食の取材歴20年のフードライターです。日々レストランとレシピを探求中です。イタリアンと魚が好き。

[レポート]ちきりんさんのリノベセミナー「超人気ブロガーが実践!リノベを成功させるショールームの正しい使い方」に行ってきました

ちきりんリノベセミナー

9月28日、新宿のリビングデザインセンターOZONEで開催された「超人気ブロガーが実践!リノベを成功させるショールームの正しい使い方」に行ってきました!

有名ブロガーちきりんさんが、リノベに興味がある人を対象に、ショールームの活用法についてレクチャーする内容でした。350人の参加枠があっという間に満席になり、OZONEの人によればキャンセル待ちも大量に出たそう。今回はこのセミナーの様子をレポートします。

(実家引き継ぎのため、今年5月からリノベの真っ最中です。私自身のリノベ話はまた後日書きます)

ちきりんさんとは

自分のアタマで考えよう

自分のアタマで考えよう

posted with amazlet at 19.09.29
ちきりん
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 1,923

ちきりんさんとは、ウェブの世界では有名な超人気女性ブロガーです。ご自身のブログ(「Chikirinの日記」)は2003年に開設後、月間200万PV、訪問者20万人という日本有数のアクセス数をたたき出し、紙の本を出せばいつもベストセラー、ちきりんさんのツイッターのフォロワー数は30万人強というすごいインフルエンサーです。

ブログを読んでいるとわかりますが、ちきりんさんの文章のすごさは、いま社会で話題になっているニュースやいろんな歴史的な事柄を、誰も考えないような独自の視点で解説したり、グラフやチャート化して誰にでも本当にわかりやすく理解できるように書いてあること。

「難しいことをわかりやすく書く」のは、私を含め文章のプロならみんなできますが、読みやすいだけでなく、その上を行くレベルの高い内容でいつも読みながらうなっています。

しかも人気ブログの面白い記事は有料でしか公開しない、というケースも増えていますが、いまでもすべての記事が無料で読めるのも、このブログのすごいところで。

 

徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと
ちきりん
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 5,185

 

ちきりんさんの最新刊で、ご自宅マンションをリノベーションしてその体験をまとめた『徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと 』(ダイヤモンド社)もベストセラーになっています。発売そうそう私も購入し、これを参考にいま実家のリノベを進めています。

実は今回の私のリノベで、家全体のカラーコーディネート(手持ちの家具に合わせて床や壁などの色をデザインのプロが決めてくれる)はOZONEのトータルコーディネートコースをお願いしています。

キッチンもOZONEに入っているメーカーのものを使う予定で、ここ3ヶ月ほど足しげくOZONEに通っているため、このセミナーの開催情報をいち早くキャッチして、申し込みもできてラッキーでした。

ちなみに参加費は1,000円ですが、CLUB OZONE 住まいる会員は無料でした(会員自体も無料で登録できる)。あんなに充実した内容が無料ってお得すぎる…泣

ちきりんさん独自の視点もりもりだったリノベセミナー

ちきりんさん自身のリノベに関する細かい話は本に書いてあるので、今回のセミナー「超人気ブロガーが実践!リノベを成功させるショールームの正しい使い方」ではテーマを「ショールームの活用」にしぼり、ちきりんさん独自の考えやポイントがレクチャーされました。

・ショールームは、リノベが始まっていつのタイミングで行くのがベストなのか
・ショールームでは何を見ればよいのか
・リノベ中、何回行くべきか
などについて、詳しく解説。

ちきりんさんによれば、リノベ中にショールームへは最低3回(リノべ前1回、リノベ中2回)は足を運ぶべきと。それぞれ意味がありますが、「20年住んだ家を直す」など久しぶりにリノベーションする人は、リノベ前の1回が特に重要だと。

リノベをしたい私たち客(「施主/せしゅ」と言う)は素人なので、リノベのプロであるリノベ会社や工務店がすべてアドバイスをして、理想の家のプランを作ってくれると勝手に思ってしまいます。

しかし、工務店側は私たちと人生で初めて出会う人たちで、施主の予算感や好みがわかりません。「おまかせ」にすると施主が「こういう家にしたい」という希望より、「世の中でいま流行っている、人気がある」キッチン設備やトイレ、お風呂、窓、床材などを組み合わせたプランを提案されてしまいます。でもそれは自分が目指す理想の家ではないわけです。

なので施主がリノベ開始より前にショールームに行き、家周りのいろいろな最新設備を実際に見て体感して、できるだけ自分の好みやこだわり、新しい家で使いたいものを把握しておくことが非常に重要だと言われていました(下は私が撮影したパナソニックのショールーム写真)。

パナソニックショールーム

まさに納得。私自身のリノベはもう始まっていますが、キッチンだけは、たまたまリノベ前にパナソニック、TOTO、クリナップなどの主要メーカーのショールームをざっと見学していました。

ショールームではキラキラした多機能の最新キッチンが山ほど並んでいて、最初は頭も目も付いていけずクラクラ……しかも、どれも見ても私自身は「しっくりこない」という印象でした。

しかしその帰りにたまたまOZONEに寄って、初めて知ったキッチンメーカーがどの会社のものよりも気に入り、最終的に選ぶことになったのです。

「最新マーケットを把握する」ことはとても重要ですよね。

ショールームは「リノベ工事完了後」も継続して行くべき?!

