食の取材歴20年のフードライターです。日々レストランとレシピを探求中です。イタリアンと魚が好き。

IKEAに行って「家具は買わないけれど、生活に役立つ小物を1個でも買いたい」というときにおすすめのもの3つ!

IKEA

値段が安くておしゃれで実用的なIKEAが大好き。昨年から公式ライターとしてお手伝いしている「海のエコラベル」での取材もあり、IKEAでは仕事でもプライベートでもよく行きます。IKEA初心者の方に、「家から遠いIKEAまで来てみたけれど、今日とりあえず家具は買わない。でもせっかく来たから何か小物でも買って帰りたい!」という人に、私がおすすめな商品3つ、紹介します。

おすすめ小物①出張&旅行、旅のお供に絶対役立つ「ISTAD」(ジッパー付き保存袋)

IKEA ジップロック

もう絶対すすめたいのがこれです。「ISTAD(イスタッド)」大中サイズ各15枚・計30枚入り299円と、小・極小サイズ各30枚・計60枚入り299円。二重ジッパー付き保存袋です。

え、ジッパー付き袋って、そんなの普通のスーパーでもどこでも売ってんじゃん!少しは安いかもしれないけど、なにが悲しゅうてわざわざIKEA行ってまでこれを…と思ったアナタ!まずは一回使ってみて!

IKEA ジップロック

IKEA ジップロック

特におすすめなのがこの30cm角くらいの大きいサイズのセット。これ、出張や旅行のときの、仕分け袋にめちゃめちゃ便利!家族旅行なら「花子 パジャマ」「太郎 外遊び用」とか、人・用途別に分けて入れてもいいし、出張なら「1日目 ◯◯社とディナーパーティー用」など、日にち&オケージョン別に分けてもいい。小さい袋は、アクセサリーやストッキング・子供の靴下のような細かい小物を入れて、さらに目的別の大袋に入れれば完璧です。

その区分けネーミングを、マジックでわかるように袋に書いておくと一発でわかるし、荷造りがすごく楽になる!出張も旅行も、たいてい時間がないなかあわてて準備するので、このやり方をやるようになってから本当に快適です!この色は女の子っぽいけれど、男性も使えるブルー系統グレーもありますよ。

ちなみケチな私はマスキングテープの上に用途書いて、なんども使いまわしてます(^^;それでもほとんど破れなくて丈夫。



おすすめ小物②食器の「SKYN」シリーズ

この「SKYN」シリーズはIKEAオリジナルの食器ブランドの中で、一番高額なラインナップです。この24cmの深皿セットは2枚で2799円。

IKEA skyn

IKEAでこれを買う、と言ったとき、2つのグループの意見があると思います。

①「食器選びには非常にこだわっているので、IKEAでは買いたくない」(IKEAのご関係者さま、ごめんなさい!)
②「食器は、特に普段使いものはどうせ割れるから、IKEAでもこんな高いラインナップは買いたくない」

要するに、IKEAに来てこの高い「SKYN」には一番手が伸びないと思うのですが…わたしはこのSKYNシリーズが好きすぎて、深皿は計6枚も買ってしまいました!そして毎日使っています。繊細なのにすごーく丈夫だし、おもてなしにもいいし、冷やし中華もカレーもパスタもステーキも、どんな料理もおいしそうに盛り付けられます。

食べるのが好きな、新婚さん二人なんかには、ぜひこのセットをまず使ってみてもらいたいなー。わたしも結婚してすぐの頃、「どうせ割れるしもったいない」とお皿は適当に買っていたのですが、やっぱりいいお皿で食べると、毎日本当に豊かな気持ちになります。食後の片付けにもモチベーションが上がるし。

しかし、1枚数千円する超高級ブランドのディナープレートだと、毎日使い倒すにはちょっと怖い。それで、このSKYNがぴったりなわけです。

最後におまけ:フードマーケットで買える「エルダーフラワードリンク」

IKEA エルダーフラワー

IKEA エルダーフラワー

ジッパー袋もお皿も要らない!という方、せっかくなのでこの「エルダーフラワードリンク 3パック入り270円」はどうでしょう(^^; 「エルダーフラワー」って聞きなれず、なんだかすごいハーブくさいのかな、って思いがちですが、クリーンなりんごジュースのような味です。甘すぎず、とてもおいしい。量もちょうどいいです。

IKEAではフードは低価格だけど、良質な素材を使うことに近年力をいれているそうで…たしかに納得の味でした。これは絶対に普通のスーパーにはなく、IKEAでしか買えないから、おみやげにもいいです。電車でIKEAに行く人には、990円で大きめの宅急便ボックスが詰め放題の小物配送サービスもありますよー。

IKEAでは「海のエコラベル」商品も売っているので、おいしいシーフード商品もほしい!という方は、よかったらこの記事も見てください→こちら(私が買いた記事です)



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

カテゴリー

バックナンバー