フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]じーめーる.comへ

朝からハンバーグ、鴨南そば、中華丼/映画『県庁おもてなし課』

*****************************************************
<お知らせ>
当面、入院先の病院からブログアップ中です。
ただし、重篤な状態ではないので、くれぐれもご心配は無用です
詳しい経緯、わたしへご連絡されたい場合の方法などはこちらを<(_ _)> 
携帯・PCメール、SNSは通じます。

*****************************************************


20140614
入院51日目。朝食は、ハンバーグ、ベビーリーフとラディッシュのサラダ、わかめスープ、パン3種。

■昼食は、撮り忘れ…前にも出た鴨南そばとおいなりさんの定食でした。

20140614_1
■夕食は、中華丼、鶏ささみの棒々鶏、ほうれん草のお浸し、赤かぶの漬物。

■今日のWOWOW持ち込み録画DVDは、『県庁おもてなし課』。原作は有川浩。主演はジャニーズの錦戸くん、ヒロインは堀北真希

高知県庁の観光推進担当セクション、「県庁おもてなし課」に勤める県庁職員(錦戸くん)が、いろいろなハプニングや個性あるユニークな人たちとの出会いを重ねながら、仕事と恋に邁進する話。
有川浩さんは、ドラマ『フリーター、家を買う』もそうだったけど、「ちょっと情けない男性が最後に馬力を出す話」を描くのが本当にうまい。

■しかしこの映画の主題になっている、「県庁」など日本の行政機関独特のゆるゆる感というか、日々営利を求めて活動する一般企業とのスピード感の圧倒的な差、すっごいわかる…わたしは大学を卒業後、最初に勤めた会社がまさにそういうカラー一色だったので。
当時は20代前半で若く、「こんなペースで仕事してたら、わたしは10年後、20年後、大変な遅れを取ってしまう!」と日々焦りまくり、じりじりしていたのだけど、そのときじっくりゆっくり、手取り足取り、イライラしながら(?)習ったことが、20年近く経ついま、その後のわたしの仕事すべてを支える大きな底力になっている。人生に無駄なことは無いのだな-。

(『フリーター、家を買う』は同じくジャニーズの二宮くん主演。これ、本当に面白くて大好きなドラマです!)

フリーター、家を買う。Blu-ray BOX
ポニーキャニオン (2012-04-04)
売り上げランキング: 81,052


******************
読んだ後に、クリックで応援お願いします(^o^)
↓↓↓

レシピブログのランキングにも参加中☆ こちらもできればクリックを<(_ _ )><(_ _ )>