フードライター浅野陽子の美食の便利帖

食の取材歴20年のフードライターです

ふんわり、甘酸っぱいレモンリコッタパンケーキ@サラベス

■わたしが日中、プライベートで一番よく行く街と行ったら新宿。主に買い物(洋服)。 20代の頃、女性もののアパレルの仕事をしていた人に「洋服買うならまず新宿行かなきゃ。次に量が多いのは銀座・丸の内、その次は渋谷。そして最後の在庫が吉祥寺に行くんだよ」と聞いたことがあり。 ホントかなー?(^-^; でも当時、「洋服買うなら、まず家の近くの吉祥寺」と強く思い込んでいた若き身には衝撃で、以来1☓年?その習慣をどっぷり続けてしまっています。実際、新宿は見たいお店や百貨店がまとまっているので便利だけど。 洋服を見た最後に、紀伊國屋書店料理本売り場に寄り、飽きるほどレシピ本の最新ラインナップをチェックして帰るのがわたしの定番コースですね。楽しいヽ(´▽`)/

__140504 ■そして本題(^0^) 新宿に行くたび気になっていた、新宿ルミネ2にある「Sarabeth's(サラベス)」にやっと行くことができました。 ニューヨークが本店の、フレンチトースト、パンケーキ、パンプキンワッフルなどが有名なカフェ。朝ごはんメニューをウリにしているので9時~夜の22時まで空いているオールデイダイニングです。 本国では「ニューヨークの朝食の女王」とグルメ誌で高く評価されているそう。

__140504_2 ■日本では代官山と、この新宿の2店舗だけ。しかしここ、予約を受け付けず、また新宿駅直結という便利なロケーションでいつも全然入れないのです。でもこの日は夕方5時をちょっと回った変な時間で、待ち時間ゼロでさっと案内してもらえました! あと、この日忙しくて朝、ヨーグルトを食べたっきり昼を食べられず、夕方まで絶妙に空腹だったのもまたラッキーで。 お店のシグニチャーメニューは「フレンチトースト」らしい。迷ったけど、でもレモンリコッタパンケーキ」1450円で決定。

__140504_3 ■パンケーキ、おいしかったです。生地からもしっかりレモンの香りがして、リコッタチーズの爽やかで高級感のある酸味とコク、ふわふわの食感。それがメープルシロップの甘さと溶け合う感じ。 ただ、いくら昼抜きの空きっ腹でも4枚はさすがに無理で(゚ー゚;(当たり前か)。2枚半でもういいと。すみません<( )> 見積りはパンケーキ1枚200kcal☓4枚+シロップetc=1プレート1000kcalでしょう。 あと食べ進むうち、もうちょっと「生地の最後の食感」に軽さを出してもらえたら最高だなと。パンケーキに限らず、ワッフルやドーナッツなんかでもおいしい“粉もの”は、最後飲み込むところまでとても口どけ軽くて重たさを感じないのです。レシピなんでしょうね。

■ついつい他はどんなお客さんが来ているんだろうと観察してしまい(^-^; 一番多かったのは20-30代のカップルか女性2~3人連れ。 エッグベネディクトサンド(サラダ付き)など甘くないメニューもあるので、それを1グループで1品、パンケーキのようなおやつメニューを1品頼んでシェア、という形が一番多かった。500円前後の飲み物(アルコールもある)を付けて一人2000円強、というところ。 デートコースや女子ランチにはぴったりですねー。 今度代官山のお店の方にも行ってみます。 「Sarabeth's(サラベス)」新宿ルミネ2、代官山にも店舗あり。 ****************** 読んだ後に、クリックで応援お願いします(^o^) ↓↓↓

レシピブログのランキングにも参加中☆ こちらもできればクリックを<( _ )><( _ )>