フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]gmail.comへ

フードライターになりたい人へ、最初に読んでいただきたい私のブログ記事4つ

f:id:asano-yoko:20210804221854j:plain

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

気がつけば40代も後半(画像は2020年7月にテレビ出演したときのものです)。

人生で一番好きなのは食べることと本を読むことで、子どもの頃から文章を書くことが得意、そして大人になって自分がキッチンを完全支配できるようなってから(それまでキッチンは実家の母の領域でした)、料理や片付けも得意になりました。

それらを全部まとめたら、いつのまにか仕事になり、フードライターとして長らく活動しております。

「本当にいい仕事してるよねー」「どうやってフードライターになったの?」とよく聞かれるので、何本かこのブログで記事をまとめているのですが、見つけづらいようなので今回それらを一覧できる記事を1本作りました。

(ブログ内の回遊性の悪さは本当に申し訳ありません。そのうち改善します)

とりあえず今回は、フードライターになりたいという方や、「フードライターってぶっちゃけ何をやってるの?」という方が読んでおもしろいと感じていただけそうな記事をピックアップし、アーカイブとしてまとめます。

気になった記事がありましたら、読んでいただければ幸いです。

1.フードライターになるには?食の取材歴20年の現役フードライターが徹底解説します

asanoyoko.com

2021年8月現在、日本で「プロのフードライター」と名乗って活動している女性は何人いるか、正確に把握する手段がないのですが、

  • 食に限定した取材歴20年超
  • 東京で生まれ育ち、現在も東京を拠点に取材・執筆活動を行う
  • 出版業界出身でフリーのフードライターという王道ルートを経験(大学卒業後、新卒で大手出版社に入社→独立)
  • 紙・ウェブ媒体の両方(著名な料理専門メディア)に執筆実績あり

この4つをすべて掛け合わせた、食専門の女性ライターは日本で私だけなのではという自負があります。

現在、ライターの主戦場はウェブですが、10年前までは「取材したことを文章にまとめる」のは長らく出版業界の生業であったわけで。

紙媒体出身の、編集者やデザイナーさん、同業のライターさんたちのスキルは今でも非常に高いです。

ただ紙媒体出身者は、どうしても現在のネット時代に追い付けていないのも実情。

その間を取る形で、長時間かけてまとめたのがこちらの記事です。

「フードライター」と検索すると検索の最上位に上がってきます。

2.フードライターの仕事とは?食の取材歴20年の現役フードライターが完全解説します

asanoyoko.com

 この記事は「フードライター」と検索すると2位に上がってきます。

「おいしいものについて感想を書く仕事って、正直誰でもできるよね?」とよく言われるので、それをまとめました。

フードライターの仕事について、興味がある方はぜひどうぞ。

3.全ウェブライター、ブロガーが読むべき『バズる記事にはこの1冊さえあればいい』

asanoyoko.com

「もともと読書が好きで、文章を書くことが得意だった。でも近年のネット社会に本当についていけない」と悩んでいる出版業界出身のライターの方に読んでいただきたい、とまとめた記事。

デビューしたてのウェブライターの方にもおすすめです。

4.出版業界20年のフードライターが死ぬ気で毎日ブログ更新した結果(3カ月目) 

asanoyoko.com

 これも同じで、紙メディア→ウェブメディアの転換に戸惑っている出版業界出身者向けに書いた記事。

紙出身者や文章がもともと得意な人ほど「ブログで無料の文章を書き続けるなんてありえない」と言うのですが、ブログはやっぱり、あとからじわじわと聞いてきます。

 

ブログを書いて発信し続ければ、いつか誰かがあなたの存在を発見し、思いもよらない出会いが生まれる可能性が多々あります。

おまけ:「フリーランスは見た目が100パーセント」

asanoyoko.com

 そんなにPVを叩き出した記事ではないのですが、4年前に書いて、読んだ人には高評価をいただき、自分でも気に入っている記事です。

おまけ2:「テレビに出たい人必見!もしテレビに出ることになったら、やるべきこと6つ」 

asanoyoko.com

 ブログやSNSなどなんらかの手段でメディア関係者の目に止まり、テレビ出演が叶う、というチャンスは令和の今、誰にでもあります。

ただ一度出演して、二度とお声がかからない、というのはさみしいので、「テレビマンが出演者にしてほしいのはどういうことなのか」ということを解説しました。

「この記事を読んで非常に納得したので浅野さんに出演を依頼した」と言ってくださった某地上波の番組プロデューサーさんもいたので、私の持論は、大きくはまちがっていなかったのだなーと思いました。

