食の取材歴20年のフードライターです。日々レストランとレシピを探求中です。イタリアンと魚が好き。

ミシュランのうどん店「香川 一福」と大手町フィナンシャルシティでの衝撃

香川 一福

先月、自宅にいたのに、私の不注意で娘(3歳)が大けがをしてしまいました。
保育園は長期休園になり、突然ふってきた対応に追われてあまり記憶がないような一カ月でしたが、その話はまた後日に…。

そして久々のレストラン訪問です。
今日はミシュランの低価格ライン、ビブグルマンのうどん店「香川 一福(読みは『いっぷく』)」(神田)。

「ぶっかけうどん(冷)」・小480円

香川 一福

人気を見こして、昼11時すぎに到着。2人で行ったのですが、さすがにまだ2人並びで座れるほどの空席はありました。
私が注文したのはこれ、「ぶっかけうどん(冷)」480円。夏でも冬でも冷たい麺大好き、歯ごたえのある食感大好き。

朝ごはんをほとんど食べていなかったので「温泉卵(80円)」、「とり天(110円)」も追加トッピング。
それでも合計660円なので、安いわあ〜\(^0^)/

麺のこしが強いが、固すぎない

お店では「ノビのあるコシ」にこだわっているそうで(サイトより)、たしかにとても弾力はあるけど、ほどよい。
噛むのを忘れて急いでつるつる食べ進めても、胃にドカンとたまる、あの苦しい感じがないです。
最後までおいしく快適に食べられました。

香川 一福

だしはちょっと甘め。好きな味。
でもやっぱりうどんは、うどん自体のおいしさが一番大事よね。

そして「とり天」(鶏の天ぷら)が熱々ジューシーで、肉の旨味もあり、すっごくおいしかった!
ちなみにぶっかけうどんには大根おろしとなぜか“レモン”が添えられているのですが、このレモン、麺に必要なのかな・・・(^^;
一応うどんにかけてみたけれどいまいちピンとこず、結局とり天にかけて活用しました(笑)

次回は名物「カレーうどん」を。

一緒に行った人は、お店名物の「カレーうどん」を注文し、おいしいおいしいと連呼していました。
和牛と野菜のフォンドボーをだしに使い、仕上げにバターをのせた超こってり系。
お店でも注文率が高かったので(特に男性)、次回はこちらを食べてみたいなー。

平日11:50時点で店外に20人の行列!

食べ終わってとても満足して店の外に出たら、35度の猛暑なのに、まだ12時前なのに(!)20人くらいの行列ができていてびっくり!
よくビジネスマンが多いエリアでランチ開拓しますが、12時前でこんなに人が並んでいたお店は初めてです。
回転は早いけれど、並びたくない人は、すっごい早くか遅くを狙った方がよいです。

初の神田免許センターで更新(新宿よりいい)

神田免許センター

一福さんからそのまま、運転免許の更新に「神田免許センター」へ。一福から歩いて4-5分で来られ、近いです。
いつも更新は毎回、新宿の都庁にある免許センターに行っていましたが、神田の方がずっと空いているのね。今度から神田にしよう。

講習まで時間つぶしに歩いてみたら…

手続きはすぐ終わって、あとはビデオを見たり、お約束の講習受講。
ところが「申し訳ないけれど次の講習まであと40分くらいあります」と言われ、時間つぶしに外に出て、本屋さんを探しました。

大手町フィナンシャルセンター

そうしたらすぐ近くに「大手町ファイナンシャルシティ」があり、マーケットなども出て楽しそうだな、とふらっとのぞいてみたら・・・
びっくり。テラス席が外まで張り出して、特に食事をしなくても座れる屋外ソファがあったり、スタンディングバーがあったり…

大手町フィナンシャルセンター

 

ちょうどランチタイムまっただ中だったので、みなさんゆったり食事したり、しゃべったり、仮眠したり。

大手町フィナンシャルセンターお酒っぽいものを飲んでいる方もいて、東京のオフィス街ではなく、ヨーロッパのどこかの街中のように、ゆったり自由に過ごしていました。

 

私は大学卒業からずーっとマスコミ業界にいますが、新卒で入った出版社はまあ堅い会社で。
昼休憩は正午〜13時きっちり、行くお店もそんなテラスなどは皆無、ランチタイムそのものが「ゆるさ」や「自由」とは無縁の環境だったので、私が新卒の時から約20年経ち、こんなビジネス街の風景を当時見たら、びっくりするんだろうなーと。

これからさらに20年後、一体どんな働き方をしているんでしょうね?まず通勤そのものがなくなるのかもしれないなー。

************************
香川 一福
(「神田」駅または「小川町」駅から徒歩5−6分)
http://www.udon-ippuku-kanda.com/
03-5577-3644
豊島区東池袋1-7-10 鳥駒第一ビル3F
通し営業:11:00-20:00
定休日:日/第一月曜
************************

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

カテゴリー

バックナンバー