フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]gmail.comへ

[レシピ]今が旬!ホットクックで作る超簡単いちじくジャム

いちじくジャムの画像

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

スーパーにいちじくが出回る季節になりましたが、食べたことありますか?

意外と味がぼやっとしているので、生よりジャムにするほうがおいしいです。

作り方は超簡単。

ホットクックで作れば、さらにほったらかしであっという間にできます。

今回は、ホットクックで作るいちじくジャムのレシピを紹介します。

 

*我が家のホットクックはこれ↓KN-HW16F-W

シャープ 水なし自動調理鍋 1.6L ホワイト系SHARP ヘルシオホットクック KN-HW16F-W

 (上の画像はAmazonへのリンクです)

楽天市場ならこちらを(「ビックカメラ楽天ビック)」のリンクです)。

ホットクックで作る超簡単いちじくジャム

[材料]作りやすい分量(いちじく1パック分)

いちじくの画像

  • いちじく 1パック
  • 砂糖
  • レモン汁 大さじ1(レモン約1/2個分)
  • ブランデー

砂糖はいちじくの正味量(へたなど食べない部分を除いた分量)の重さによるので、あとで計算します。

他のフルーツのジャムも同じですが、私は41〜42パーセントくらいが一番おいしいと思っています。

[作り方]

 

いちじくの画像

  1. いちじくを洗い、水に15分ほど放ち、汚れを落とす。

    いちじくの画像

  2. 表面をやさしくこすり洗いしたらヘタとお尻を切り落とす。全体をよくみて、カビがあったら大きめに取りのぞく。
    タテ半分→皮ごと1cm弱くらいの厚さに切る。

    いちじくのジャムを作る画像

  3. はじめにボウルだけをキッチンスケールにのせてゼロにリセットし、いちじくを入れて正味量を計る。

    いちじくのジャムを作る画像

    いちじくのジャムを作る画像

  4. 色が変わりやすいのですぐレモン汁大1を全体にかけ、いちじくの正味量の41〜42パーセントで計算した砂糖を入れてまぶす。
    今回は正味量338グラム×0.42≒142グラムの砂糖を使います。いちじくのジャムを作る画像
  5. そのまま15分以上置いて砂糖を溶かす(一晩冷蔵庫に入れてもOK)。

    いちじくのジャムを作る画像

  6. ホットクックの内がまに出てきた果汁ごと全部入れる。

    ホットクックでジャムを作る画像

  7. メニューを選ぶ→カテゴリーで探す→お菓子・その他→ジャム(キウイ)→スタートで開始。
    使ういちじくの量にもよりますが、40分くらい自動で加熱します。

    【ホットクックではなく、普通の鍋で煮る方法】
    ホットクックを持っていない方は、鍋に入れて一度煮立たせ、ふつふつする程度の強めの中火にかけ、焦げ付かないようにまぜながら10分ほど煮ます。市販のジャムのより一段ゆるめくらいになったら完成。

    ジャム用のビンを消毒する画像

  8. ホットクックがジャムを煮ている間、ジャムを入れるビンを消毒しましょう。
    意外と量ができないので、フルーツ100gに対して市販のジャムのビンくらいのサイズ1個ずつ用意すると、ちょうど収まります。
  9. 空きビンを角ザルにのせ、熱湯を沸かし口まで入れて、裏返したフタにもかけます。
    さわれるくらいの熱さになったら、なるべく中に触れないように気をつけて、水を捨てます。毎回少量ずつ作ってすぐ食べ切るので、あんまり神経質にならなくても大丈夫です。
    画像にはないですが、ジャムをビンに注ぐお玉や大きめのスプーンなどにも熱湯をかけて消毒しておくとラクです。

    いちじくのジャムを作る画像

    いちじくのジャムを作る画像

  10. そして加熱終了。ただこの時点ではまだゆるいので、再加熱します。

    ホットクックでジャムを作る画像

    ホットクックでジャムを作る画像

  11.  手動で作る→煮詰める→時間を設定(5分)→スタート 。
    ふたは開けたまま、スタートして加熱し、水気を飛ばします。ホットクックはこれができるのがすごい!

    いちじくのジャムの画像

  12. よさそうな硬さになったらビンの口ぎりぎりまでジャムを注ぎ、ふたをしめ、すぐ逆さまにします(こうすると脱気できます)。
    保存期間は未開封なら常温で1年、開封後は毎回清潔なスプーンを使い、冷蔵庫保存で10日くらいです。
    焼き立てのバタートーストと一緒にどうぞ。

    スコーンの画像

私はスコーンを焼きました。バターを入れた生地にいちじくジャムは合いますねー。

スコーンとジャムのプレゼントの画像

 少しだけ、仲良しの女友達におすそ分けしました。

 

いかがでしたか?

今回は「ホットクックで作る超簡単いちじくジャム」についてご紹介しました。

いちじくは今の時期から9月くらいまで出回ります。

ぜひ一度、作ってみてくださいね。

今日も最高においしい1日を! 

<こちらもどうぞ(関連記事)>

我が家のホットクックはKN-HW16F-Wですが、これを選んだ理由をまとめました。サイズ、機種選びで迷っている方はご参考に。

asanoyoko.com

パナソニック電気圧力鍋とホットクック、どちらを買おうか迷っている方はこちらもどうぞ。

asanoyoko.com

 <ホットクックで作ったものです(反応が多かったレシピを抜粋)>
そのほか、ホットクックのレシピ一覧はこちらから(私のオリジナルです)。

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com