フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]gmail.comへ

[メディア掲載]英ロンドン発『Time Out TOKYO』で特集記事「東京、野菜たっぷりテイクアウトデリ5選」を書きました

英ロンドン発、東京に住む外国人や、来日する海外観光客向けの情報を集めたメディア『TimeOut TOKYO(タイムアウト東京)』に記事を書きました。2019年6月27日に公開されたばかりの「東京、野菜たっぷりテイクアウトデリ5選」という記事です。

『TimeOut TOKYO(タイムアウト東京)』とは

タイムアウト東京
『TimeOut(タイムアウト)』とは、英ロンドンで1968年に創刊した総合お出かけメディアです。『TimeOut LONDON』から始まり、いまでは世界108都市、39カ国で発行。各街のエンタメイント・食・ライフスタイル情報を日英の2二か国語で発信しています。
東京版の『TimeOut(タイムアウト)』では、花火大会、もちつき大会など季節のイベントやレストラン情報、音楽ライブ、美術館、クラブで開催されるDJパーティーのような情報まで、「東京での遊び方」をあらゆる角度から紹介し毎日更新中です。ウェブ版と雑誌版があり、年4回発行。東京メトロのインフォメーションカウンターや成田・羽田空港で入手できます。

日々便利になっている都内のデリ専門店を紹介

タイムアウト東京

私の担当はもちろん食で、こちらが6月27日に公開されたばかりの「東京、野菜たっぷりテイクアウトデリ5選」という特集記事です。昨今、東京のデリは日々しのぎをけずり、めざましく進化中。

昭和の時代はスーパーや肉屋さんの、家庭風の「お惣菜」だけだったのが、20年前に「デパ地下のデリ」が台頭。PARIYA(パリヤ)のようなデリ専門店が現れ、近年はコンビニでもおにぎりやサンドイッチ以外のサラダ、煮物、小おかずもどんどん磨きがかかっています。

お店側は日々競争が激化し、大変だけれど、私たちお客側は便利で楽しい時代になったなー。そんな思いをいろいろ込めて書きました。

デリの便利な使い方、最新事例

ホームパーティー

特に最近、食の世界では「ギャザリング(食べものやドリンクを誰かの家に持ち寄って、構えず気軽にホームパーティーすること)」が欠かせないキーワード。ギャザリングにもデリはとても便利です。

私自身、デリが一番役に立ったのが出産後1年くらい。実家のサポートなしに子育てする人にとって、出産後まもないこの時期は、不安や孤独で人と会いたくなる時期です。

しかし人を呼んでも、おもてなし用の料理を作る余裕はとてもなく、そういうときにデリを買ってきてもらいました。招く側も、招かれる友人側も、お互いに負担を感じないのでとても便利でしたね。

ということで、読んでもらえたら嬉しいです!