食の取材歴20年のフードライターです。日々レストランとレシピを探求中です。イタリアンと魚が好き。

コレド室町2のおしゃれでおいしいフレンチ「ラ・ボンヌ・ターブル」

ラ・ボンヌ・ターブル内観

コレド室町2にある、おしゃれでかわいいフレンチ。
「ラ・ボンヌ・ターブル」初訪問しました。

ラ・ボンヌ・ターブル外観
「ちょっと高めでもいいから、雰囲気がよくて、料理もリアルにおいしくて、女子同士でゆっくりできるお店を教えて」と聞かれたら(よくそういう質問を受けます)、
名前を挙げたい店の一つだな〜と思いました。
http://labonnetable.jp/(予約もここからできます)

ラ・ボンヌ・ターブル_サラダ

前菜・メイン・デザート(プリフィクス)、サラダ・コーヒー付きで3600円+サ10%

まずサラダ。盛り付けも気に入ったし、何より野菜自体の味がおいしくて濃厚。

ラ・ボンヌ・ターブル_前菜

前菜:「菊芋のスープ、ものすごい鯖、小松菜」(メニュー表記通り)

ラ・ボンヌ・ターブル_前菜3

「菊芋のスープ」は、とろとろ、マッシュポテト状態。
ときどきごろりとこうした菊芋が楽しめる。

スープはあっつあつ。寒い日だったので特においしかった。

ラ・ボンヌ・ターブル_前菜2

なにが「ものすごい」のか、いまひとつわからなかったけど、ソテーになった鯖はこのとろとろ濃厚スープにとても合いました。

ラ・ボンヌ・ターブル_パン

バターが「ぐしゃっ」としているのが自然でよかった。

お店で焼いているという自家製黒パンにそえられた、

ラ・ボンヌ・ターブル_バター

このバター。「ぐしゃっ」としたナチュラルな感じが、かえってとても好感がもてました。

フレンチでありがちな、バターがコンクリートのように上面びちっと詰められている状態が、苦手で。
「ひと瓶食べきる人はいないはずなのに、なぜびっちりすきまなく埋めてあるんだろう」といつも思ってました。

ラ・ボンヌ・ターブル_メイン

メインは焼きりんご?!

メインにとても感動しました。
「オックステール赤ワイン煮込み、焼きリンゴ、ポムリヨネーズ、シメジのパイ包み
人参のソースと赤ワインソース、チヂミほうれん草、酢漬けのビーツ、コンテ」

ラ・ボンヌ・ターブル_メイン2

ナイフを入れると、じわあ〜と中身が出てきます。

あつあつのアップルパイとビーフシチューを組み合わせたような、不思議だけどとても美味だったメイン。
ラ・ボンヌ・ターブル_デザート

デザートもかわいかった。

「柿、栗のムース、春菊のアイスクリーム、ごまのおからのメレンゲ」

ラ・ボンヌ・ターブル_デザート2

柿と春菊のアイスクリームが最高にマッチ!

ラ・ボンヌ・ターブル_コーヒー

コーヒーと、小菓子にも仰天。最後まで遊び心、きいてますな〜

最後に出た、お店こだわりのコーヒーがとてもすっきりでおいしかったのですが、

ラ・ボンヌ・ターブル_小菓子

飲んでさあ、行こうと立ち上がったときに、
「もしお時間あればぜひ〜」と出された、たこ焼き、じゃなくて

ラ・ボンヌ・ターブル_小菓子2

トリュフがまだユーモラスでかわいかった。

ランチでフルコース4000円、はこのご時世、お高めのランクですが、お店は満席。ほぼ全員女性。

でも満席なのはすごくよくわかると思いました。
コレド室町2

コレド室町1,2,3の周辺はいかにも外国人観光客狙い。

この地域一帯の、昨今の再開発はめざましい。

コレド室町2-2

都心の真ん中でお参りできる神社もあり。東京は日々激しく変わっているなーと実感。

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

バックナンバー