フードライター浅野陽子の美食の便利帖

食の取材歴20年のフードライター。読書と食べることが好きで仕事になりました。取材やプライベートで訪れてよかった店(合わなかった店は書きません)、気に入った食材、私のレシピ、フードライターの日常などを書いています(仕事の実績はプロフィールを)。

[レシピ]白子のカリカリフライ、バルサミコがけ

白子フライ白子は好きですか?

魚売り場で見つけて、おいしそうだなーと思っても、どうやって料理すればいいのかわからないので結局スルー……という方は多いのではないでしょうか。

白子の処理はとても簡単です。

また味がクリーミーで濃厚、素材自体に力があるので、調理がシンプルでもすごくおいしくなります。

「白子ポン酢」が一般的ですが、今回は、シンプルにフライにするレシピを紹介します。

おもてなしや、ワインのおつまみにもぴったりです。

 

白子のカリカリフライ、バルサミコがけ

[材料]2〜3人分 

  • 白子 100g
  • (飾り用)クレソン 適量
  • 塩、揚げ油、小麦粉、卵(とく)、パン粉、バルサミコ酢 適量

[作り方]

白子の下処理

  1. 白子の下処理をする。塩少々を入れた水に30分ほど浸けながら、表面のぬめりや血管(写真の黒い部分)をていねいにのぞいて、生臭さを抜く。キッチンペーパーで水気をふく。

    白子の下処理

  2. 包丁またはキッチンバサミで、ひと口大(8つくらい)に切り分ける。

    白子フライ

  3. 塩こしょうをふり、小麦粉→卵液→パン粉の順に衣をつけ、170〜180度(パン粉数粒を入れたらパッと表面で弾ける温度)に温めた油でからりと揚げる。

    白子フライ

  4. 平皿に盛り付け、クレソンを添えて出す直前にバルサミコ酢をかける。

白子フライ


カリカリの衣と、まったりした白子の組み合わせが最高。

でも濃厚なので、食べすぎるといっぱいいっぱいになるのでご注意ください〜。

2人で白子100gだと多いと思います。

半分は白子ポン酢にするなど。

 

いかがでしたでしょうか。

「白子のカリカリフライ、バルサミコがけ」のレシピをご紹介しました。

白子を食べてみたいけれど、難しそうで引いていた方、作ってみてくださいね。 

東京タラレバ娘(1) (Kissコミックス)

「白子ポン酢」と言えば、東村アキコさんのマンガ「東京タラレバ娘(シーズン1)」にひんぱんに出てきて(3人娘行きつけの居酒屋の人気メニューだった)、読みながら食べたくなったなー。

マンガのストーリーもとても面白かったです。

ドラマも見たけれど、原作の方がより内容が濃くて好きでした。

 

と、思ったらこんな記事も4年前に書いてました。

asanoyoko.com

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】東京タラレバ娘 (1-9巻 全巻) 全巻セット
価格:4247円(税込、送料別) (2021/4/15時点)

楽天で購入

 

 

東京タラレバ娘 Blu-ray BOX

東京タラレバ娘 Blu-ray BOX

  • 発売日: 2017/08/02
  • メディア: Blu-ray