食の取材歴19年のフードライター。食のトレンドや仕事メモを書いてます。イタリアンと魚が特に好き。

脳科学者・茂木健一郎さんの「カレー再発見フォーラム」

■先日、テレビ出演などで有名な脳科学者・茂木健一郎さんのカレー再発見フォーラム」というセミナーに出席しました。「カレーの健康効果」について科学的視点から検証し、成果を発表するこのフォーラム。新聞、雑誌の記者、テレビカメラまで参加者いっぱい。

Photo■今回は11回目だそうで、「カレーを食べることによるストレスマネジメント効果」がテーマ。20~50代の男性20名を2グループに分けて「カレー」と「カレーではない食べ物」をそれぞれ試食してもらい、その前後で課題(単純な質問項目に答え続ける、ストレスを感じやすいテスト)を行ったところ、カレーの香りをかいだり、カレーを食べたグループの方が、「非カレー食」のグループよりもストレスが少なかったという実験結果を発表。

Photo_2■ストレスを感じたかどうかは、唾液の量の増減や、出た脳波などで検証できるそうです。ユニークだったのは、いきなりカレーを食べさせるのではなく「カレー(スパイスの香り)」をかがせ、効果を見て、次に試食させてまた効果を見る、と段階的に調べていたこと。そして香りをかいだだけでも、ストレスが減り、モチベーションが上がって成績もよかったという結果。カレーの香りって独特のおいしそうなにおいだもんね(^o^)感覚だけでもわかる。

Photo_3■その後、マーケティングライターの牛窪(うしくぼ)恵さんと茂木さんの対談もあり・・・(牛窪さんの分析ではいま増えている「イエラブ族(うちごはん・ホームパーティー・リラックスした場所でのガールズトーク等々『おうち』が大好きな層)にとってぴったり合うのがカレー、鍋などの料理」だそう。全部大好きな完全イエラブな身としてはものすごく納得)。

Photo_4■最後は、カレーのランチでお開き。ハウス食品提供のビーフカレーと夏野菜カレーの2種類、そしてデザート(フルーチェでは?)。スパイスの効果、カレーの香りでやる気アップ、などずっと「カレー」についての講義を聞いた後だったのでひときわおいしく感じ…o(*^▽^*)o新しい発見でした。ありがとうございました。

関連記事

    • 華凜
    • 2012年 7月 10日

    面白い講座でしたね。
    カレーでストレス発散ですか~
    ん~食べ物もなかなか侮れないんですね。
    ちなみに、好きな食べ物だったら何でもいいような気も・・・
    好きっていう感情が脳にいいんじゃないでしょうか。
    私は、チョコやトマトを食べる時にたぶん幸せホルモン出てるはず(・∀・)

    • ようこ
    • 2012年 7月 11日

    華凜さん、たくさんコメントありがとうございます。
    スパイスでストレスが緩和されるというユニークな科学セミナーでした。
    たしかにスパイスに限らず、好きな食べ物だと、脳の疲れ、取れますよね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントは利用できません。

カテゴリー

バックナンバー