フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]gmail.comへ

夏休み in 蓼科

先週末から蓼科高原で夏休み中です。テニスしまくりの日々。


子供の頃(たしか私が2歳の時からとか?!)毎年夏、両親、私の妹家族と訪れている蓼科。

癒されます。

海外に行かないと見られないような、深ーい森の中にある田舎。

(私は、アメリカでもイタリアでもなく、ドイツ南部で見た風景にちょっと似ていると思うのだけど…)


「空気がおいしい」とは、なんとも上っ面だけの言葉のように聞こえますが、

ここでは本当に本当にそうなのだ!


あと毎年感動するのは「水」。

水道の蛇口をひねると出てくる水が、キーンと冷たくて、澄んでいて(手でさわるだけなのになぜかそう感じる)…

これも大きな癒しの一つ。


行きの特急電車で、これを読みながら蓼科に行きました。↓↓


浅野陽子クッキングサロン-田舎暮らし



東京生まれ、東京育ちの玉村豊男さんが、長野の田舎に魅せられ、

移住してしまった話。


移住されたのはご自身が38歳の時だったそうで、私も自由業の一人だし

もう書いてあることすべてがドンピシャで心に響き、

今すぐすべてのしがらみを捨て、蓼科に移住したくなりました。


また後日写真をアップします。