食の取材歴19年のフードライター。食のトレンドや仕事メモを書いてます。イタリアンと魚が特に好き。

ワシントンの食べもの①

ワシントンで出会った食べもの。
まず、ほんとにラッキーだったこと… “あの”クリスピークリームの店がホテルから徒歩3分のところにあった!
なぜこんなに暗いのか?
夕方ではありません。なんと朝5:30AMからやっているから!
時差ボケの旅行者にはぴったりだった。

翌朝さっそく買いに行き、部屋でスタバコーヒーと一緒に
食べて、アメリカンムード全開~。
生地がふわふわだけど、もっちり噛み応えもあって、
たしかにおいしい。他のドーナッツではない感じです。

日曜日の朝市で見た、ヘンな形のかぼちゃ。
大きい!ちゃんと食べられるそうだ。

ワシントンは紅葉がこんな感じでどこも本当に美しいです。
移動中に。

週末はアメリカの公休日、「Thanks Giving Day (=キリスト教の感謝祭の日)」だったので、
アメリカの家庭のホームパーティーに呼ばれる。

しかし暗い…
もともと外国の家は照明が暗いのに、その日は強風で停電したそうで。
まっくらでした…。
何を食べているのかよくわからなくて終わる。

日本ではあまり食べないような、
ミートパイのような料理が多かったけど
アメリカでも家庭のごはんはおいしい。
結構欲張ってたくさん取っちゃった。
ごちそうさまでした。

また随時更新します!

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

バックナンバー