いかがでしたか。

今回は、初めての過去のブログエントリーまとめ、「フードライターになりたい人へ、最初に読んでいただきたい私のブログ記事4つ」についてご紹介しました。

興味のある方は、 ぜひ参考にしてみてください。

[裏ワザ]洗うだけじゃダメ!新鮮な野菜をさらにおいしく食べる方法

野菜の画像

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

仕事のつながりで、ある日こんなおいしそうな野菜をたくさんいただきました。

 

今回は、こうした新鮮な野菜をよりおいしく食べる方法をご紹介します。

無農薬・無肥料の高原野菜

ちなみにこちらの野菜は広島県のほぼ中央、標高450メートルの世羅高原にある「エブリイふぁ〜む」のもの。

きのこのジクやもみ殻をまいて3年がかりで土壌を作り、そこで無農薬・無肥料で育てた野菜だそうです。

生食や皮ごとも食べてもOKで、まさにサステナブルな野菜です。

新鮮な野菜をさらにおいしく食べる方法を野菜別に解説

葉野菜の水揚げの写真

そして、そんないい野菜は、最高においしくいただかないと!

というわけで、私が料理人取材で聞いたノウハウを元に、家でもやっている「野菜をよりおいしく食べるコツ」を紹介します。

スーパーで普通に買う野菜も、このように食べると一番おいしく食べられます。

葉野菜は「水揚げ」する

今回いただいた野菜パックのなかにあった葉野菜はこちらでした。

青じそ、ほうれんそう、空芯菜です。

こうした葉野菜は、水洗いするだけでなく、花屋さんで生花を買ってきたときと同じ処理をすると、めちゃくちゃピンピンして生き返ります。

茎をほんの数ミリ落とし、水(水道水でOK)を張ったボウルなどに5〜10分くらい入れて水を吸わせます。

そうすると写真のように、葉がもりもりして、今収穫したばかりのように生き返るのです。

これをお浸しや炒め物にして、調理しましょう。

とうもろこしはなるべく「その日」

これはよく知られていますが、とうもろこしは収穫直後からどんどん糖度が下がります。

なのでなるべく買ってきた当日、むずかしければ翌日には食べ切るのが一番おいしいです。

とうもろこしの加熱は電子レンジが一番です。

こちらを参考にやってみてください↓↓

 

asanoyoko.com

根菜も実は早めに食べるのがおいしい

じゃがいも、にんじんなどの根菜は、とにかく早めに食べ切ることが重要です。

一見長持ちしそうで冷蔵庫でいたみにくいのですが、味の濃厚さはどんどん失われていきます。

たとえばポテトサラダ。

買ってきたばかりのじゃがいもだと味が濃いですが、時間がたったじゃがいもで作ると「あれ、なかなか味が決まらないな」とマヨネーズを大量に使ってしまいます。

 

いかがでしたか。

今回は「[裏ワザ]洗うだけじゃダメ!新鮮な野菜をさらにおいしく食べる方法」をご紹介しました。

いい野菜が手に入った時は、参考にしてみてくださいね。

 

<こちらもどうぞ(過去記事)>

asanoyoko.com 

asanoyoko.com

 

asanoyoko.com 

asanoyoko.com 

asanoyoko.com

[ニュース解説]東京オリンピックの弁当廃棄問題、本当はどう解決すればよかった?

