フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]gmail.comへ

老化防止効果?!『アスタキサンチン』入りのお菓子

Photo ■先日、女性歯科医の先生がプロデュースしたお菓子をいただきました。「アスタキサンチン」入りのスイーツ。お菓子の、オレンジ色の粉がかかったように見える部分がアスタキサンチンです。左からサブレ、コーンフレークのシリアルバー、チョコチップ入りのケーキ。アスタキサンチン自体は無味、というか味は感じない。

■「アスタキサンチン」とは副作用がなく、予防効果が非常に高い天然の抗酸化成分だそう。
赤い色が特徴。エビや鮭、カニ(殻やうろこ)の赤い色も、このアスタキサンチンに由来するそうで…魚介類は、あの殻が外敵から身を守るのと同じく、人間も摂ると目・皮膚・筋肉を強くし、酸化(つまり老化)をゆるやかにしてくれるとか。ただし「藻」から同じ成分を抽出しているので、エビ・カニアレルギーの人も食べてよいとのこと。

■細かい説明はまだいろいろあるのですが…なにより、このスイーツどれも普通においしかったです。バターの風味もきちんとあって。こういった「○○効果が高い」食べ物ってたいていその効果の分、味はいまいちだったりしますが、本当にお菓子としてもきちんとおいしかったです。
Img_0969■今回のお菓子をプロデュースされた「六本木しみず歯科」の清水百合先生

■ちなみに清水先生いわく、極力虫歯を予防するコツは、甘いものなどを食べたら、「なるべくそれが口の中に滞在する時間を短くする」ことだそうです。だからOLさんがランチ後、歯磨きするのはちゃんと効果があるし、できなければ口をすすぐだけでもやらないよりはずっといい。しかもいわゆる甘いものだけでなく、糖質(ごはん、うどんなど、要は炭水化物)も同じように食後ケアをしなくてはいけないそう。勉強になりました(^o^)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
アスタキサンチンスイーツの問い合わせは
yand_c@yahoo.co.jp
(清水先生のオフィス連絡先
)。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


読んだしるしに、ワンクリックお願いします!
↓↓↓


ブログへの訪問、いつもありがとうございますm(_ _)m