食の取材歴19年のフードライター。食のトレンドや仕事メモを書いてます。イタリアンと魚が特に好き。

ついついふらりと、「えび味噌のクリームパスタ」by渋谷のビストロ

よく行く街の駅近に、ふらっと寄れるお店があるのはしあわせだなーと思います。帰り道、仕事がちょっと遅くなって夫が「今日はごはんいらないよ」という日、ついつい寄ってしまうのがここ、渋谷の駅近ビストロku hanare(クー・ハナレ) です。

Photo_2 オーナーシェフもソムリエもワインスクール時代の飲み友達。だから気軽だというのもあるんだけど、なによりソムリエのおのっち(=小野沢さん)が選んでくれるワインがいつもその日の気分にぴったりでおいしく、シェフの土井さんの料理も最高~\(^o^)/なのにコストパフォーマンスがよくって。女性が一人で行って全然OKな雰囲気もまたいいのですよ。

年末のある日にいただいたもの。

Photoまず泡。なにより泡。ラ・クレイル・ヴァン・ムスー。私にとって、駆けつけ一杯は泡ワインからなのですよ。きらきら光るグラスを見てココロほんわり、ひと口飲んで「あー、1日終わったぁー」と完全リセット(オヤジです(^-^;)

Photo_3牛トリッパのトマト煮込み、グラタン風850円。トリッパは牛の第2の胃ですよ。網あみの形状なので日本名「ハチノス」。ふわふわ、でもちょっとだけコシのある食感がハマります。こってりトマトソースととろけたチーズに包まれてもう~、最高!

Photo_4添えてあるパンにつけてうまうま。ワインとも抜群だねこりゃ。

Photo_5Photo_62杯目はカリフォルニアのピノ・ノワール、W.H.スミス ピノ・ノワール ソノマコースト。アメリカのピノ、すっきりだけどフランスよりどこかダイナミックで、このおいしさはワインスクール時代に覚えました。オレゴン産のピノ・ノワールも大好きo(*^▽^*)o

Photo_7そしてお店の人気メニューであり、私もほぼ毎回頼んでしまう濃厚エビミソのクリームパスタ 950円。本当に濃厚だけどしつこくない。本来は2人くらいでシェアするものだと思うけど、一人で抱え込んで食べちゃいます(^-^;ワインでほどよく刺激された胃のすき間に、するっと、ちょうどよ~く収まります。フードライターをしていてしみじみ実感するけれど、分とく山・野﨑さんに取材で聞いた格言「おいしいものはおなかに(変に)たまらない」、ほんとにそう。心地よくすんなり、口から食べて体に入ってくれるのです。

友達を連れて行ったこともあるけど、このような感じで一人でさらっと飲んで食べて、帰ってきます。スターバックスは「家庭とも職場ともちがう、自分をリラックスさせる第3の場」を目指していると昔取材で聞きましたが、まさにここは私の第3の場だー┗(^o^)┛

★★★★★★★★★★★★★★★★
BISTRO Ku hanare(クー ハナレ)

TEL 050-5522-5312

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町1-5 大沼ビル5F
(渋谷駅南口ほぼ徒歩1分。歩道橋を渡って246を越え、「上州屋」が入っているビルの道を進んですぐの奥。ビル入り口はちょっと入りづらいけど、5階までエレベーターで昇ると、別空間です)

ランチ   11:30~14:30(L.O.14:00)
ディナー 月~土 17:30~01:00(L.O.24:00)
ディナー 日・祝 17:30~24:00(L.O.23:00)
不定休
★★★★★★★★★★★★★★★★

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

バックナンバー