食の取材歴20年 フードライター浅野陽子の東京美食手帖

フードライター、食限定の取材歴20年。フードサステナブルが得意。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]icloud.comへ

[レストラン]素材の扱い方が秀逸、ミシュラン二つ星フレンチ「エディション・コウジ シモムラ」@六本木

エディション コウジ・シモムラの料理の画像

(c)asanoyoko.com

六本木一丁目駅直結、ミシュラン二つ星フレンチ「エディション・コウジ シモムラ」

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

今日はミシュラン二つ星フレンチに行ってきた話。

アップが遅くなってしまいましたが、六本木の「エディション・コウジ シモムラ」でのランチの記録です。

エディション コウジ・シモムラの外観の画像

(c)asanoyoko.com

お店は東京メトロ南北線『六本木一丁目』駅を降りて、直結のビルの1階にあります。

エディション コウジ・シモムラの外観の画像

(c)asanoyoko.com

店名のエディションは「◯◯版」の意味。

オーナーシェフの下村浩司さんが提供する「下村版フレンチ」を食べられる店です。

下村シェフに「なんでお名前だけにしないで、エディションを付けたんですか?」と聞いたら

「だって店の名前が“下村”だと和食っぽいじゃないですか?」とのこと。

たしかに(笑)

素材の組み合わせの秀逸さは下村シェフならでは

下村シェフの料理は星付き店として上質であるのは大前提ですが、和と洋の素材の組み合わせ方が独特です。

熱狂的なファンも多数。

ミシュランの説明にも

フランス料理を深く追求しつつも、南米、アジア、東欧で見つけた新しい食材を取り入れ、時代の変化に応じた品々を創り出す。

ミシュランガイド東京2021年版より)

とあります。

では、この日食べたコースを順番に紹介します。

ひと口オードブル

エディション コウジ・シモムラの料理の画像

(c)asanoyoko.com

え、これなに?って最初からちょっと驚きます。

エディション コウジ・シモムラの料理の画像

(c)asanoyoko.com

葉っぱのようなものは、発酵タピオカを使ったグルテンフリーのチュイル(甘くないククッキー)。

エディション コウジ・シモムラの料理の画像

(c)asanoyoko.com

そして丸いボールは、とうもろこしを焼いた生地。

中にアボカドやみょうが、セロリが入っています。

エディション コウジ・シモムラのワインの画像

(c)asanoyoko.com

飲み物は「ランチのワインペアリング4種」8,800円を注文しました。

乾杯はスパークリング。

銘柄はメモし忘れた……ペリエジュエだったような。

カキの冷製

エディション コウジ・シモムラの料理の画像

(c)asanoyoko.com

シェフのシグニチャー(名物)料理、『牡蠣の冷製』。

海水とライムとレモンのジュレに、伊勢湾ののり、冷凍カラスミをまぶしてあります。

エディション コウジ・シモムラの料理の画像

(c)asanoyoko.com

むっちりしたカキの下にはなめらかなムースがしいてありました。

一番リクエストが多い料理とのことで、納得。

食べたことのない味。

エディション コウジ・シモムラのワインの画像

(c)asanoyoko.com

ワインはサンセール白。

フルーティーではちみつのようなニュアンスがこのカキにぴったり。

Sancerre Jadis Henri Bourgeois 2015

フォアグラのソテー

エディション コウジ・シモムラの料理の画像

(c)asanoyoko.com

北海道産ホタテとフォアグラのソテーを濃厚なソースで。

野菜はしいたけ、つるむらさき、キクラゲ

エディション コウジ・シモムラの料理の画像

(c)asanoyoko.com

「極力バターを控えめにして、素材のうま味を大事に生かしました」とのことで、たしかにさっぱり。

しいたけが肉厚で味も力強く、フォアグラの濃さに負けていません。

エディション コウジ・シモムラのワインの画像

(c)asanoyoko.com

ワインはモンラッシェ。

Chassagne-Montrachet 1er Cru Les Chenevottes Domaine Chanson 2017

魚のメイン:マトウダイフリット

エディション コウジ・シモムラの料理の画像

(c)asanoyoko.com

カダイフ巻きの衣でまとうだいを揚げたフリットブロッコリーのソテー

パルメザンチーズも効いています。

肉のメイン:イベリコ豚のべジョータ

エディション コウジ・シモムラの料理の画像

(c)asanoyoko.com

「ベジョータ(どんぐり)」を食べて育ったイベリコ豚のグリルに、

丹波野菜とぶどう、右横のかぼちゃのペーストと。

エディション コウジ・シモムラのワインの画像

(c)asanoyoko.com

ワインはソノマ赤。

日本人醸造家の「ナカイ・ヴィンヤード(畑)」のメルローだそうで。

ベリー系、黒こしょうのニュアンス、熟成味、強すぎないタンニン。

この肉料理にとても合っていましたねー。

ワインとメインともに、濃厚すぎずベストなまとまり。

Nakai Vineyard Merlot 2012 Estate Bottle

デザート 1品目

エディション コウジ・シモムラの料理の画像

(c)asanoyoko.com

ライチのムース

アイスにパイナップル、この中にグミのような食感の、ヤシの実の核が入っていました。

デザート2品目

エディション コウジ・シモムラの料理の画像

(c)asanoyoko.com

梨のマリネ

ゆず、サフラン、しそのシャーベット

梨は火を入れていない、生のマリネだそうですが、煮込んだような食感でジューシーでした。

デザート3品目

エディション コウジ・シモムラの料理の画像

(c)asanoyoko.com

ピーナッツのプリン

横に添えられているのはポン菓子。

エディション コウジ・シモムラの料理の画像

(c)asanoyoko.com

写真がぶれてしまいましたが……このポン菓子をトッピングして食べます。

楽しい。

エディション コウジ・シモムラの料理の画像

(c)asanoyoko.com

最後のコーヒーと小菓子。

「コロナ禍」を表したキューピーちゃん、下村シェフの名物になっています。

女性同士、カップルなどが比較的若い客層が多かった

エディション コウジ・シモムラの内観の画像

(c)asanoyoko.com

まん防の期間のすき間をぬって行ったのですが、満席。

女性同士やカップルなど平日日中にも関わらず客層が若い印象でした。

ミシュラン二つ星と聞くと最初は緊張しますが、下村シェフはとてもお話し好きで楽しい方です。

エディション コウジ・シモムラの料理の画像

(c)asanoyoko.com

シェフとのおしゃべりの中で、コロナ禍にシェフが挑戦した試みが面白く、企画を練って編集部に通し、書いたのがこの記事でした。

style.nikkei.com

今は外国人観光客が少なくて予約も取りやすく、狙い目かもしれません。

また行きたいですねー。

「エディション・コウジ シモムラ」