食の取材歴20年 フードライター浅野陽子の東京美食手帖

フードライター、食限定の取材歴20年。フードサステナブルが得意。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]icloud.comへ

11月料理教室のご案内&10月開催報告

■11月の料理教室ではこのようなメニューをご案内しています。※参加お申し込みは右上→「このブログの使い方」をクリックしてお進みください。

■11月のメニュー_・里芋と骨付き鶏肉の煮物 白いご飯と合う甘辛こってり味の煮物。今回メイン料理として出しますが、骨付き鶏肉から出る濃厚な「鶏だし」効果か(?)、しっかり味があり、ごはんのおかず・おつまみにもよし。和の野菜・魚介類のあらゆる副菜ともぴったり。冷めてもおいしいです。

・さばとさつまいものから揚げ さば、秋を感じる素材。そして意外にさつまいもとも合うのです。下味をつけて別々に揚げ、一緒に出すだけなのでさば単独でも問題ないのですが、不思議とさばだけだとちょっとさみしい。さつまいものほのかな甘みとともに味わっていただければ。

・ほうれん草とえのきのゆず浸し こってり味のメイン2つに合わせる、さっぱり系の野菜の副菜です。素朴ながらも味わい深い小鉢。秋冬の始まりを実感できます。さらにもうひと手間にはなりますが、こういう小さいおかずがあると食卓全体にメリハリが出ますよね。

__2・簡単スイートポテト 「簡単」と付けてますが、味と見た目はちょっと本格的。パティシエのレシピの手間のかかる部分だけ取りました。持ち寄りパーティー用の一品としてもおすすめです。

・【ワイン】フランス・マディラン地方産の赤 フランス南西部・マディラン地方のワインです。メインに合わせ、鶏肉や鴨料理と相性のよ辛口赤ワインを紹介します。 _2012_10blog■そして先月10月の料理教室はこんな感じで開催いたしました。iphone撮影なのでちょっと暗くてごめんなさい。ガーリックとクレソンを使った「ステーキライス」をメインに、ワインはロゼ。皆さん、楽しんでくださったようす\(^o^)/※当日のメニュー詳細は→こちらへ _2012_10blog_2■毎月ご参加いただいているグループの皆様には本当に感謝です。私自身も皆様のお話を聞きながら、楽しんでレッスンさせていただいています。いつもありがとうございます。m( )m

ワンクリック、ご協力お願いしますm( )m ↓↓↓

フードライター ブログランキングへ

ブログへのご訪問、ありがとうございました。