フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]gmail.comへ

手帳を2021年版にリニューアル、17年目で脱・夢かな手帳もしました

デルフォニクス 手帳 手帳を2021年版にリニューアルしました。

しかも丸16年使った「夢かな手帳」からも卒業。

夢かな手帳を超える高機能手帳に出会ってしまったからです。

来年の自分用メモに、そして夢かな手帳から切り替えたい人向けに、しっかり商品リンクなどをまとめておきます。

夢かな手帳よりシンプルなデルフォニクスに切り替え

手帳 デルフォニクス

毎年11月始まりの「夢かな手帳(=夢をかなえる人の手帳)」を愛用していたので、2021年版も去年11月にすでに切り替えずみだったのですが、年明けに偶然見つけた同じB6サイズのこの手帳がぴったりすぎて、今年は急きょこれを使うことに決定。

夢かなちゃん、わずか2カ月でさようなら……ごめんね!

DELFONICS(デルフォニクス)B6 セシリア ライトパープルです。

新丸ビル1階にある、デルフォニクスの直営店舗で買いました。

手帳 デルフォニクス

年始だったので、3800円(税抜き)が30%のセール中になっていてめちゃラッキー!でした。

公式オンラインストアでは全色すでに売り切れ。

Amazonには扱いがなく、楽天では昨年10月始まりのが1色だけ残っているようですが、色が暖色系でちょっとこれとは違うみたい。

手帳のフォーマットが使い勝手よすぎ!

手帳 デルフォニクス

2004年から丸16年、毎年B6版の夢かな手帳を使い続けたので、サイズはB6版がとにかくよかった。

しかしなかなかこのサイズ、他の手帳メーカーで作ってないのです。

そしてあっても、記入スペースのフォーマットがどうも合わない(月別・週ごとで1日の時間軸付き・空白ノートありという条件がそろわない)

しかしカバーが「なんかいい色だな」、と気になって、サンプルを手にとったら欲しいフォーマットの条件完璧!

手帳 デルフォニクス

この「時間管理ができるバーチカル」、素晴らしい!

こういう自分が本当に欲しいものとの出会いは、オンラインでなくリアルな店舗でしかないですよね。

巻末の付録ページもおもしろい!

手帳 デルフォニクス

巻末に空白スペースがたっぷりなのが最高!

取材のときは別でB6版のFOB COOPの薄いノートを持ち歩いているのですが(これもなかなか売っていなくて、恵比寿アトレの有隣堂でまとめ買い)、家に忘れてしまうことがごくたまにあり、手帳にノート部分があると助かるので……

手帳 デルフォニクス

さらに和暦・西暦の早見表やこんな世界地図、

手帳 デルフォニクス

Google Mapsがあるからもはや必要ないのだけれど、電車の路線図も入っているので面白くて見入っちゃいます。

 

夢かな手帳、惜しかったところ

手帳 コクヨ カバー

夢かな手帳は本当に好きで使いやすく、実際いろんなことが叶ったのですが(だから16年も使い続けた)……惜しいのは何かしらの外カバーを別で購入する必要があり、それが1-2年ですぐボロボロになってしまうので探すのが面倒でした。

これはコクヨのB6版手帳カバー。詳しくはこちらの過去記事を→「手帳と手帳カバーを2018年リニューアル

丸2年使ってとても良かったけれど、持ち歩くには重量がちょっと重めでした。あと色も男性っぽかった。

夢かな手帳

そして一番の難点は、以前の記事でも買いたけれど、こういうポエティックなエッセイが月と月の間に12本必ず入っていること。

手帳を開きながら人と打ち合わせをしているときに、パラっとこういうページが出てきちゃうと「この人いい年してまだ自分探ししてるの?」と思われそうで、恥ずかしかった。

いや、一人のときに読むのはいい内容なのですが……

使い始めて5年目くらいのときに、版元に電話して「エッセイがないバージョンも作ってほしい、値段は同じでいいから」と訴えたのですが、聞き入れてもらえず(^^;

*ということで2021年、どんな走り方をできるのか楽しみです!

Googleカレンダーも併用していますが、手書きで自分の予定を時折確認していると脳も活性化されるのか、なかなか忘れません。

しかも未来でなく「今を歩いている」実感がリアルタイムで沸くので、やっぱりおすすめ。

今年も新しい手帳と、精一杯走り抜きたいですね。