食の取材歴20年 フードライター浅野陽子の東京美食手帖

フードライター、食限定の取材歴20年。フードサステナブルが得意。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]icloud.comへ

[レシピ]贅沢なお肉で超簡単にすき焼きを作る必殺技を伝授!

すき焼き用の牛肉がぎっしり箱に入っています

(c)asanoyoko.com

「気合は入れるが手間は抜く」(笑)のが私流すき焼き

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

ある日、こんな贅沢な肉(松坂牛)が我が家に届きました!

夫の仕事関係の方からのいただきものです(ありがとうございます涙)。

和田金のすき焼き用肉が入った木箱の写真、箱の上には注意書きが書いた紙が貼り付けてあります

三重ブランド認定「和田金(わだきん)」のすき焼き肉 (c)asanoyoko.com

さあ、今夜はすき焼きだー!となり、おいしくいただきましたが、

割り下は市販品をわざわざ買わない(レンジで手作り)
誰も食べなくて下処理も大変な春菊は使わない(○○○○で代用)

という、私流「贅沢なお肉で超簡単にすき焼きを作る必殺技」をお伝えします。

具は「焼き豆腐とねぎ」だけあれば本当は十分

焼き豆腐がざるにのっている写真

photo-ac

「すき焼きって肉と、他の具は何を準備すればいいの?」と迷うかもしれません。

が、究極にしぼるなら焼き豆腐とねぎだけあれば十分です。

ねぎだけだとちょっと、もの足りない。

焼き豆腐だけだけど、野菜がほしくなる。

なので最低限この2つと、最後に浸ける生卵(1人2個)があれば満足します。

ちなみに生卵は絶対!ですね笑

 

もう少し豪華にするなら、具は

  • 糸こんにゃく
  • しいたけ、えのき、まいたけなど好みのきのこ
  • くずきり(あらかじめ1分ほど下ゆでしておく)

ですね。

特にくずきりは、肉と野菜をぐつぐつ煮込むときに出る、甘辛いおいしい煮汁をぐーっと吸ってくれるのですごくおすすめです!

「春菊はどうするのか問題」の解決法はコレだ!

春菊が茎と葉で半分に切ってある写真

photo-ac

そしてすき焼きの具の定番、春菊は我が家は入れません。

もちろん入れた方が見た目にも栄養面でもいいのですが、誰も食べない……泣

ので、あるときからやめました。

 

主婦になって20年、「すき焼きの春菊問題」は私もいろいろ試行錯誤しました。

春菊は軸(写真右側)が苦くて繊維も多く、細かく切っても食べづらいのです。

葉っぱと軸を手でちぎって分け、「葉っぱだけを使う」方法を長らくやっていましたが(軸は後日スープのだし用か、煮豚の下ゆで用にする)、面倒で……

でも入れないと、「緑がないのですき焼き全体の見た目のおいしさが半減する」のです。

しかし、それを解決する素晴らしい野菜を発見!

それがコレ!

クレソンが平ざるに置いてある写真

(c)asanoyoko.com

クレソンです!!!

春菊の半量くらいで同じ値段(ひと束150円)でややお高めですが、洗って軸ごとざく切りにするだけなので簡単!

しかも独特の濃い苦味(でも春菊より食べやすい)が、甘い割り下や牛肉の脂肪感をさっぱりさせてくれてとーっても合いますよ〜!

外で食べるステーキにもクレソン、添えてありますよね。

割り下は買わずに手作り(しかもレンチン)しよう

すき焼きの割り下の材料のしょうゆ、酒、砂糖の入れ物が並べてある写真

(c)asanoyoko.com

もちろん、面倒くさい人は市販品で全然オッケーです!

私は毎回使いきれずに冷蔵庫にずーっと放置し、結局あとで捨てるのが嫌で……

すき焼きの割り下の材料は、酒・しょうゆ・砂糖とどこの家にも常備してあるもの。

よかったらぜひ作ってみてください。

ーーーーー

[レシピ]電子レンジで作る簡単割り下

[材料]作りやすい分量

  • しょうゆ 
  • 砂糖

[作り方]

耐熱容器に酒カップ1を入れ、ラップをせずに電子レンジ600Wに30秒かける。
一度取り出して砂糖大1を入れてなるべく砂糖が溶けるまでよく混ぜ、さらに30秒かける(これを2回繰り返す)。
取り出して、しょうゆ大1と1/2を入れて混ぜる。

ーーーーー

割り下は食べる人数や、入れる具材によってどのくらいの量を使うかは予測できません。

このレシピを最小として、すき焼きを食べながら、足りなくなったらすぐ作るのがベストです。

準備が整ったら全員着席してすき焼きスタート!

すき焼き用の肉と具材、鍋がテーブルにセットにしてある様子

(c)asanoyoko.com

牛肉を食べる15分前に冷蔵庫から出して常温に近づけます。

その間、各材料を下準備します。

  • ねぎ(ぶつ切り)
  • しいたけ(軸を取って薄切り)
  • 焼き豆腐(タテ半分に切って薄切り)
  • くずきり(下ゆで)

準備ができたら、全員着席して食べましょう!

小鉢に卵と焼いたすき焼き肉が入っている様子

(c)asanoyoko.com

鍋を熱し牛脂を入れて溶けたら、すき焼肉を入れて、砂糖(大1)をさっと入れ、上から割り下を注ぎ……お好みの焼き加減で。

卵と一緒にいただきます!

すき焼きを食べようとして、小鉢の溶き卵に焼いた肉を箸でつけている様子

(c)asanoyoko.com

う、うまい……涙

和田金のすき焼き肉が入った包装箱の写真

(c)asanoyoko.com

この肉が食べられるのはいつだろう……(遠い目)

すき焼きの食べ方に悩んだら、参考にしてみてくださいね。

ちなみに我が家では柳宗理の鉄製すき焼き鍋を10年以上愛用しています↓↓

それでは、今日も最高においしい1日を!

 

<こちらもどうぞ(過去記事)>

asanoyoko.com

asanoyoko.com