フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]gmail.comへ

[美容]高いコスメやエステより効果的、「40過ぎたら月1バサミ」習慣

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

今回は「食べる」話ではないですが、フードライターの仕事を続けるうえで、私に必須の「40過ぎたら月1バサミ」習慣について書きます。

「40過ぎたら月1バサミ」とは?

文字通り「40歳以上の人(女性)は月1回は美容院に行くこと(を習慣づける)」ということです。

最近いつ美容院に行きましたか?

私のブログ読者は35〜44歳が最も多く、半分以上が女性です(Google Analyticsより)。

大半の女性は、美容院通いはせいぜい3ヶ月に1回。

「思えば半年以上美容院行ってないかも……」と、ドキッとした方も多いのではないでしょうか。

でも40歳を過ぎたら月1回(1ヶ月半ごとでも)、ぜひ美容院に行ってください。

高級化粧品や高額のエステサロンに行くより、目に見えて美容効果を感じます。

四十路越え! (角川文庫)

(上の画像はAmazonへのリンクです。楽天市場で見るならこちらを)

ちなみにこの「40過ぎたら月1バサミ」とは、作家の湯山玲子さんのエッセイ「四十路越え!」にあった名言です。

まさに40歳から41歳になる年にこれを読んで、ハッと気づかされました(それまでは私も美容院に、3〜4ヶ月に一度しか行っていませんでした)。

(ちなみに湯山さんはさらに頻度を上げ、2週間に一度行かれているそうです)。

美容院通いが、なぜコスメやエステより費用対効果が高いのか?

「月1バサミ」を実行するようになり、美容院代がかかるので私は化粧品はドラッグストアで買えるプチプラのものしか使いません。

美肌革命 ―お金をかけずにきれいになる―

(上の画像はAmazonへのリンクです。楽天市場で見るならこちらを)

故・佐伯チズさん提唱のスキンケア(特に朝晩のコットンパック)を15年以上欠かさず続けています(具体的な方法はこの本や他のご著書にありますので参照ください)。

これをめんどうがらずやっていると、正直プチプラでも、若い頃に散々投資した百貨店ブランドでも「そんなに変わらないのでは?」と思う時があります(個人の感想ですが)。

ですが、(自分に合った美容師さんに出会えている前提で)美容院にこまめに通うと、前髪を整える段階だけでも毎回、「目鼻立ちがパキッとしてくる」のをつぶさに感じます。

鏡で見ている顔は、あなたの「ほんの一部」にすぎない

また、人は自分の顔を鏡を通じて、正面からしか見ていません。

しかし他人はあなたのことを、正面、左右からのアングル、後ろ姿などもっと多角的に、3Dで見て判断しています。

正面からよりも360度の全方向から見られる方が圧倒的に多いのです。

メイクがバッチリ決まっているよりも、髪全体につやや輝きがある、きちんと後ろ髪も整えられている、頭頂部がぺしゃんこにつぶれていない(特に40代以降は、髪をこまめに切っていないと起こりやすい)、白髪とは無縁、というほうが、圧倒的に「清潔感があってきれい」と判断されます。

自分が「表に出る職業」でなくても月1通いが必要な理由

「とは言っても私、別にタレントや女優さんじゃないし」と思われるかもしれません。

それでも「◯◯さんっていつもきれいにしていらっしゃいますよね」と言われたら嬉しいと思います。

また誰でも、仕事や子どもの行事など、人前に出る時は少しでもきれいに見えるために、スキンケアなりメイクを日々されているのではないでしょうか。

私の場合は、テレビ出演などの表仕事もごくたまーにありますが、大半は「表に出る職業」の人たち(有名シェフや飲食企業の名物社長など)にインタビューをし、文章を作る裏方です。

しかし裏方であっても、がんばって自分のベストに近づけキープすることで、それらの方々が発する強いオーラに立ち向かえる、「マイベスト鎧(よろい)」みたいなものを常に身につけることができます。

今の自分はベストだから、パワーのある人たちにも臆することなく質問をぶつけられて、結果的に濃い内容の良記事が作れたり、自信を持ってトラブル解決したりできる。

仕事をしている女性は特に、この「マイベストよろい」の効果をご存知だと思います。

洋服でこれを体現した言葉が「勝負スーツ」ですが、ぜひご自分の髪も勝負用ツールとして組み込んでください。スーツよりも効果が強大かもしれません。

髪がアップデートされていると、自信スパイラルが上がる

いつも使っている化粧水やメイク道具の色を変えても「口紅の色、変えた?」と聞かれることは少ないですよね。

しかし、久しぶりに会った女友達から「◯◯ちゃん、髪型変えた?(髪切った?でも)」と声をかけられることは多いのではないでしょうか。

髪の印象や変化は周りから気づかれやすいのです。

こまめに美容院に行けばベストスタイルがキープでき、「いつも◯◯さんは素敵にしている」というイメージが周囲につきます。

具体的に言葉にしてほめてくれる人も現れるので、それが美容液のように心身に作用しますます自信もつく、という良いスパイラルに入っていきます。

月1回の美容院代は安くはありませんが、高い化粧品やエステ代の年間の総額と比べると、結果的にコスパが高いのではないでしょうか。

 

以上、「高いコスメやエステより効果的、『40過ぎたら月1バサミ』習慣」について書きました。

意外とあなどれない美容院通いの効果、40代以上の女性はぜひ参考にしてみてください。

<こちらもどうぞ(過去記事)>

asanoyoko.com