フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]gmail.comへ

[レストラン]おしゃれシックな空間で確かな美食イタリアン「ビオディナミコ」(渋谷)

渋谷の隠れ家イタリアン、ビオディナミコの画像

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

 

外でも家でも、ほぼ毎日イタリアンを食べている私。

今回は、渋谷のおしゃれシックな隠れ家イタリアン「ビオディナミコ(biodinamico)」でパスタランチを食べてきました。

その訪問レポートです。

おしゃれシック、と内観の良さを書くと「本当に味もおいしいの?」と懐疑的になる人も多いですが、パスタは個人的にとても好きでした。

渋谷駅から徒歩6〜7分、ビブグルマン獲得店も抱えるサローネグループの1つ

渋谷の隠れ家イタリアン、ビオディナミコの画像

渋谷駅から少し歩きます。

パルコ近く、アパレルショップが集まる一角のビル3階にこっそりあるイタリアン。

この辺で働いている人じゃないと、ここにこういうお店があるって気づかない。

まさに隠れ家ですね。

渋谷の隠れ家イタリアン、ビオディナミコの画像
店内には個室もあります。

ミシュラン東京2021年ビブグルマン獲得のロットチェント茅場町)や、日比谷ミッドタウン内のサローネ トウキョウなど、人気店を運営するサローネグループが運営しています。

老舗製麺所の浅草開花楼とコラボした“もっちりパスタ”が名物

渋谷の隠れ家イタリアン、ビオディナミコの画像

ミシュランと並ぶフランスの美食ガイド「ゴ・エ・ミヨ」2年連続認定店

ランチはパスタセット3種と、チキンサラダランチ1種から選択。

ここは「低加水パスタフレスカ(=水分量を極限まで抑えて加工した生パスタ、通称『カラヒグ麺』)」というオリジナルパスタが名物です。

都内の有名つけ麺店などに麺を下ろしている老舗の製麺所(浅草開花楼)とコラボして、南イタリアのおいしい手打ちパスタを開発したそう。

ちょっと質問したら、ソムリエが丁寧にメモを書きながら説明してくださいました。

ホールスタッフの方が、自分のお店のメニューを一生懸命語ってくださる姿って、とても好印象。

渋谷のイタリアン、ビオディナミコのランチの画像

そして料理が到着。

セットのサラダとパンです。

サラダは一見普通っぽいけれど、野菜の種類、カットなど、食べると凝っているのがわかります。

渋谷のイタリアン、ビオディナミコのランチの画像

続いてパスタ。

「若鶏とチェリートマトのラグービアンコ」を選びました。

この日は「ズッキーニ・ミントソース カラスミパン粉がけ」と「トスカーナ風辛いトマトソース」の3択からのチョイスでかーなり迷いました。

渋谷の隠れ家イタリアン、ビオディナミコのランチの画像

鶏肉がゴロゴロまざったパスタに、プチトマトの酸味とハーブ(ローズマリー)の香りが重なって、深い味。

低加水パスタのもちもち感も美味。

パスタランチは麺の量が100グラム、150グラム、200グラム(これだけ追加料金330円)と選べます。

100グラムにしたらちょうどいい感じでした。

食後、お腹にドカンと来ないのもいいです。

女性同士の集まりにぴったり。子連れもOKだけれど大人同士でぜひ。

店内のこの雰囲気、メニュー、味、トータルでまさに女性好みの感じ。

私が来店した時間が11時台で早めでお客さんは少なかったですが、楽しそうにランチをしている女性2人連れが何組かいました。

個室は子連れもOKだそうで、ママ会にも重宝しそうですが、ここは大人同士で利用したいお店ですね。

夜はキッチン内の薪火で焼く肉や魚のグリルも名物だそうで、あとワインを飲む方にはナチュールワインのペアリングもあり。

夜にまた、仲のいい女友達と来ます。

 

いかがでしたか。

「おしゃれシックな空間で確かな美食イタリアン「ビオディナミコ」(渋谷)」についてご紹介しました。

渋谷でイタリアンのランチを楽しみたいと思ったら、ぜひ行ってみてください。

今日も最高においしい1日を〜!

 

ビオディナミコ]

<こちらもどうぞ(過去記事)>

asanoyoko.com

 

asanoyoko.com

asanoyoko.com

 

asanoyoko.com