フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]gmail.comへ

アウェーで家ごはん、その2:「鶏のから揚げ&さばのから揚げ」

昨日に引き続き、先日、実家のキッチン(=アウェー)で料理を作ったときの記録を。「鶏のから揚げ」と「さばのから揚げ」を作った。さばのから揚げに添えてあるのは、一緒に揚げたさつまいもの素揚げ。さばとさつまいも、不思議な組み合わせだけど、一緒に出すととても合います(*^-^)油にさばのにおいがつくので、さつまいも→鶏肉→さばの順で揚げるとよいです。
710■ちなみにこの日は、先週10日の私の誕生日でした。なので泡ワインを持って夫も一緒にテーブルを囲み、自分が作った料理で(笑)、両親、夫と祝ってもらった。急いで写真を撮ったのでライトは強すぎるし、左に写ってしまった台ぶきんどけたいし、ビジュアル的にはあーーー(*_ _)という写真だけど…。

■昨日「IHとガスで料理をした場合のちがい」を書いたけど、この日もそれが顕著でした。揚げ物の場合は特に、正直どうやってもなにしてもIHより実家のガスコンロの方がおいしい。夫も「火力が強いのかな。うち(IH)で食べる時よりカリッとおいしかったね」と。でも揚げ物を料理中、IHのときの感覚でレシピ本や紙類をそばにおいておくと、火が出るガスは本当に危ない。どちらも利点とネガティブポイントがあるので、昨日も書いたけど迷っている方は「安全性とおいしさ」をよーく天秤にかけ熟慮して決められるとよいのではと思います。

Photo_2■ちなみにこれ、メインの揚げ物に合わせて作った副菜。「ゆで白菜と刺身たこの梅ドレッシングあえ」です。ゆでて冷ましておいた白菜をぎゅっとしぼり、薄く切ったたこと合わせて、梅をたたいてまぜた和風ソースとあえます。さっぱりしていて揚げ物との相性goodでした\(^o^)/上の写真右下、ごはんは土鍋ではまぐりごはんを炊いたよー。