食の取材歴19年のフードライター。レストラン探しとレシピ研究の人生です。イタリアンと魚が特に好き。

フランス陶磁器とカレーと辛口泡のマリアージュ

昨日はハウス食品さん本社にて行われた

フランス陶磁器「レイノー」と「エルキューイ」の新作発表会に

ご招待いただき、行ってきました。

ありがたいことに毎年この時期、呼んでいただいているのですが

高層階の太陽の光差し込む空間に

素敵なお皿がたくさん並び…いつものことながらため息が出ます。

料理とワインと整理整頓日記-レイノー看板

今回はフランスの三ツ星レストラン「メゾン ピック」の女性シェフと

コラボして生まれた新しいシリーズが目玉だそうです。

これ↓

料理とワインと整理整頓日記-全体

つやのあるモノトーンでとても近未来的な感じ。

キャビアをのせる専用の器と

オー・ブリオン(ボルドーの特級クラスの赤)…!贅沢の極みです。

料理とワインと整理整頓日記-キャビア

私は絵柄がはっきりしたこのシリーズも好きでした。

浮き上がるお魚…本当に上品でかわいい!生き生きしてます。

料理とワインと整理整頓日記-アーティチョークと魚
料理とワインと整理整頓日記-魚

となりのダイニングへ移動して、今回のお皿を自由に選び、

シェ・イノの料理長がハウスさんへ出張して準備されたランチを堪能。

どのお皿を使うか、迷いますね~。そして料理も迷います!

料理とワインと整理整頓日記-皿たくさん

料理とワインと整理整頓日記-アペタイザー

前菜はこれをいただきました。

全部おいしいのですが、特にキッシュが玉ねぎの甘みといい、絶妙な塩加減といい、

秀逸でした。

この味はどうしても、家では出せないです。

料理とワインと整理整頓日記-前菜

次にボウル状のお皿でカレーとサフランライスをいただく。

ハウス食品本社でいただくカレー。このおいしさは定番ですね!

料理とワインと整理整頓日記-カレー

ちなみに一緒にいただいたスパークリングは

イタリアの辛口泡。

りんご、洋なしを思わせる甘く繊細な香りを感じながらも、

カレーの風味と沿うように楽しめました。

一般的に、カレーとワインの相性は悪いと言われてますが、

すごく合うのです。不思議!すごい。

料理とワインと整理整頓日記-ペタリ正面

幸せな初夏のランチ仕事でした。


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

バックナンバー