食の取材歴20年のフードライターです。日々レストランとレシピを探求中です。イタリアンと魚が好き。

人気ハンバーガー店のテイクアウトに失敗し、家でハンバーガーサンドを作ったら旨うま。

家でサンドイッチ_メンチのせ2

今回の土日は、とても天気がよかったですね!

家族で朝から近所の大きめの公園に出かけ、人気のハンバーガー店でテイクアウトをして
また公園に戻って昼ごはんにしようと思ったら・・・
週末はテイクアウト不可とのこと(>_<)

時間はちょうどお昼どき。人気のお店なので、イートインは相当並ばないとムリな状況。
そしたら子供が自転車の上で寝込んでしまい、あー、こりゃ家に戻って何か食べるしかない。

ポテトもハンバーガーも食べたかったよ〜と思いながら自転車をこいでたら、ふと
「そっか、自分で作ればいいんだ!」と思いつきました\(^0^)/

家に帰って、まずポテトを揚げる

ポテトフライいやー、この「食への執念」、我ながら本当に強烈だと思います(^^;
自分が好きな「食」と、「文章を書くこと」の両方がお金になる(わずかだけど)、
「フードライター」という仕事は天職だなあ…と思いながら、家に帰ってすぐポテトを揚げる。

ポテトは、生のじゃがいもから揚げるつもりだったのだけど、帰り道ダンナさんがスーパーで
市販のシューストリングポテト(冷凍)を買ってきてくれたのでそれを使用。
180度で2−3分、とあったけど、足りなくて190度で二度揚げしたらからりと完成。

次にパンをトースト。耐熱ミニボウルなら、一緒に溶かしバターもできる

家でサンドイッチ_パン焼き

我が家には「トースター」がありません。欲しいけどキッチンがせまいので。
魚焼きグリルで、食パン(6枚切り)をトーストし、一緒に溶かしバターも作ります。
家でサンドイッチ_パン焼き23分ほどでこんがり。いい色に。バターもOK。

パン(2枚目)とメンチカツ(市販)を一緒に焼く

家でサンドイッチ_メンチ

ダンナさんがメンチカツも買ってきてくれたので、2枚目のパンと一緒に
こちらも魚焼きグリルへ。市販の揚げ物は、こうして軽くグリル焼きして、
浮いた油をキッチンペーパーでちょこっとふくと、見事に再生します。

パンを焼いている間に、キャベツ(千切り)を冷水にさらす

家でサンドイッチ_キャベツ

家で作るバーガー(サンドイッチ?)は、野菜をもりもり入れられるのが利点。
キャベツを千切りして、冷水に数分さらしてシャキッとさせます。
サラダスピナーにかけ、きっちり水切り。

わたしは10年以上前からOXOのサラダスピナー大(下)1351580を愛用中です。
これは2代目。

 

焼けたパン1枚めに溶かしバター、2枚めにマヨネーズ&からしをぬる

家でサンドイッチ_パン

溶かしバターは、絶対いる!「溶かす」手間が、めんどうだけど、味が全然ちがう!
マヨネーズ&からしだけだと、なんだかものたりないのです。
からしは粒マスタードだと「より洋風」になります。もしあれば。

野菜をいやというほどのせる

家でサンドイッチ_トマト

冷水にさらしたキャベツもりもり、トマトもたっぷり。
マヨネーズをぬった方にのせる(野菜の水気をはじく)。

こんがり加熱再生したメンチをのせる

家でサンドイッチ_メンチのせ

買ってきてそのままのしわしわ揚げ物だと魅力が半減。
魚焼きグリル(かトースター)でカリッと復活させてのせれば完璧!

そして、ソースたっぷり

家でサンドイッチ_メンチのせ2

ソースはお好みで。我が家はとんかつソース(市販)。
辛めが好きならウスター、甘めが好きなら「お好み焼き」ソースでも。

仕上げ!!

家でサンドイッチ_仕上げ

パンをのせて、

家でサンドイッチ_仕上げ2

切る!
…と、ここまではよかったんだが、

盛り付けが、、、

家でサンドイッチ_完成

揚げておいたポテトと合わせたら、お皿の上で決壊(>_<)
この辺が、どうもプロなのに盛り付けがいまいちプロになりきれんわけです、、
メンチの切り方間違えたー!こんな細かく切らんでよかったー(T_T)

でも味は最高\(^0^)/\(^0^)/

家でサンドイッチ_完成2

もりもりの野菜、マヨネーズとソースの量、思いっきり
自分好みのサンドイッチバーガーが完成!
ちょっと我慢して、家で作ってよかった!と思うわけです。
夫婦二人+2歳児が大満足する量で、材料費1000円也。安い〜!

家だと(タダで)こんな工夫もできる

家でサンドイッチ_スイートチリ

個人的に、タイの甘辛いスイートチリソースが大好きで。
ポテトにはケチャップがやっぱりベストな相性ですが、
スイートチリソースも案外合います。そんな実験もできます。

パン(食パン6枚切り)、野菜、メンチ(お惣菜コーナーの)でぜひ、
自作サンドイッチバーガー、ためしてみてね!

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

バックナンバー