フードライター浅野陽子の美食の便利帖

食の取材歴20年のフードライター。読書と食べることが好きで仕事になりました。取材やプライベートで訪れてよかった店(合わなかった店は書きません)、気に入った食材、私のレシピ、フードライターの日常などを書いています(仕事の実績はプロフィールを)。

[ショップ]インテリア好き必見!おしゃれすぎる食器がそろう「GENERAL FURNISHINGS & CO.」@千駄ヶ谷

ジェネラルファニシングスアンドコー

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

料理が上手になってくると、食器にもこだわりたくなりますよね。

いいお皿に盛り付けると、料理はそれだけでおいしそうに見えます!

今回は、私が東京で一番好きな、キッチングッズが充実しているインテリアショップを紹介します。

千駄ケ谷GENERAL FURNISHINGS & CO.(ジェネラルファニッシングスアンドコー)です。

おしゃれな注目エリア、ダガヤサンドウにある店です

千駄ケ谷 新国立競技場
ダガヤサンドウ」ってなんのことかわかりますか?
千駄ケ谷駅北参道駅を結ぶ新エリアの総称」です。

歩くとわかりますが、洗練された住宅街の中の商店街という感じ。
おしゃれなカフェや人気のレストラン、アパレルショップなどが密集しています。

ジェネラルファニシングもここに並ぶ一店です。

昨年『タイムアウト東京』でダガヤサンドウ特集↓を書いたとき、夏の間の取材中に偶然、ふらっと見つけました。 

asanoyoko.com

他のインテリアショップにないセンスが凝縮

ジェネルファニシングスアンドコー
ジェネラルファニシングの外観はこんな感じです。

一見なんの店なのかよくわかりません。

おしゃれなガーデニンググッズを扱ってるのかな?と。

ジェネラルファニシングスアンドコー

中に入ると食器がいっぱい!(以下、すべて許可をいただいて撮影しています)

置いてある商品はどれもシンプルで、一見あまりインパクトがありません。

が。

ジェネラルファニシングスアンドコー

ぐるっと店内を見てまわり、お皿を手に取ってみると、
ずっしり、質感から高級感が伝わってきます。

「ここで扱っているものは、どれも本当にいいものなのだなー」としみじみ。
しかもどんなインテリアショップにもない、セレクテッドなめずらしいものばかり。

ジェネラルファニシングスアンドコー

いやー、かっこいい。
これなんか、スライスしたバゲットや生ハムをのせるのにぴったり。

しかもこういうウッドプレート、他のインテリアショップにだって似たようなものはあるけれど、なんか質感、照り、デザインが違うのです。

ヨーロッパの蚤の市で見つけたような本物感というか。

ジェネラルファニシングスアンドコー

室内用のグリーンが充実しているのもここの特徴です。

ジェネラルファニシングスアンドコー
やー、もう、このセンス。
海外っぽいんだけど、でもあくまで日本人の、都会的でおしゃれな人が選んだ、という雰囲気。

食器は特に、モダンで削ぎ落としたセンスなのに色使いが素晴らしく、
すっかりとりこになりました。


ただ、どれもいいものなので決して安くはないです。

全体的な値段感は、

アクタス・センプレ以上、コンランショップ以下。
カッシーナよりはだいぶお安い。

という感じ。

お客さんは、インテリアが好きそうな30代後半〜50代、男女半々。
一人で来てじーっと見ている、という人が多かったです。

ここで去年(散財した)我が家に連れてきたものたち

さすがに気軽に買える値段ではないので、初めて来店した日から3-4回再訪して、さんざん吟味していくつか買いました。

以下、我が家に連れてきたものたちです。

ジェネラルファニシングスアンドコー

すみません、最初だけ食器ではなく小物入れです(大理石だから高いっ汗)

ジェネラルファニシングスアンドコー

グレーベースの我が家に色がぴったりで、さらに入れてみたら3つのリモコンのサイズにもぴったりで泣けた(涙)

ジェネラルファニシングスアンドコー
そしてこのブルーのお皿!
これも見つけた瞬間、心が奪われてしまいました。
フランスや海外のものに見えるけれど、実は京都の清水焼なのです。

TOKINOHA(トキノハ)さんという京都市山科区にある工房で作られたもの。

ジェネラルファニシングスアンドコー

私の尋常でない取りつかれぶりに、心優しい女性の友人2人が、このシリーズをいくつかプレゼントをしてくれました(>_<)

ジェネラルファニシングスアンドコー

料理を入れるとこんな感じ。

和と洋、どっちにも万能なのです。

(現在、この青いシリーズは全品完売)

ジェネラルファニシングスアンドコー

さらにいくつか他のシリーズを自分でも買い足し、作った料理を入れては満足。

左下は「いわしの塩焼き&蒸しただけのじゃがいも」です。

素朴だけどワインにぴったりのつまみ。

ジェネラルファニシングスアンドコー

去年はジェネラルファニシングスのお皿があったので、苦手なステイホームも乗り切れた気がします。

それまで、私は機能重視派で、機能的な白いお皿ばかり集めていました。

が、日常的に目にして使う小物が、自分の気に入ったものだとこんなにも心癒やされるのだと、ジェネラルファニシングスさんと出会って、しみじみ実感したのでした。

 

いかがでしたか。

以上、「インテリア好き必見!おしゃれすぎる食器がそろう「GENERAL FURNISHINGS & CO.」@千駄ヶ谷」について紹介しました。

お店にあるものは全部オンラインショップでも買えるそうです。

が、お店に行かないと良さがどうも伝わらない商品ばかりなので、インテリアが好きな方は千駄ケ谷のお店に足を運んでみてくださいね(ついでにダガヤサンドウのおいしいランチもぜひ!)

「GENERAL FURNISHINGS & CO.(ジェネラルファニシングスアンドコー)]

<こちらもどうぞ(過去記事)>

 

asanoyoko.com

asanoyoko.com