食の取材歴20年 フードライター浅野陽子の東京美食手帖

フードライター、食限定の取材歴20年。フードサステナブルが得意。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]icloud.comへ

[キッチングッズ]フードライター絶賛愛用中!100均で買えるキッチン用品BEST3

ダイソーのキッチングッズの画像

(c)asanoyoko.com

フードライター絶賛愛用中の100均キッチングッズ3選

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

今日は100均ショップ・ダイソーで買えるキッチングッズの話。

料理好きのみなさん、ダイソーやワンコインショップは活用されていますか?

ごみ袋や掃除用の重曹、キッチンペーパー、プレゼント用紙袋など「消耗品」は買っている、という方は多いでしょう。

ですが、「ずーっとキッチンで使い続ける道具を100均で買うってどうなの?長持ちしないんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。

 

しかし、そんなことはないのです!

とにかく生活まわり(特に食)のいろんなモノにこだわりたいフードライターの私が、絶賛愛用中の100均ショップのキッチングッズBEST3+おまけを紹介します。

おすすめグッズ1:抗菌まな板シート(L)

ダイソーのキッチングッズの画像

(c)asanoyoko.com

まな板の上にのせる、下敷きのような薄いシートです。

これ、めちゃくちゃ便利!!

私は4枚持っていて、毎日フル活用しています。

パッケージには

「切った食材をそのまま入れやすい」

「臭い移りが気になる食材に」

とアピールポイントがありますが、このグッズの良さはそこではありません(笑)

これを使う最大のメリットは、複数枚持っておいて同時多発的に使うと、1回の食事作りがめちゃくちゃ効率的になることです。

1回の食事作りで、シートだけをどんどん交換していけば1回もまな板を洗わったりふいたりせずに、すべての調理が完成するのです。

たとえば、ある日は

  • 味噌汁用の豆腐と具材を切る(においは付かないが、びちゃびちゃするのでそのままでは他の具材が切りにくい)
  • 夫が自分のチューハイに入れる生レモンを切る、サラダのトマトを切る
  • カレー用の肉と野菜を切る
  • 味噌汁用に入れるネギを切る

といった具合。

まな板そのものを何枚も使えばいいんじゃない?と思うかもしれませんが、まな板ってプラスチックのものはすべるし、どれも結構ぶ厚くて大きいので食洗機にも入れにくく、毎回洗うのが大変です。

しかし、このまな板シートは薄くてすぐ乾きます。

しかも案外丈夫。

食洗機の一番外側に、他のお皿と重ねて入れてもOK。

いろんなサイズがあります。

せまいキッチンに悩んでいる方ほど、この「まな板シートフル活用術」、重宝されると思うのでぜひおためしください。

おすすめグッズ2:まな板

ダイソーのキッチングッズの画像

(c)asanoyoko.com

便利グッズ2つめは上の抗菌シートに合わせて使う、まな板です。

「まな板」というより「ただの木の板」?笑

なんですが……これが、

ダイソーのキッチングッズの画像

(c)asanoyoko.com

こうやって乗せると抗菌シートにぴったりなんですよ!

そして!

 

ラバーゼ 有元葉子のまな板26cm 白箱入

私はまな板にはうるさいほうで、20年くらい前からずーっとこのラ・バーゼや、

OXO まな板 カッティングボード L 食器洗浄 乾燥機 可 ブラック

OXO(オクソー)を愛用してきました。

が、去年の夏、家族で行ったキャンプで、半信半疑で一時的に購入したダイソーのまな板の便利さに目覚めてしまいました。

そもそもまな板シートをどんどん取り替えれば、まな板自体を洗わなくていいのです。

上質なまな板は、カビらせないように丁寧に洗ってふいて乾かして……と管理も大変です。

そしてどんなに頑張ってお手入れしても、長年使っていると、どうしても黒ずみが出てきます。

その点、ダイソーのこのまな板は本当に気楽。

おすすめグッズ3:立方体型の保冷バッグ

ダイソーのキッチングッズの画像

(c)asanoyoko.com

最後のイチ押しはこの保冷バッグです。

これはダイソーの中でも特別価格で500円なのですが、絶対500円以上の価値があります。

ダイソーのキッチングッズの画像

(c)asanoyoko.com

ぱかっとふた部分が全面に開くタイプ。

20cm×40cm×20cmくらいで決して大きくはないのですが、ものっすごい容量が入ります。

魚や肉のパックが5パックくらい、牛乳、ヨーグルト、冷凍食品など4日分くらいの食材をまとめ買いしても全部すんなり入り、保冷され、そして自転車のカゴにスポッと収まるので便利極まりない!

いちごや桃、卵のような食材は一番上にポンと置いて、ふたを締めればほどよく固定され、つぶれません。

小さくたためるエコバッグもいいのですが、スーパーで急いで詰めるとぐっちゃぐちゃにいろんな食材がつぶされて、家に帰ってくると無惨な状態になってることありますよね?

これは1年近く使い倒して、結局内側の布がビリビリにやぶれしまったので処分しましたが、近々また2代目を買い直す予定です。

おまけ:オーブンシートは便利

ダイソーのキッチングッズの画像

(c)asanoyoko.com

そしておまけですが、ダイソーの消耗品は、私はこれだけは買っています。

サイズ違いのオーブンシート2個。

ダイソーのキッチングッズの画像

(c)asanoyoko.com

我が家ではトーストや焼き魚、買ってきた天ぷらの温め直しなどにすべてオーブンレンジをフル活用しています。

オーブンシートはクッキーやケーキを焼く時だけでなく、その際に毎回、オーブンレンジの天板に敷いて使います。

天板も大きくて重くて、食洗機には入らないし、手洗いすると大変で。

ある日「オーブンシートを敷いてモノをのせればいいんだ!」と気づき、それ以来この大容量のダイソーのシートを使っています。

「シートの使い捨て、もったいなくない?」と思うかもしれませんが、両手で抱えるほどの大きな天板(しかも溝があるので汚れが入りやすい)をきれいにするのに、「毎回大量の水と洗剤を使って洗うのと、どっちがエコなんだろう」と考えて、この結論に至っています。

 

ということで、今回は「フードライター絶賛愛用中!100均で買えるキッチン用品BEST3」をご紹介しました。

料理好きの方、ダイソーに行かれた際は、ぜひ試してみてくださいね。

それでは、今日も最高においしい1日を!

 

<こちらもどうぞ(過去記事)>

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com