フードライター浅野陽子の美食の便利帖

食の取材歴20年のフードライター。読書と食べることが好きで仕事になりました。取材やプライベートで訪れてよかった店(合わなかった店は書きません)、気に入った食材、私のレシピ、フードライターの日常などを書いています(仕事の実績はプロフィールを)。

牛肉のロールトマト煮とブロッコリーのペペロンチーノ

・牛肉のロールトマト煮
ブロッコリーだけのシンプルぺペロンチーノ
・きゅうりと塩昆布の浅漬け(またか~)
きんぴらごぼう
・もやしの味噌汁

牛肉のロールトマト煮は、 先週末、両親・妹夫婦と旅行(キャンプ)に行き、 あまってクーラーボックスに入れ 持ち帰ったステーキ肉を使用。
ステーキ肉はさっと火を通して食べるのが一番おいしいのだけど、 2日たってしまったので長めに火を通すメニューを考えた。

全体的にたたいて少し伸ばし 片面に和がらし(ほんとはマスタード)をぬって、こしょうをふり からしの面を内側にしてくるくる巻く。 ロール状にしたら小麦粉を軽くまぶし、 フライパンで焼き目をつける。 一度出し、 にんにくとたまねぎみじん切りを炒め、トマト水煮、ローリエ、ブイヨン+水 最初の肉を戻して、ふたして10分くらい煮込む。

最初にきゅうりの浅漬けを冷蔵庫に作っておき、 味噌汁→きんぴらを仕上げ、トマト煮にかかる。 その横でスパゲティをゆでながら、ラスト5分で一緒に ブロッコリーをゆで、トマト煮が仕上がる頃に ペペロンチーノを作って 全部一緒にテーブルに出す。

この順番だと、食べるときの温度(&パスタの硬さ)は完璧ですねー。 牛肉を最初に焼いた時の香ばしい脂と、トマトソース、 炒めた玉ねぎがなんともスープのようにおいしくて、肉もやわらかかった。 夫はペペロンチーノをこのトマト煮に「つけて」食べてました(笑)

夫が買ってきたシャンパンをぐいぐい飲みながら食べてたら、 食べ終わった瞬間、がまんできないくらいの眠気がおそってきて ソファーで2時間寝た。
で、起きて、今、このブログを書いてるとこ。 私の予定では、9時からウォーキングに行く予定だったのに。 そして、仕事はいつするのだー。
1日30時間くらいあればいいのになー。