食の取材歴20年 フードライター浅野陽子の東京美食手帖

フードライター、食限定の取材歴20年。フードサステナブルが得意。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]icloud.comへ

[コラム連載]『NIKKEI STYLE』(日経電子版)で記事「コロナ禍のミシュラン二つ星店 まかない食が大ヒット」を書きました

日経新聞ウェブ版の記事のスクリーンショット

(c)asanoyoko.com

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

日本経済新聞ウェブ版『NIKKEI STYLE』で、毎月1本コラムを連載中です。

グルメクラブ 話題のこの店 この味」というコーナーで、いまホットな食のトレンドや人気店について紹介しています。

3月19日公開の「コロナ禍のミシュラン二つ星店 まかない食が大ヒット」を書きました。

テーマは「コロナ禍での東京の高級レストランの挑戦」

今回はコロナ禍の営業で、さまざまな工夫と挑戦をされたミシュラン二つ星フレンチの例をご紹介しました。

(どのお店が紹介されたかは、記事をぜひお読みください〜!)

フードライターは日々飲食店を取材し、報道していますが、リアルに商売をしたことはありません。

飲食店にとって一番嬉しいことは「いろんなお客さんに来てもらって売り上げが上がる」ことです。

が、この状況下で「どんどん行ってください!」と言うのも難しく。

閉店の看板の画像

photo-ac

コロナ禍で苦しむ飲食店の皆さんに「大変ですよね」「早く元に戻ってほしいですよね」と実質的に何の役にも立たない声がけしかできず……

自分の無力さを感じました。

しかし今回、記事のためのインタビューで二つ星シェフの不屈の精神と逆境の中からアイデアを生み出す技を伺いました。

このお店はミシュランが日本に上陸した2008年から10年以上二つ星を維持しています。

「やっぱり結果を長く出し続ける人は、どんな状況でもあきらめず常に前を向くんだ、いつかそれが形になって世の中から評価されているんだ」と感じ入りました。

その辺りのことは記事に詳しく書いたので、読んでいただければ嬉しいです!
NIKKEI STYLE「話題のこの店この味」2022年3月19日公開記事
コロナ禍のミシュラン二つ星店 まかない食が大ヒット


いよいよ東京も3/22火からまん防宣言解除に〜!

飲食店でマスクなしで楽しく人と会える日が早く来ますように。

それでは、今日も最高においしい1日を!

 

<こちらもどうぞ(過去記事)>

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com