フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]gmail.comへ

もっちり、ほの甘い仙台の「ずんだ餅」

■いよいよ年末!会社勤めの方は、だいたい今日からお休みですよねー。と言っても日本の年末は年賀状書いたり、普段できない片付けや掃除したり、親族や友人との集まりもあったり…で結構忙しい。どうも休むのがヘタな日本人、さらにその中でも休みベタなわたし(゚ー゚;

__131227
■これ、仙台に出張で行った夫が買ってきてくれましたヽ(´▽`)/ 「あまじょっぱ味好き」のわたしの大好物、

__131227_2
■「ずんだ餅」。枝豆をすりつぶして砂糖と少量の塩をまぜて「あん」にして、もっちりしたおもちにからめて食べる、宮城県の郷土菓子。冷凍品として売ってます。買ってきてすぐはひやひやで冷たい。それを説明文どおり食べるときに少し解凍して、

__131227_3
■いただきます\(^0^)/ 枝豆のつぶつぶしたやや固めの歯ごたえ、もちの弾力、甘さとごく少量の塩加減・・・絶妙すぎる。仙台のお菓子は、ふわふわのスポンジにカスタードが詰まった「萩の月」も有名ですが、食べ物の「歯ごたえ」感に魅かれるわたしにはやっぱりずんだラブ。
(一応のせときます、楽天の最安値ショップはこちらでした→「萩の月」)

■ところでこのずんだ餅は、メーカーさんサイトによれば6個入りで398kcalだそうです。一人で4つ食べて、2つ人にあげて(?)おやつ1回265kcal。ずんだあんの砂糖と炭水化物の餅で大部分作られたカロリー、まあ低カロリーではないけど、1切れ400~500kcalで脂肪分も入ったパイやケーキよりは、満足感もあるしよいのではないでしょうかねー。

■朝ごはんの代わりにしてもいいじゃない?って言ったら、栄養士の先生から怒られちゃうでしょうか…(^-^; でも「朝ごはんはトースト1枚でも食べたほうがいい」という世の中の風潮だし、オール炭水化物&脂肪のバターのせトースト(約257kcal)よりは、豆(たんぱく質)の栄養も含み、パンよりずっと腹持ちのいいお餅、いいと思うけどな…
******************
読んだ後に、クリックで応援お願いします(^o^)
↓↓↓

レシピブログのランキングにも参加中☆ こちらもできればクリックを<(_ _ )><(_ _ )>