パナソニックショールーム

(こちらもパナソニックのショールームで撮影した写真です)

またセミナーでは、

「忙しいリノベ中ほど、ショールームに行く手間を惜しんではいけない。1000円や1万円のモノを選ぶのでなく、数百〜数千万円という人生に何度もない高額な買い物をするのだから、その何百倍の時間をかけるのは当然

「メーカーと客(施主)が直接コンタクトを取る機会は意外に少ない。リノベ業界では間に工務店が入り、施主が自分の家で本当に使いたいキッチン、トイレなどの情報が伝わっていないのが現状。
なので唯一のコンタクトの場であるショールームに行って『こういうものがあったらいいのに』と伝えるべき。そうすればより良い新商品が開発されて、私たちお客自身が本当に使いたいものが今後世の中に増えるはず

と、たしかに……とうなづきたくなる話をたくさんされていました。なかでも一番すごい!と思ったのが「ショールームはリノベ完了後も足を運ぶべき」というとても斬新な発想。

「リノベ工事が全部終わった後、ショールーム行ってもしょうがないじゃん」と普通は思いますが、ちきりんさん自身が今回20年ぶりにリノベした体験を経て「リノベは数十年に1回の大工事ではなく、5〜7年など短いタームでちょこちょこ行うのがベスト」と感じたそう。

なぜなら子供がいる家は子供の成長があり、大人も会社員から自宅で仕事をする自由業になったり、住む人のライフスタイル(=人生の変化に合わせた家の使い方)は5〜7年でガラリと変わることがあるから。

ルンバe5 アイロボット ロボット掃除機 水洗いできるダストボックス パワフルな吸引力 WiFi対応 遠隔操作 自働充電 ラグ 絨毯(じゅうたん) にも e515060 【Alexa対応】

さらに5〜7年経てば、

「有線が当たり前だったネット環境が、無線で家中を飛ぶWi-Fiに変わる(=机の位置を固定しなくてよくなった)」

Echo Dot 第3世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

「ルンバやブラーバ、アレクサなどの革新的な商品が出てくる(コンセントをもっと増やす必要がある)」

ブラーバ390j アイロボット 床拭きロボット 水拭き 雑巾かけ 静音 洗剤付き 選べる2つのモード 落下防止 花粉対策に ホワイト B390060

など、世の中全体でも想像できない変化が起こります。古いスタイルの家に無理に住み続けるのではなく、変化に合わせたリノベをこまめに低額で行い、使いやすい間取りや動線にすればもっとラクで快適な暮らしが手に入るから……とのことで。目からウロコでした。

それに5〜7年おきにリノベしよう、と決めておけば、計画的にお金も貯められると。

セミナー終了後、参加者がみんな賞賛

その後、30分の質問タイムを経て合計2時間のセミナーが終了。内容が濃くて、全然長いと感じませんでした。

私は最前列のほぼ真ん中に陣取っていたので(汗)、質問も当ててもらえました。

本の中で、キッチンはプラグを増やしたりホットクックなどの調理家電をめいっぱい活用したり「電化」の方向に向かっているちきりんさんが、なぜコンロをIHでなくガスにしたのか、非常に気になっていて質問したのですが(私自身のリノベでガスかIHか迷っているため)、

ちきりんさんの答えは「(自分がコンロを唯一使うときの)炒め物がおいしいのと、IH専用のフライパンや鍋などが重くて持ちづらいため」とのこと。ただ「また数年後に軽いIH専用道具が増えたら、IHにリノベするかもしれません笑」とのことでした。あー、スッキリした。

参加者は親子連れや一人で来ているシニア女性、若いカップルなど年齢層はバラバラ。私のような普通のブログ愛読者のほか、リノベ業界のプロの人などもいましたが会場を出るとき「あの発想は素晴らしかったね」「さすがだよね」と話しているのが結構聞こえました。

特に「5〜7年周期のリノベがおすすめ」話については、ツイッターでいろんな人が絶賛しています。

OZONEのちきりんさんリノベセミナーは10月20日(日)にまた開催予定です。次は違うテーマで「賃貸か購入か、リノベ住み物件か自分でリノベか」という内容ですが、悩んでいる方はぜひ(すでに満席でキャンセル待ちのみ受付中)。

徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと
ちきりん
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 4,297

コメントは利用できません。

カテゴリー

バックナンバー