フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]gmail.comへ

節約上手な人は読まないで

最近、感銘を受けた本。

夫婦で年収600万円をめざす! 二人で時代を生き抜くお金管理術/花輪 陽子
¥1,365
Amazon.co.jp

自分では浪費家とは思ってないのだけど…(思わないようにしてるだけ?)

はっきり言って買い物大好き。

コスメ、洋服、この仕事をしてからは調理道具、飲んでみたいワイン・・・と、頭の中に

常に「買いたいものリスト」をマグマのように持っているタチかもしれません。

世の中には節約や貯金がとても上手な人がいて、尊敬します。ホントに。

でも、どうしても私には「時間」を無駄に使うほうがもったいなく思えてしょうがないのだ。

20代、30代、それぞれの若さがあるときに似合う化粧、ファッション、おしゃれを満喫しないで

やり過ごすのが、どうにも。

絶対、将来「あのとき、やっとけばよかった」と後悔しそうで。

しかし、この本を読んで変わりました。

30代の女性が書いている、非常に具体的なファイナンシャルプランの本。読みやすいです。

詳しくは読んでいただきたいのですが、

私が一番感銘、というかショックを受けたのは本の中のこの言葉↓↓

「クレジットカードを使って浪費するのは、

あなたが自分の『未来』から借金して、『過去』にお金をせっせと返しているのと同じ。

お金は「いま」、あるものを心おきなく使うからこそ楽しい」

いやはや。その通りでございます。

しかもポイントやマイレージも、なんぼのもんじゃ、よーく考えたらそこまでお得でないこともわかります、

との言葉にも納得しまくり。

以来、今まではありえなかった「現金主義」に徹しております。

3か月くらい経ちますが、請求書をこわごわ見なくていいというのはホント、楽ですね。