フードライター浅野陽子の美食手帖

食の取材歴20年のフードライター(子育て中)がレシピ、レストラン、仕事話などを紹介するブログです。著書『フードライターになろう!』全国書店で発売中。

【美濃旅】「NIPPONIA美濃商家町」のすてきな朝食と危機一髪のアクシデントが起きた話

※当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

食限定の取材歴20年、フードライターの浅野陽子です。GWに大阪・美濃(岐阜県)・名古屋を家族で旅行しました。振り返りレポートをシリーズで紹介しています。

シリーズ他の記事はこちら

久しぶりの大阪!熱気と商魂、地元グルメのパワーに感動した話

韓流好き必見!日本有数のコリアンタウン「鶴橋」でもっとディープな大阪グルメ

美しい清流と食品サンプルの街「郡上八幡」はお城が登山並みにハードだった話

うだつの上がる町並みと古民家ホテル「NIPPONIA美濃商家町」で江戸へタイムスリップ

NIPPONIA美濃商家町のすてきな朝食(この時点ではまだセーフ)

NIPPONIA美濃商家町の朝食no

NIPPONIA美濃商家町の朝食。部屋まで運ばれてきます。

郡上八幡で観光、うだつの上がる町並みに移動し古民家ホテル・NIPPONIA美濃商家町に一泊しました(部屋の様子はこちらの記事を)。

前回の記事でも書きましたが、とにかく街全体が静か。テレビもない。こんなに音がない世界っていつぶりだろうと。ぐーっすり眠れました。

NIPPONIA美濃商家町の画像

朝食も部屋のこたつ兼ダイニングで食べます。

窓は障子だけなので日の出ともに明るくなり、自然に目が覚めました。気持ちいい。朝食付きのプランなので、7時30分に部屋に朝食が運ばれてきました。

NIPPONIA美濃商家町の朝食の画像

豆腐田楽、鮎の甘露煮、だし巻き卵、きくらげの卯の花和えなど郷土メニューをちょっとずつ集めた朝食。

甘味噌を焼き豆腐に付けた田楽(美濃の定番料理)。長良川で採れた鮎、美濃産の野菜やきくらげ、岐阜県の卵を使っただし巻き、そして地元のお米。

郷土メニューをちょっとずつ豆皿に集めた和朝食。素朴だけどこれがおいしくて!

NIPPONIA美濃商家町のocha

お茶もおいしかった……

普段、あまり朝食は食べない方なのですが、おいしくて食べすぎてしまいました。

旅の高揚もあってご飯をおかわりし、娘が残した田楽や白和えももったいない!と完食。

食後のお茶も何杯も飲んでしまい……これが後で大変なことになるとは。

腹ごなしに散歩……が、朝10時前はどこも何もやっておらず(泣)

うだつの上がる町並みの画像

朝10時前は静まり返っていたうだつの上がる町並み

朝ごはんを食べ終えて8時すぎ、出発まで時間があったので「昨日見られなかったうだつの上がる町並みを散策しよう!」と家族でホテル周辺を歩きました。しかし!

うだつの上がる町並みの画像

うだつの上がる町並みの画像
うだつの上がる町並みの画像

歩けども歩けども、なーんにもやってません(笑)

昨日、わたしたちが町入りしたのは午後4時すぎ。チェックインやらなんやらを終え、5時に街歩きを始めた時にはほとんどのお店が閉まっていて。

うだつの上がる町並みの画像

うだつの上がる町並みの画像

文化財の外観は面白かったが、それぞれのお店の中が見たい……涙

そして翌朝、朝10時前は人っ子一人おらず。電車の時間に合わせるなら、もう出なくては行けません。

結局うだつの上がる町並み、ほとんど見られなかった。ペーパードライバー弱し……

そんなわけで、うだつの上がる町並みに(電車で)行かれる方へのアドバイス

早めに町入りし、10時-17時のどこかで2時間くらいたっぷり散策できるように計画しましょう

そして予想しなかったアクシデントと、間一髪で助かった話

うだつの上がる町並みに向かう道の画像

うだつの上がる町並みから、最寄り駅の長良川鉄道「梅山」駅まで歩いて10分弱。ぽつぽつと住宅街と地元の高校があるだけの静かな道です。

余裕を持って出たので電車が来る20分前には駅に着きました。

が、ここでわたし。普段食べないのに欲張った朝食とお茶が効いてきて……モーレツな腹痛が。

しかし単線の無人駅。当然ホームにも、これから来る電車にもトイレなんてない!特急に乗り換えるまでこれから40分はこのまま。さあどうする?GOする?(どこへだ!?)

見当もつきませんでしたが、家族に駅で待っててもらい、わたし一人で住宅街をフラフラと歩き始めました。

そのまま歩き続けると、庭で水やりをしている地元の方がいて。

「あの……この辺でトイレってありませんでしょうか?」と聞いたところ「線路を渡ったら集合墓地があるのでそこで借りられますよ!」と親切に教えてくださったのです。助かった……(涙)

梅山駅の画像

梅山駅のホームにはないけど、東側(NIPPONIAと逆側)から100mほど歩くと右手にトイレがありました

青い顔で不気味だったであろうわたしに親切に教えてくださった方、本当に感謝しかありません!教わった通りに進んできれいな公共トイレを発見し、電車の時間にも間に合ってこと無きを得ましたーーー。

しかしああいう場合ってどうするんでしょうねー。電車もだけど、車で移動していても食べすぎと急なトイレ問題、恐怖ですよね。

ちなみに長良川鉄道に乗ったら、時間調整で10分くらい途中停車したので(関駅)トイレチャンスはありました。

おまけ:子ども時代から謎だった「下呂」駅と「上呂」駅の発見

特急ひだの路線図

どれだけ下世話なんだと言われそうですが、この後の名古屋までの特急「ひだ」で、別の発見がありました。

岐阜県には日本三大名湯地の一つ「下呂(げろ)温泉」があります。近年さらに人気が増しているそうですが、子ども時代に祖母に「おばあちゃんはゲロのお湯に浸かってきてね」と聞いて衝撃を受け……以来、そのインパクトが忘れられず。

絶対「下」呂に対して「上」もあるはずだ!と思っていた名前。

今回の帰路、美濃太田駅のホームで何気なく見た路線図に「上呂」を見つけたのです。あー!やっぱり!と。目が吸い寄せられました。

嬉しくてこの写真と一緒にFacebookで発信したところ、「実は『中』呂もあるんですよ!」と教えてくれた方がいて、さらにびっくり。

旅は本当に、驚きと発見に満ちていることを知ったのでした。

GWの旅振り返りシリーズ、次は最終回です。名古屋で少しだけ観光しました。よかったらお付き合いください。

それでは、今日も最高においしい1日を!

<こちらもどうぞ(過去記事)>

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com