TOKYO2020の画像

2021年7月6日に撮影(東京・八重洲

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

今日で東京オリンピックも開催11日目。

日本勢のメダルラッシュや試合結果の引きこもごも、選手村でのできごとなどオリンピック関連のいろいろなニュースが飛び交っていますが、今回はオリンピックで起きた、この食の問題について書きます。

4000食分の弁当廃棄に批判殺到

オリンピック関連の報道で、最近特にセンセーショナルだったのがこちらの「東京五輪組織委員会の弁当廃棄問題」。

news.yahoo.co.jp

7月23日の開会式で大会ボランティアに用意された弁当4000食分が消費期限前に廃棄されたほか、各会場で大量の食品ロスが生じているそうです。

これには、

  • 単純にもったいない
  • ボランティアの数が減るのを前提に調整できなかったのか
  • オリンピック・パラリンピック大会中のミッションである「サステナブル(持続可能性)」と矛盾している
  • 廃棄する前に困窮する家庭など、必要としている人たちに配れなかったのか

 

などたくさんの意見が出ています。

先日も書きましたが、私は2016年から今回のオリ・パラを通じて食のサステナブルが進むと信じ、取材活動を進めてきました。

サステナブルとは真逆のこのニュースを聞いて、「あーあ」とは思いました。

ただ「貴重な食べ物をムダにして、大会組織委員会、けしからん!」とは思えませんでした。

文句より現場を想像するとパニック

 

私はある1セッション分(バドミントンの下位試合)だけ、観戦チケットに当選していました。

チケットに当選したのが2019年の秋。

そしてチケットを持っていた観戦日は7月28日でしたが、「最終的に無観客が決定しました。楽しみにしていたと当選者の方はすみません、今後順次払い戻しします」という

「おわびメール」が来たのが7月10日。

2年越しでチケットを取ったのに、無観客(&払い戻し)の正式決定が開会式の2週間前。

運営側で、実際にオペレーションを行う現場の方々の混乱と数々の調整……普通にオリンピックを成功させるだけでも大変なのに、このゴタゴタ、一体どれほどの混乱が起きているのか、現場の大変さを想像すると、もうこちらまで心身ともにおかしくなりそうです。

「決めてくれるリーダー」不在が根本的な問題

今回の東京2020大会では、153の国と地域が参加しました。

仕事で参加者20〜30人規模のイベントをやるのでさえ半年がかりで準備し、いろいろ大変だしロスも出てしまうというのに、この国際的一大イベントで開催2週間前まで最終方針が決まっていない、ということが、どれほど現場に負担がかかったかというのか。

誰も経験したことがない、この未曾有の事態。

結論はわからないのだから、有観客でボランティアも多数稼働する前提で、とりあえず発注した結果、余って行き場がなくなってしまったのでしょう。

しかし、前出の開会式当日に出た4000食のロスは、単なる「廃棄」ではなく飼料とバイオガス化処理をして、二次利用したそうです。

これ以上の理想策を求める方は、ご自分が担当者だった場合、方針を確定してくれるリーダー不在の中、さらなる良策を実現できたのでしょうか。

 

<こちらもどうぞ(過去記事)>

 

asanoyoko.com

[片付け話]「片付かない家」で育った私が、30歳からスッキリ片付け上手になった話

キッチンの画像

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

今日は食の話ではないですが、私が料理を作ることや、文章を書くことにも深くつながっていると思う、片付けの話を書きます。

こんまりさん出現以前も以降も、不動の人気がある「家の片付け」コンテンツ。

みなさま、片付けは得意でしょうか?

私は「片付けられない家」で生まれ育ち、ずっと片付けが苦手な子どもでした。

しかし、30歳からある日突然、好きになりました。

(ただし、ミニマリストではありません。新しいモノを買うの、大好きです!)

写真は我が家のキッチンで、料理をしない時間はすべてのモノが外に出ないように収納できるので、こんな感じ。人が来るとよくほめていただきます。

片付けが苦手な方、何歳になってからでも得意になれると思うので、そんな話を紹介します。

モノが捨てられない両親の下、片付けられない子どもに育つ

私は昭和生まれの団塊ジュニアで、両親は戦後まもなくの「モノがない」時代に生まれた世代。

とにかくモノを大事にする人たちでした。

そして「モノを大事にする」とは、つまり「モノがいつまでも捨てられない」のです。

インクがかすれてきたペン、ちょっとほつれてきたTシャツ、何年も活用していない家電などを「まだ使える」「まだ着られる」と捨てずにずーっとためてている人たちでした。

でも毎日生活していると日々新しいモノも買ってくるので、収納しきれないモノがあふれ、家はいつもごちゃごちゃしていました(お客さんが来る日だけ、とりあえず中に突っ込む)。

