フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]じーめーる.comへ

ペペロンチーノをおいしく作るコツ

■今日は短めですが・・・ペペロンチーノをおいしく作るコツを。にんにくと唐辛子、オリーブオイルだけで作れるこのパスタ、自分で作るとどうもうまく行かない。というか味がしない。ある日、市販の鶏ガラスープの素(しかも中華の)をひとつまみ入れてみたらとてもおいしくなったので、よかったらお試しください\(^o^)/ ■あと、オリーブオイルを炒める時と別に、最後に回しかけるとイタリアンレストランで出てくるような雰囲気になります。油をちびちび使うと、なーんかおいしくないんですよねー。

アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ進化版(1人分)

スパゲティ(1.6mm) 90g にんにく 1片(薄切り) 赤唐辛子 1本(半分にちぎって種を取る) オリーブオイル 大さじ1+(最後の盛り付け用)大さじ1 市販の鶏ガラスープの素(粉末) ひとつまみ パセリ(みじん切り) あれば少々

パスタのお湯を沸かす。その間、冷たいフライパンににんにく、赤唐辛子、オリーブオイル大さじ1を入れて香りが出るまで弱火で炒め、鶏ガラスープの素をまぜて大体溶けたら火を止める。スパゲティーを袋の表示マイナス1分ゆで、フライパンに入れて火にかけてさーっと合わせ、最後にオリーブオイルをぐるりと回しかける。パセリをかけると、見た目もおいしそうだし口臭防止になるそうです。