フードライター浅野陽子の美食の便利帖

食の取材歴20年のフードライターです

とにかく本物、本格派。青山のクレープ専門店「ブレッツカフェ クレープリー」。

“青山にあるクレープ専門店”と聞くと、いかにも若い女性向けの雰囲気だけなんじゃ、と 思うでしょう。いや、ここはそんなことまったくないです。 店の演出も、味も本物、本格派。

ブレッツカフェクレープリー 表参道店(表参道駅外苑前駅から徒歩7〜8分) http://www.le-bretagne.com/j/creperies/omotesando.html

実は前に、某商業ビル内のグループ店を取材したことがあって。 そのときはあまり感じなかったのだけど(ごめんなさい)、青山のこのお店には「やるなあ」と。

ブレッツカフェ_サラダ

ランチはサラダ、クレープ、飲み物(シードル=お酒も選べる)付き1580円(税込)

りんごが入った甘いデザートクレープも同じ値段で選べます。 すっごくひかれたのだけど、「お昼ごはん」が食べたかったのでこちらに。

先にサラダ、飲み物。コーヒーのほか、シードル(りんごのお酒)もOK。 昼から飲めるフリーは最高(^0^) お酒が強い体質にも感謝。

ブレッツカフェ_クレープ1

クレープはフランス・ブルタニュー地方の伝統的レシピ。そば粉を使用。

具材は半熟卵とハムとほうれん草。クレープの生地はそば粉を使用。 食感は表面はがちがちのかためで中はもっちり。 小麦粉のクレープはこんなに表面がかたくならない。

ブレッツカフェ_クレープ3

「クレープってごはんになるの?」と思う人。なります。 サラダと合わせて全部食べると、すごい満足感あり。

お店があるこの道(キラー通りの脇の道?)は都内有数のおしゃれストリートだと思ってる。

食べ終わった後、道ぞいに表参道駅まで10分弱歩く。 この道は、「パンとエスプレッソと」や「猿田彦珈琲(H.I.Sと一緒になっているおもしろい店舗)」や 「flying tiger」など見どころ満載。しょっちゅう新店もオープンしているし、 ここを歩くと最近の都内のフードトレンドがすこし見える気がする。だから必ず歩くようにしている。