両親は子どもである私にも「捨ててはいけない」と言い続けてきたので、当然自分の部屋もいつも雑然としていて、自分は「片付けられない体質」だと思い込んでいました。

パイロットのコックピット」理論で片付けに目覚める

しかし28歳で「捨てるのが大好き」な夫と結婚。

そこから私の片付け人生が始まりました。

新婚で住んだ家は実家ほど収納スペースがなかったので、かなり整理しておかないとすぐに足の踏み場がなくなります。

こんまりさんもこの世に登場しておらず、ミニマリストという言葉もなかった時代ですが、捨てることが許されるようになった私は、「片付け」の研究に熱中しました(笑)

「収納指数」でわかる 片づく収納、片づかない収納 (PHPエル新書)

「捨てる!」快適生活―――部屋スッキリの法則 三笠書房 電子書籍

そして目からウロコが落ちた本がこちら!

整理収納コンサルタントの飯田久恵さんの著書です。

不要品は捨てて、自分の家のスペースに収まる容量だけにまとめた上で、

  • 見た目をきれいに整えるのではなく、使用頻度の高いモノから取り出しやすい場所に収納する
  • このルールでキッチン、洗面所、ワーキングデスクなどにモノを納め、理想は「パイロットが座る飛行機のコックピット」のように、「ホームポジションから手を伸ばせばすべてのモノがストレスなく取り出せるように考える」

という飯田式理論には「なーるほど!」とひざを打ちました。

ドラマや映画で見るあのパイロットの、左右と天井までびっしりスイッチやハンドルが並んだイメージ、すごくわかりやすくないですか?

キッチンなら、お箸、ごはん茶碗、お椀、小皿は毎日の食事で必ず使うため、一番取り出しやすい引き出しなどに収納。

登場回数が少ないホットプレート、クリスマスや家族の誕生日でのみ使うケーキ用のロウソクなどは、脚立が必要な高い位置の棚などに入れればとても快適なわけです。

どうしても捨てられない人は「家賃」で計算すると捨てられる

収納ルールがわかったところで、しかし大前提は「モノが家のキャパシティ(収納可能な容量)」にとどめられていること。

まだ使えるモノでも、あふれるなら捨てなくては片付きません。

「捨ててはいけない」家で育った私は、捨てることに最初かなり抵抗があったのですが、この飯田久恵さんの著書の「ものをしまっておくスペースを、家賃換算するといかにムダかわかる」という考え方にも目からウロコが落ちました。

たとえば家賃20万の家なら、家の10分の1の広さの場所にずーっと使わないモノを置いておくのは、そのスペースに毎月2万円ずつ払っているのと同じなのです。

使わないモノをもったいない、といつまでも持ち続けているのと、月2万円をドブに捨てているのとどちらがムダか、ハッとしませんか?

「不器用さん」ほど、片付けると人生がラクになる

ちなみに家が片付くとよいのは、モノがあるべき場所に収納されスッキリしていると、「新しいコンテンツを作ろう」と創作意欲が湧いてくることです。

本や原稿用紙が積み上がった部屋で、身を縮めるようにして作品を生み出している作家や漫画家の方もいるようですが、私は机や部屋が「無」の状態でないと、原稿もブログも書けません。料理も作れません。

一見きっちりして完璧主義のようですが、その逆で不器用なんですよね。

器用でないから、目の前のごちゃごちゃの間を抜って新しいものを創作する、ということができない。

キッチンもすっきり片付いていないと、料理を作ろうという気が起きません。

ごちゃごちゃの状態で「すぐ料理の支度をしなきゃ!」という状況になると、なぜかとてもイライラしてきます(笑)

「料理が苦手」という人も、実はキッチンが片付いてスッキリした状態だったら、案外料理が楽しく、好きになるのかもしれません。

勇気を出して長年使っていない道具や食材を処分し、スペースを作って、そこに普段から使っている道具を使用頻度の高い順に、取り出しやすい位置に納めてみてください。

よく片付いた(またはそれに近い)調理台と、引き出しにモノが便利に収まっている状態を見たら「よーし、今日はハンバーグとポテトサラダでも作ってみるか!」という気分が湧いてくると思います!

