フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]gmail.comへ

[レシピ]すき焼きをやった残りの肉で、お手軽「牛肉のフォー」

 

牛肉のフォー

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

暑くなってくると、アジアの麺を食べたくなりませんか?

 今回はベトナム料理のフォーの作り方を紹介します。

牛肉を使って作れば煮る時間も短く簡単です。

具には少量の牛肉しか使わないので、おすすめは「奮発してすき焼きを食べた翌日に、少しだけ余らせた牛肉でフォーにする」やり方です!

前日はすき焼き

松坂牛 すき焼き
このやり方を思いついたのは、こんな経緯がありました。

ある日、贈り物でこんなすごいすき焼き牛をいただいたのです。

三重県松阪市にあるすき焼き専門店「和田金(わだきん)」さんのもの。

松坂牛 すき焼き
開けてみると……うわ!

松阪牛のソトモモ、ブリスケ(肩バラ)、バラ、ヒバラ(牛の乳房部近くの部位)のセット。

食の仕事をしてますが、こんな贅沢な食材はめったにいただけません(涙)

(オンラインで買えるようです→和田金通販専用サイト

松坂牛 すき焼き
ありがたく、すき焼きで堪能しました。

お肉はやわらかくて、ジューシーで、脂がのっているのにしつこくない。

赤ワインがぴったりでした。

ただ大人2人+6歳なので、お肉を一気に食べ切れず、少しだけ残りました。

この贅沢なお肉を明日、どうしよう。

一番合うのは、しょうゆと砂糖の甘じょっぱい味。

でもそれだとすき焼きと同じなので、次の日はもう食べたくない。

できれば、さっぱりした味で、和食とまったく違う食べ方で楽しみたい。

と思った時に、牛肉のフォーはどうかなと。

これが、ばっちりだったのです!

みなさまも、ぜひスーパーでいいすき焼き用牛肉がお安くなっていたらおためしください。

脂ののった牛肉なら、すき焼き用牛肉は大人1人80〜100gも食べたら満足すると思います。

翌日フォーにする分も含めて食べる人数をかけ算し、それよりちょっと多めの量で買ってみてください。

フォーは普通のスーパーのアジア食材売り場で売っています。

[レシピ]簡単「牛肉のフォー」

[材料]1人分

牛肉のフォー

  • 牛薄切り肉(すき焼き用、またはしゃぶしゃぶ用でも) 50〜60g
  • フォー(幅広の米麺) 80g
  • 赤唐辛子 2本
  • 好みの葉野菜や薬味(パクチー、クレソン、小ねぎ、バジルやミントの葉でも)適量
  • 粉末鶏がらスープ 、酒、ナンプラー、こしょう
  • レモン(薄切り)1枚(あれば) 

[作り方]

  1. フォーを袋の表示通り戻し始める(ゆでる前に水に15分浸けるなど)。
  2. 1の間、野菜をざくぎりして準備し、鍋にスープを沸かす。
    水2カップにちぎった赤唐辛子と粉末鶏がらスープ小1/3 、酒大1、ナンプラー大1弱を入れて加熱し、沸いたら牛肉を広げて30秒ほどしゃぶしゃぶし、引き上げて取っておく。火を止めてスープのアクを取る。
  3. 戻したフォーを袋の表示通りゆでる。ゆでたフォーを器に盛り、2のスープをもう一度軽く温め直して上から注ぎ、2の牛肉、野菜、レモンを盛り付ける。

牛肉のフォー

前夜のすき焼きとはがらりと変わり、アジアの風が食卓に吹きます!

スープで牛肉を加熱する際は、本当に数十秒、表面が薄ピンクになるぐらいで。

すき焼き用のいい牛肉だからこそできるレシピです。

牛肉のフォー

辛くてさっぱりしたスープに、もちっとした米麺おいしっ!!

冷凍うどんでもいいのですが、やっぱり米麺がこのスープのおいしさを引き立てます。

レモンはなくてもいいのですが、入れるとよりアジアっぽい味を堪能できますね。

 

いかがでしたか?

今回は[レシピ]すき焼きをやった残りの肉で、簡単「牛肉のフォー」をご紹介しました。

いい食材がスーパーにお得に出回っている今、ちょっと奮発してすき焼きをやって、翌日にこのレシピをぜひ。

まだまだ続くステイホーム……少しでも、おうちごはんで楽しく過ごしてくださいね。

今日も最高においしい1日を!

 

<こちらもどうぞ(関連記事)> 

asanoyoko.com 

asanoyoko.com