フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]gmail.comへ

まほろ駅多田便利軒

映画「まほろ駅多田便利軒」、観てきました。

Wine & Cooking 日々 ノート-mahoro


瑛太松田龍平主演。


まほろ駅(完全に小田急線・町田駅がモデル)に住む、

バツイチ男子二人が繰り広げる悲喜こもごも、人生いろいろ、の1年間を描いた物語。


私は大学時代の半分を小田急線に乗ってたような学生生活で(笑)、

町田もよく降りた駅だったのでそれだけでもなつかしかった。


観た人それぞれがどう思うか、「行間から感じ取ってほしい」というタイプの映画です。

終わってそうだよね、いろいろあるけど1日を自分なりに生きていくしかないよね、としみじみ感じ入る。


あと瑛太はおなじみですが、松田龍平が本当にいい味出してる!

学生時代、同じ学年とかに一人くらい必ずいそうな、要領がよくちょっと調子いい男の役柄です。


上映期間がもう残りわずかみたいなので、お早めに~。