ということで、今回は、「「片付かない家」で育った私が、30歳からスッキリ片付け上手になった話」についてご紹介しました。 

要は「片付け下手」はその人の体質やルーズな性格ではなく、「モノの捨て方(捨てどき)」と「納め方」がわからないだけなのです。

家の中がモノであふれ、片付かなくてイライラしている人は、参考にしてみてください。

 

<こちらもどうぞ(過去記事)>

 

asanoyoko.com

asanoyoko.com

 

[レビュー]パスタ大好きフードライターがカルディの生パスタとソース2種を実食してみた(2回目)

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像
こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

今回は、久しぶりの生パスタの実食レポートです。

以前食べ比べ記事をアップした、カルディの生パスタ。

とても気に入ったので今回、別バージョンでもう2種類買って作りました!

選びきれないほどあるカルディの生パスタとソース

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

今回食べたのはこちらです。

パスタ

カルディ「生パスタ  もち麦入りスパゲッティ」

カルディ「生パスタ  フェットチーネ

ソース

カルディ「トマトガーリック」

カルディ「ボロネーゼ」

他にもまだたくさんラインナップがありますが、とりあえず今回は気になったこちらを作ってみました。

そして「どのパスタをどのソースと組み合わせるか」も迷いますが、こんな組み合わせで食べました。

「パスタソース トマトガーリック」×「生パスタ  フェットチーネ」+アスパラガス&しいたけ

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

いくらガーリックが効いていても、シンプルなトマトソースにこの弾力のある太麺は負けてしまうので、素材を少し足しました。

パスタを袋の表示通りゆでながら(塩は入れないタイプ)、下処理したアスパラも一緒に入れて2分くらいゆでます。

生パスタなので、太麺のフェットチーネでもゆで時間5〜6分で時短!

それをやりながら、横のコンロでソースの中身をフライパンで温め、薄切りのしいたけと生クリーム(一人分大さじ3)足して少し煮詰めます。

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

パスタがゆで上がったら、ボウルなどでソースとからめて完成。

画像では、パセリのみじん切りと粗びき黒こしょうもふっています。

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

もっちもちの食感が本当においしい。

にんにく味の力強いトマトソース。生クリームの濃厚さと、きのこの味わい深さが重なってとても合っています。

「ボロネーゼソース」×「生パスタ  もち麦入りスパゲッティ」+半熟目玉焼き

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

そして、別の日に作ったボロネーゼと、もち麦入りスパゲッティー

食物繊維が豊富なダイエット向き食材として、一時期ブームになった「もち麦」。

カルディが生パスタにしたらどのくらいおいしいのだろう、と興味シンシンで買ってしまいました。

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

こちらは、まず最初に半熟目玉焼きを作っておきます。

そして沸かした鍋でパスタをゆでながら(ゆで時間4分!)、同じ鍋でソースの袋も温めます(ソースの袋をよく洗ってから投入)。

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

パスタがゆで上がり、ソースも温まったらボウルでよく合わせ、皿に盛り、目玉焼きをトッピングして完成。

素朴……いわゆる「おうちのパスタ」ですね。

もち麦パスタはなかなかインパクトがあり、「ぼそぼそ」まではいかず食べやすかったですが、でも独特の強い食感はありました。

カルディの肉肉しいボロネーゼなら、この個性的なパスタでも負けていません。

半熟目玉焼きも合いました。

完食するとものすごい満足感。

ちなみに「生パスタ」って量が多く、一人分では食べきれないくらいの量が入っているのですが、カルディの生パスタは控えめのポーションなので女性にもおすすめです。

 

というわけで、今回はカルディの生パスタの実食レポート(第2回目)をご紹介しました。

生パスタはすぐゆで上がる時短料理で、今はソースも充実しているので本当におすすめ。

いろいろ食べ比べてカルディの生パスタはとってもおいしかったので、まだ食べていない方、ぜひ一度お試しを!

