フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]gmail.comへ

[レビュー]パスタ大好きフードライターがカルディの生パスタとソース2種を実食してみた

ウニクリームパスタの画像

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

前回の成城石井の生パスタ食べ比べ記事([レビュー]パスタ大好きフードライターが成城石井の生パスタとソース2種を実食してみた)が好評で、多くの方に読んでいただけました。

成城石井ときたら、カルディも食べないと!ですよね。

今回は、カルディの生パスタの実食レポートを紹介します。

カルディは生パスタもソースもオリジナルブランド

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像
今回食べたのはこの2種です。

カルディ「ペペロンチーノソース」×「生パスタ  スパゲッティーニ(細麺)」

カルディ「パスタソース ウニクリーム」×「生パスタ  スパゲッティー

組み合わせは完全に私の好みなので、これで決まっているわけでは全然ありません。

ソースも、他にもいろいろ種類があり、これはほんの1例です。

では、今回も冷蔵庫の残りおいしい厳選素材を足して、アレンジして作ってみます!

「パスタソース ウニクリーム」×「生パスタ  スパゲッティー」+枝豆&イクラ

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

まずはこちらのウニソース&やや太麺から。

パスタをゆでて、ソースを温めてあえればOK、なのですが、それだと単純すぎるので、冷蔵庫の具材でひと工夫します。

枝豆とイクラしょうゆ漬けをプラスします。

枝豆をゆでる画像

最初に湯を沸かして枝豆を20さやくらい塩ゆでします。

5分くらいゆでたら、枝豆だけ取り出します。

枝豆はさやから豆を取り出し、半分くらい刻みます。

枝豆をゆでた湯はソースを温めるのに活用します。

この湯を沸かし直し、ソースの袋を入れて5〜6分温めます。

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

別の鍋に湯を沸かし、パスタを4分ほどゆでます。

カルディのパスタは、ゆでるのに塩は不要。

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

ソースを温めながら、ボウルものせて一緒に温めます。

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

パスタがゆで上がったら、この温めたボウルを出して、パスタの湯を切って入れます。

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

そこに温めたソースを入れて、

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

枝豆(半量)も入れて、よーくまぜます。

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

皿に山高に盛り付けて、イクラしょうゆ漬けをトッピング。

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

残り半量の枝豆もトッピングし、できました!

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

ウニクリームソース、やや甘めだけど濃厚でおいしい。

そして、パスタがもっちもちでおいしい。味わい深いです。

生パスタが好きな人は、ぜひこの麺を食べていただきたい!

130gなので、ちょっと量だけ多いかな……100gバージョンを作っていただきたい〜。

「ペペロンチーノソース」×「生パスタ  スパゲッティーニ(細麺)」+にんにくチップ&ブロッコリー

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

そして、別の日に作ったペペロンチーノ&細麺。

これはにんにくチップとブロッコリーを足して食べごたえ&見た目アップします。

こっちの方がアレンジは簡単です。

にんにくチップを作る画像

パスタの湯を沸かしながら、にんにくチップを作ります。
冷たいフライパン(玉子焼き用の小さいフライパン)に、オリーブオイル大1〜2とにんにく薄切りを入れ、弱火でじっくり香りを出します。

にんにくチップを作る画像

このくらい、こんがり黄金色になるまでが目安。

少し時間がかかるので、この間、ブロッコリー1/4株を小房に分け、さらにタテ半分に切って準備しておいてください。

にんにくチップができたら、キッチンペーパーにとって油を切っておきます(にんにくの香りがついたオイルはそのまま取っておく)。

ブロッコリーをゆでる画像

ここからが早いです!

湯が沸いたらまずブロッコリーを入れてタイマー3分セット。

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

3分後、同じ鍋にパスタも入れてゆでます。タイマーを2分にセット。

このレシピは、パスタよりブロッコリーを長めに(計5分)ゆで、ブロッコリーがフォークで簡単につぶせるくらい、柔らかめにゆでるとソースとのなじみがよいです。

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

この間にまた、ボウル温めを忘れずに。

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

ゆで上がったら、温めたボウルにパスタとブロッコリーの湯を切って入れ、ペペロンチーノソースを入れます。

このソースは湯で温めず、そのまま使うタイプです。

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

その上からさっきのにんにくオイルを入れます(ペペロンチーノソースの袋裏面の作り方にあります)。

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

よーくまぜます!

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

皿に盛り、にんにくチップを飾り付けて、できあがり!

これも、おいしい!

ソースがものすごくシンプルに見えますが、意外としっかりした味付け。

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

もちもちのパスタとも相性がいいです。

こっちは、同じ130グラムなのに、おいしくて一皿ぺろっと完食していまいました!

 

いかがでしたか、今回は、成城石井の生パスタに続き、カルディの生パスタとソース2種の実食レポートをご紹介しました。

カルディの生パスタとソース、かなりレベル高いです!

生パスタが好きな方はぜひ、作ってみてくださいね。

今日も最高においしい1日を!

 

<こちらもどうぞ(過去記事)> 

asanoyoko.com

 

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com