食の取材歴19年のフードライター。食のトレンドや仕事メモを書いてます。イタリアンと魚が特に好き。

ダイエッターにそばは欠かせません

Photo_4先日、両親と一緒に荻窪の蕎麦屋さん「本むら庵」に行きました。
大正13年創業の老舗です。ここらじゃ有名です。客席から日本庭園がのぞめる一軒家の店舗で風情があります。

Photo_5 私は「天せいろそば」1,890円をいただきました(右写真)。おいしいけどそばが少なかった…そして天ぷらに使っている油の質もちょっと「???」と思いました。

そばはダイエッターには必須アイテムと言ってよいでしょう。この天ぷらとざるそばがセットになっても、650kcal。夕飯の目安(600kcal)のボーダーにはのってます。

私は夜外にいてどうしてもおなかが空いて、ちょっと遅いけど何か食べて帰りたいときは、蕎麦屋さんに入り「おろしそば」をよく注文しています。冷たいかけそばに大根おろしやら、天かすやらかまぼこ、いろいろのっているやつ。わずか420kcalなのです。
そばのいいところは甘じょっぱいだししょうゆの味で、あっさりだけどすごく満足するところ。昼に食べ過ぎてカロリーオーバーになったときも、低カロリーなおろしそばで調整できます。

ところで、蕎麦屋さんで私がとにかく一番おいしいと思う店は、西武線・沼袋駅の「江戸前藪蕎麦」。地味~なお店ですが、店主のおばちゃんが打つ、独特のコシがある蕎麦がたまらなくおいしい。大きいサイズのえびがのった天せいろ、そして親子丼も本当に最高。
今は亡き、大好きだった祖父母の家が近くにありました。祖父母と一緒に何度行ったことかわかりません。ずっと知っている味だからおいしいのかな。でも食べログでもかなり高評価。あー、また行きたいなぁ。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

バックナンバー