フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]gmail.comへ

わが家の夏合宿。じゃなかった、夏休み


先週末、夫と二人で兵庫県の神鍋高原に行ってきました。


泊まったのはブルーリッジホテル。 温泉・プール・テニスコート全部ついてます。 テニスコートをあらかじめ予約しておいたので、着いてすぐにテニスをする。 気温は34度。あっつ…

なにゆえに、休みにお金は払ってこんなサウナのような中で2時間もテニスをするのか…と思いつつ、夫とシングルスを2セット戦う。 ヘトヘトになって、温泉でゆっくりし、 おまちかねの夕食。

まず前菜。 「ごま豆腐のくずよせとお造り」

間髪入れずに 「えびとアスパラの天ぷら」

「鮎の塩焼きとアナゴ寿司」「ぜんまいのおひたし」

私は、胃袋のキャパシティには自信がある方。 サラダを食べてパーコー坦々麺を食べた直後、おにぎりを食べて 大きめのアップルパイを食べてさらに ワインを飲みながらチーズのせクラッカーを10枚くらい食べられる (最悪っ)

でもなぜか、和食のさっぱりしたものが、こうやってフルコースでこまごま来るとすぐに満腹になっちゃうの。 どうして??みんなそう?苦しいおなかを押さえながら、やっとメイン。



「但馬牛のグリル」 この後、ごはんと赤だし、漬物を食べた後アイスクリームが出て終わり。

次の日は、ホテルでレンタサイクル(無料)をして、 夫と二人でのどかな田園風景を見ながら 自転車で文字通り「野山をかけめぐる」。
最近、肩こりがひどかったのだけどすっかり解消! 楽しかった夏合宿…間違えた、夏休みでした。