フードライター浅野陽子の美食の便利帖

食の取材歴20年のフードライター。読書と食べることが好きで仕事になりました。取材やプライベートで訪れてよかった店(合わなかった店は書きません)、気に入った食材、私のレシピ、フードライターの日常などを書いています(仕事の実績はプロフィールを)。

正月料理のシメは…その①磯辺焼きパルミジャーノ風味

_blog■あれだけ苦労して時間を捻出して作ったおせちも、年末、値段が高くなる前に頑張って先買いしておいたおもちやかまぼこ類も、いったん食べだすと飽きるのが早い(>0<)

■和食ってシンプルで美味しくて大好きで、海外、特にヨーロッパや北米から帰国して一発目に食べる「豚のしょうが焼き」とか、「あー、この甘辛い味、最っ高~!日本の味だよぉー」ともだえたくなるおいしさですが…すぐに飽きるんですよねぇ。
砂糖・塩・みりん・酒の混合風味、やっぱりシンプルすぎてすぐにくどく感じやすいのです。

■子供のころ、おもちは甘くてちょっと塩気があるきなこもち、何個でも食べられた気がします。でも30代(それもかなり後半)になった今年は1個でいっぱいいっぱい。3日目は早くもこんな風にアレンジして食べてしまいました。それが写真。

磯辺焼きパルミジャーノ風味」です。
おもちをこんがり焼き、のりを添え、パルミジャーノチーズをおろしたっぷりかけ、しょうゆをひとたらし。
うまみの強いパルミジャーノがまるでかつお節のように、いい味出します(^o^)
網で焼いてもOKですが、もっと洋風にオリーブオイルで表裏よく「ソテー」してからパルミジャーノをかけるとなおGOOD!
ただしカロリーは確実に100kcalアップなので体重と相談の上おためしを。
明日もまた「正月料理七変化」、紹介します。

読んだしるしに、ワンクリックお願いします!
↓↓↓

ブログへの訪問、いつもありがとうございますm(_ _)m