。

行列

写真はイメージですが、開演一時間前には、男性トイレを待つ列ですらこーんな感じの大大行列で、女性トイレの列は何重にもなって、もっとひどかった。チケットを持って一回ドーム内に入ると出られないので、もし緊急を要する場合はどうするんだろう?

後楽園や水道橋の駅のトイレ、ドーム周囲の商業ビルも開演前は同じような大混雑だそうで、トイレはドームの二歩手前のどこかで済ませておくのが鉄則と思いました。

あと、会場内で飲みものも結構売ってますが、それも自分が2時間もつように、調整して飲まないとだめですよね。

ドームのトイレ個数について調べていたら、東京ドームライブの達人の方が、トイレ問題についてこちらのサイトでこんな情報を書いてました。すごい!

*ライブも事前予習が必要*

今回B’zのライブに行けることになって、有頂天で何も考えず行ってしまい、楽しかったのですが…

もっとこういったことも含めてTwitterや他の人のブログで予習しておけばよかった。一番の後悔は、B’zの曲を最新のも含めてもっともっと繰り返し脳内予習しておけばよかった…。

また、会場内の撮影は一切NGでライブ自体はもちろんダメですが、始まる前に観客同士で記念撮影するのも絶対ダメ。係りの人がまんべんなく監視していて、「見つかった場合はデータは消去して即退場いただきます」と繰り返しアナウンスがあり…

あー、それも知ってたら、大混雑してても、小雨が寒くても、ドームの外でもっと撮りまくっておいたのにと思いました…。

後悔先に立たずですが、ぜひ、ライブに行くことがあったら、十分予習して楽しんでください!

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

バックナンバー