食の取材歴20年のフードライターです。日々レストランとレシピを探求中です。イタリアンと魚が好き。

セップ茸のリゾットが美味でした@原宿「KEISUKE MATSUSHIMA」

KEISUKE MATSUSHIMA

季節ごとに開催されている原宿のフレンチ、KEISUKE MATSUSHIMAでのメディアランチ会。まだ暑い日でしたが、今回は秋がテーマのメニューでした。

アミューズグールはひよこ豆のスナック

KEISUKE MATSUSHIMA

KEISUKE MATSUSHIMA

まずアミューズグール(乾杯のお酒といただく軽いフィンガーフード的前菜)。シャンパーニュのペリエ ジュエがサーブされました。

KEISUKE MATSUSHIMA

塩味のスナック「アクラ」と、

KEISUKE MATSUSHIMA

「ソッカ」。ひよこ豆を使用しているとのこと。豆の香ばしさ、感じます。

アミューズ「メロンのスープ仕立て」

KEISUKE MATSUSHIMA

KEISUKE MATSUSHIMA

冷たいひと口料理。スープ仕立てにしたメロンに、生ハムのムースが少しのっていて、スプーンですくって食べます。ほんのり甘じょっぱい。おいしい。

前菜「セップ茸のリゾット」

KEISUKE MATSUSHIMA

KEISUKE MATSUSHIMA

「セップ茸」=イタリアのポルチーニです。香りと味、食感が素晴らしい高級きのこ。これが秋を先取りして本当においしかった。玉ねぎを濃いめに炒めたソースがまぜてあると説明があり、本当に濃厚でした。

メイン「ブイヤベース」

KEISUKE MATSUSHIMA

南仏の代表的なスープ。南仏のニースに本店がある、KEISUKE MATSUSHIMAの目玉メニューの一つだそうで、魚介の旨味が濃縮されています。メインの魚は鯛を使用。左にポトンと添えてあるのはにんにく風味のマヨネーズのような「アイヨリソース」。

KEISUKE MATSUSHIMA

ワインは同じく南仏・プロヴァンスのロゼワイン。ブイヤベースを食べて、このワインを飲むと本当にフランスにいるような、爽やかな気持ちに包まれる。

デザート「いちじくのコンポートとくるみのアイスクリーム」

KEISUKE MATSUSHIMA

デザートにも秋、散りばめられてました(^0^)

KEISUKE MATSUSHIMA

最後は小菓子(トリュフの香りがするミニケーキ・右とマシュマロのようなギモーヴ・左)、食後の飲み物は私は紅茶にしました。コーヒーも大好きですが、フルコースの最後に胃腸を温めると食後数時間が楽で。最近ハマっているやり方(加齢で胃腸が弱り気味の方、おすすめです(^^;)

*秋を先取り&満喫したメニューでした*

料理の完成度はいつもながらですが、まだ暑かった9月中旬のいまの季節に、秋を先取りした美食メニューで大満足。こうして食から季節を感じると、とてもウキウキした気分になります。春の松嶋シェフ、いつもご招待くださるOさん、ありがとうございました<(_ _)><(_ _)>

ちなみに初めてOさんにこの会に呼んでいただいたのは、私のブログを読んでくださったのがきっかけで…みなさん、ぜひブログを書きましょう!楽しい新たなご縁は、ネットから始まる可能性大です!



************************
KEISUKE MATSUSHIMA /カテゴリ:フレンチ
http://keisukematsushima.tokyo/
(「明治神宮前」駅5番出口、または「原宿」駅竹下口より徒歩10分
03-5772-2091
東京都渋谷区神宮前1-4-20 パークコート神宮前1F
営業:ランチ11:30~LO13:30/ディナー18:00~LO 21:00(日曜LO 20:00)
定休日:年末年始のみ
子供の入店の可否:OK(個室予約の上)
************************

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

カテゴリー

バックナンバー