 

<こちらもどうぞ(過去記事)>

 

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com 

asanoyoko.com

[道具話]「こんなの欲しかった!」ジャーナルスタンダードファニチャーで見つけた便利な道具3つ

ジャーナルスタンダードファーニチャーの小物の画像

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

取材の合間に、キッチングッズや雑貨の店を見つけては、足を運んでいます。

最近では『業界の垣根』が本当になくなり、ハイセンスなアパレル業界の専門店が、飲食やインテリア業界にも進出し、おしゃれな道具を扱っているのをよく見ます。

今回は、アパレルブランドのジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD)がやっている、ライフスタイル雑貨の専門店「ジャーナルスタンダードファニチャー」で買った、魅惑の道具3つを紹介します。

※広告費、紹介料などは一切いただいておりません。

すべて浅野個人の主観です。

baycrews.jp

1.オリーブウッドのカッティングボード

ジェネラルスタンダードファーニチャーの小物の画像

まずこちら、ずっと欲しかったオリーブウッドのカッティングボードを買ってしまいました。

2年くらい前に、池袋のある肉バルを取材した際、このオリーブのカッティングボードにずらりと「肉寿司」が盛り付けられているのを見て以来、ずーっとほしいなーと思っていました。

オリーブウッドの商品は、この独特の風合いと、耐久性を兼ね備えています。

しかし高くて、なかなか手が出ない(涙)

ですが!7月はどの店もセール期間で、20パーセントオフになっていたので、見つけて即買い。

生ハムやチーズ、ドライフルーツ、スライスしたパンを盛り付けると、なかなかです。

2.新潟県燕(つばめ)市産、 conTe(コンテ)のざる&トレー

コンテのざるとトレーの画像

材料の下ごしらえにはずっと「角バット派」だったのですが、これもお店の売り場で手にとって、目を奪われてしまいました。

日本のステンレス商品の名産地、新潟県燕市(つばめし)発のブランド、「conTe(コンテ)」のまかないシリーズのざると丸バットです。

conteのざると丸バットの画像

このブログでもたびたびアップしていますが、私は10年以上「角バット」を愛用していました。

便利なのですが、食洗機には入れにくいのが悩み。

そしてジャーナルスタンダードファニチャーで見た、このconTe(コンテ)の丸いシリーズを見て、「これだ!」と。

conteの丸バットシリーズ

大中小の全3サイズあり、画像は小(直径14cm)と中(直径18cm)です。

薄くて軽くて、ふちの巻き込みがないので便利です。

食洗機・乾燥機OK、そして形状も、食洗機にとても入れやすいのが特徴です。

conte

材料をのせるとこんな。

軽く水洗いして、ちょっと水切りしておくと、下ごしらえが格段にやりやすい。

もう一個上のサイズ(大・直径22.7センチ)もあり、結局こちらも入手してしまったのですが、この小・中のサイズがとても使いやすいです。

3. ハンディーワイパースタンド

ハンディーワイパースタンド

そして最後は冒頭の画像のこちら。

「これ、一体なんの道具?」と思った方も多いのでは?

ハンディーワイパースタンドの画像

これは「ハンディーワイパースタンド」です。

わかりますでしょうか?

ハンディワイパースタンドの画像

こうやって使います!

ドラッグストアに売っている、長さ30センチくらいの家のホコリ取り。

ふわふわのハンディーモップです。

これを「カッコよく収納するための道具」。それだけ(笑)。

「なんでこんなモノをこだわって、わざわざ……」と思うかもしれませんが、家の毎日の掃除の大原則は、「家中のホコリをこまめに取る」こと。

リビングの飾り棚、テレビ台、キッチンの引き出しの取手、ドアノブ、ガス台の換気扇など……ふと気づくと、家の中は常にホコリであふれています。

ナチュラルおそうじ大全

私が家掃除のバイブルにしているこちらの本で、「掃除の大原則=まずホコリを取る」ことの大事さ、特にキッチンは「料理で出る油と、ホコリが結合する前に取るのが必須」と学びました。

それには「常に手の届く場所にハンディモップがあるのが必須」で、これが最適な道具だったのです。

モップを入れて、出しっぱなしにしておいても、我が家のグレー系のインテリアになじんでまったく気になりません。こういう非常にニッチな需要を満たす道具、なかなかないのです!

 

というわけで、今回は、「ジャーナルスタンダードファニチャーで買った道具たち3つ」についてご紹介しました。

お店によっては、まだ扱っていて、セール品になっているかもしれません。

異業種のアパレルブランドが出したキッチン道具や生活雑貨かもしれませんが、デザインがスタイリッシュで活用度抜群!

同じ悩みを持つ方、 ぜひ参考にしてみてくださいね。

<こちらもどうぞ(過去記事)>

 

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

 

[ショップ]創業200年の老舗なのに新しい、銀座の煎餅カフェ「MATSUZAKI SHOTEN」

MATSUZAKI SHOTENの画像

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

7月21日に東銀座に移転オープンした、MATSUZAKI SHOTEN(旧店名「銀座 松﨑煎餅」)に行ってきました。

今回はそのレポートです。

江戸後期創業、200年の老舗店が移転リニューアル

MATSUZAKI SHOTENの画像
松﨑煎餅の創業は江戸時代後期の文化元年(1804年)。

卵をたっぷり使った、ほんのり甘い瓦(かわら)煎餅が目玉商品の煎餅専門店です。

MATSUZAKI SHOTENの画像
以前の店舗は銀座5丁目にありましたが、今回銀座4丁目の歌舞伎座の真横に移転し、リニューアルオープン。

店内には今までの歴史を伝えるモノクロ写真も飾られています。

MATSUZAKI SHOTENの画像

ミュージシャンでもある代表取締役の松﨑宗平さん

今回のリニューアルオープンのコンセプトは「煎餅を軸とした新たなエンターテインメント創造する」とのこと。

せんべいの専門店であり、さらに店内にカフェも併設した新しいショップです。

 

一見、老舗企業の社長に全く見えない(?)、ファンキーな松﨑さん(でも経営者として、お店や銀座の街について語り始めると熱い!)。

MATSUZAKI SHOTENの画像

のれんや店内の照明などいたるところに、テーマカラーのふじ色(紫色)が使われています。

「老舗なのに新しい」感が感じられる色です。

広報ご担当のHさんがこののれんと同じネイルをされていて、こんなモデルもお願いしてしまいました。

屋外で太陽の光が当たると、さらに美しい!

江戸時代から名物の瓦煎餅とコーヒー、スイーツを楽しめる店

MATSUZAKI SHOTENの画像

MATSUZAKI SHOTENの画像

店内には瓦せんべいを筆頭に、いろいろなせんべいがずらり。

MATSUZAKI SHOTENの画像

こちらは2020年にリリースされた「やわかたこい。」シリーズ。

私も別の取材企画で記事を書いたことがありますが、ぬれせんべいの独特の食感と濃厚な味がおいしくて好きです。

この後、自分と友人用のおみやげに購入しました。

MATSUZAKI SHOTENの画像

そして、今回店内のイートインスペースで食べたものです。

左:「宇治金時 825円」(夏季限定)

長野県産の天然氷を使った宇治金時かき氷。

右:「松﨑ろうる with ぎんざ空也(空いろ)385円」

あんこと白玉をやわらかい瓦せんべいで挟んだ“せんべいスイーツ”とのこと。

 

どちらも、同じ銀座にある老舗和菓子店「空也」とコラボした商品で、あんこと天然着色料で色付けした白玉やだんごを添えています。

おもちゃのような面白い見た目ですが、もちもちの食感、優しい甘さでおいしかった。

 

MATSUZAKI SHOTENの画像

ちなみに、訪れた当日はちょうど梅雨明け、めちゃくちゃ暑い日で………

今年初めてのかき氷でしたが、気温に合っていて最高でした!

さっぱりして頭が痛くならないかき氷です。

MATSUZAKI SHOTENの画像

店内でコーヒーだけを飲むこともOK(ホットコーヒー550円、瓦せんべい1枚付き)。

MATSUZAKI SHOTENの画像

コーヒーを飲むだけでもよし、またはギフト選びの合間に、カフェ休憩してもよし……歌舞伎座の真横という便利な立地で、幅広い楽しみ方ができるのではないでしょうか。

MATSUZAKI SHOTENの画像
歌舞伎座の本当に真横にある店舗。

カフェというより「茶屋」のイメージに近いかな?

ほっと一息つける新スポットという印象でした。

東銀座に行かれた際は一度のぞいてみてはいかがでしょうか。

MATSUZAKI SHOTENのせんべいの画像

おまけ:この日自分のおみやげ用に購入したぬれせんべいと瓦せんべい。

「MATSUZAKI SHOTEN]

 

<こちらもどうぞ(過去記事)>

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com